売上げを”安定的”に上げ続ける

平均で一人のお客様が月に一度の来店で3,800円を支払っているとします。来店回数が増えれば、お客様が毎月支払う金額は上がっていきます。極端に言えば、平均来店回数が1回から2回になれば売上げは7,600円と倍になります。そんなに何度も散髪には行かないと思うでしょうが、これはあくまで考え方です。平均来店回数が月に1回から1.2回というようにペースが上がれば、売上げは20%上がることになります。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

アメリカには赤ちゃんポストはない?

日本で唯一、親が育てられない赤ちゃんを匿名で預けることができる熊本市の慈恵病院の赤ちゃんポストが開設して10年になったそうですね。この10年間、125人の赤ちゃんが預けられたそうです。(出典:「出自知る権利、対応は現場任せ 母子の孤立や貧困・・・『赤ちゃんポスト』開設10年」2017年5月10日西日本新聞)

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 記事

1人100円が200円になれば、売上げは2倍

「金額(単価)」が上がれば当然売上げも上がります。その「金額(単価)」については、「商品単価」と「顧客単価」があると前回申し上げました。「商品単価」の場合は、一つ100円の商品をどうやって200円にするかですが、「顧客単価」の場合は、お客様一人当たりの支払い金額をどうやって100円から200円にするかという視点です。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 紹介 | 記事

日米GAAPには危険な会計ギャップがある

米国でビジネスをするに際して米国の会計基準を理解しておく必要があります。日本から米国にいらっしゃった方は日米の会計基準の差異に戸惑われたこともあるのではないでしょうか?日本と米国会計基準の差異は解消されてきたと言われてはいますが、まだ完全には解消されていません。ここでは米国にある日系企業の財務諸表においてよく見られる両国の会計基準の主な2つの差異を述べたいと思います。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

トランプ政権 税制改革計画の行方

今年4月26日に発表された税制改革計画の概要は下記の通りでした。法人については法人税率の35%から15%への引き下げ、全世界所得課税制度から源泉地国課税制度への変換、既存海外留保利益の一度のみの本国還流課税等。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 紹介 | 記事

アメリカは高年齢者が働くオアシスではない!

お仕事を探しに来る方の中には、「日本は定年退職制度がある、年齢差別がある、だから、アメリカで働きたい。」とおっしゃっている方も少なくありません。そして、「アメリカでは年齢に関係なく、新しい仕事を見つけることができる」、と誤解されている方もたくさんいらっしゃいます。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 文化 | 記事

1つ100円が200円になれば、売上げは2倍

今回は売上の構成要素の中の「金額」について述べてみます。繰り返しになりますが、売上げというものは、お客様の数、数量、金額、受注回数という4つの構成要素の乗数です。単純に考えて、金額(単価)が上がれば、それだけ売り上げ金額が上がるのは当然のことです。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 紹介 | 記事