日本の住民票を抜いたら、巨額な税金がかかる?

米国にいながら、日本に住民票がある人は多いはずです。日本の医療制度を利用するときに住民票を持っていると便利という話はよく聞きますね。それも理由の一つでしょう。今回は、住民票を持っていることが税務上でネガティブなインパクトになるお話しを紹介します。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 米国の移民

家電量販店戦国時代の勝者はどこだ?

先日、家電量販店大手のケーズホールディングス相談役で前代表取締役会長兼CEOの加藤修一氏にお会いし、お話を伺う機会がありました。加藤修一氏は会社との取り決めで、講演等は引き受けない約束をしており、あまり表に出ないようにされているそうで、非常に貴重な機会であったと思います。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

トランプ政権 税制改革計画の行方(3)

年内成立を目指す個人の税制改革案が11月02日に発表されました。成立すれば2018年度から適用されることになります。下記、要旨の数字はJournal of Accountancyに記載された “What the House tax bill holds for individuals” By Alistair M. Nevius, J.D.からの抜粋です。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 文化 | 記事

アメリカの大学受験は何が必要なの?

アメリカの「受験」は、日本の一般大学入試のようにペーパーテストの一発勝負の受験はありません。受験生は大学に入学願書を提出し、大学は書類選考で合格者を選びます。願書を出すために必要な物は、住所、氏名、生年月日、共通テスト(SAT:Scholastic Aptitude TestたはACT: American College Test)の点数、在学高校、成績証明書、人種、国籍、英語以外の使用言語、推薦状(必要ない場合もある)、小論文、授業以外の活動状況(クラブ活動、ボランティア、アルバイトなど)、親の経済状況、親の学歴、などの情報が必要です。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 記事

固定資産減損のルールを知るのは不可欠である

固定資産の減損って聞いたことがあるけど、どういう意味なのかよくわからない。財務諸表にはどういうインパクトを与えるのか、またどういうことがあれば減損として損失を計上する必要があるのだろうと思われたことはございませんでしょうか?今回は固定資産の減損について述べたいと思います。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

トランプ政権 税制改革計画の行方(2)

4月26日に発表された税制改革計画の政府案の概要は、法人については法人税率の35%から15%への引き下げ、全世界所得課税制度から源泉地国課税制度への変換、既存海外留保利益の一度のみの本国還流課税等でした。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

反トラスト及び競争法

司法省(DOJ)は反トラスト局リニエンシー制度に関するよくある質問への回答を見直した。米国司法省のリニエンシー制度は企業や個人が反トラスト局の捜査に対し自己申告や協力を行うことで刑事上の有罪判決や罰金、実刑を免れる機会を与える制度である。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

飲食業は「勝てないビジネスモデル」なのか?

このところ、飲食・接客業に関する相談が増えており、そんな折に某投資会社社長が書いた『飲食業は「勝てないビジネスモデル」である』という記事を読んだので、少しこの点について、私なりの見解を書いてみたいと思います。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 紹介 | 記事