離婚、子供の親権、および米国刑法

米国における多くの結婚は国際的、つまり、夫と妻の国籍が異なっています。そして、これらの国際結婚の多くは、結果的に一人あるいはそれ以上何人かの子供をもたらします。時には残念なことに、子供が1人以上いる国際結婚において最終的に離婚を決断する夫婦もいます。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 法律、規則 | 記事

ワンチームが組織をダメにする:一致団結の罠

本日(2月25日)時点では、元日産会長のカルロス・ゴーン被告による「日本の司法は中国や北朝鮮と同じ」という糾弾に続いて、日本が国際社会で叩かれています。新型コロナウイルスがまん延するクルーズ船に乗客乗員を閉じ込めたことに加え、二次感染者が出るなどあきらかに感染対策が失敗しているにもかかわらず乗客たちを下船させ、公共交通機関で自宅や本国へ帰したことで、「日本には防疫の概念がないのか」、「犯罪行為だ」とまで言われています。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 人材 | 文化

永住権放棄時の注意:401(k)プラン

永住権者はI-407(永住権放棄のフォーム)とグリーンカードをUSCISに提出します。30日から60日すると、USCISからI-407のコピーに受領の証明がはいったものが返送されてきます。その日付が永住権の放棄した日になります。Covered Expatriateの説明はこの記事の目的ではありませんが、永住権放棄時に純資産が200万ドル以上の方、連邦税の支払い額が過去5年間で$168,000(2019年度)を超える方などが含まれます。また過去5年間で海外金融資産などの報告などで遵法されていない方も該当します。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

アメリカは転職社会?

仕事を探しにくる人の中には、ご配偶者がまた数年後に転勤になることがわかっていて、3-4年勤務できる仕事を探している方もいます。数年しか働けないことをわかっているのなら代わりのたくさんいるエントリーレベルのポジションに付くならともかく、責任のあるポジションにつくのは難しいです。もちろん、医者や弁護士などの専門職で、ほぼフリーランスで働くつもりなら話は別です。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 文化

知って得する日本の相続・贈与(1)

日米間では相続税及び贈与税に関する協定がありますが、基本的に米国市民と米国本籍者は全世界の相続財産が米国遺産税の対象となります。同様に日本国籍の方は米国のグリーンカードを保持され、米国居住であっても相続財産は日本の民法により処理されます。そしてその相続財産は所在地(国)でも課税対象となります。従って米国居住の日本国籍の方は遺言書がないと死後の相続が大変複雑になり、相続の処理にも時間が掛かることになります。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則

国民年金と棚ぼた規定 & 得する永住権者の税務知識

日本の国民年金を受給すると自らのソーシャルセキュリティ(以下“SS”)のベネフィットが減額されるのに、同じようなタイプの外国の年金受給者は、SSベネフィットが減額されないのをどう感じられますか?

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則

「ご飯論法」が日本を滅ぼす

「ご飯論法」をご存じでしょうか?議論における意図的な言い逃れや論点のすり替えの手法で、例えば「朝ご飯は食べたか」という質問に対し、「ご飯」をわざと狭い意味にとらえ、(パンは食べたにも関わらず)「ご飯(白米)は食べていない」と答えるような、論点をずらし回答をはぐらかす手法のことです。法政大学の上西充子教授のTwitterへの投稿がきっかけで広まりました。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材

子供の面倒をみながら在宅勤務で働きたい

時々、「在宅勤務」で働きたい、という方が仕事を探しにきます。多くの場合、お子さんの面倒をみながら家で働きたいとか、お子さんが小さい時には家にいたい、という方です。もちろん、フリーランスで翻訳やプログラムの仕事を在宅で引き受ける場合には、勤務時間も仕事場所も好きなようにできますが、組織の一部・会社のチームの一員として在宅で働きたい場合には、雇用主のルールに従う必要があります。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 記事

宗教の自由と身分証明書

アメリカ合衆国では、1964年米国公民権法の第7条(タイトル・セブン)で、従業員の宗教の自由を保障し、従業員が信じる宗教によっての差別を禁止しています。そのうえ、従業員が自分の信じる宗教で定められた行いをすることを最大限便宜を図ってあげる必要がある、と謳っています。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化