リーダーが陥りがちな失敗 – 人材育成のNG

経営者やマネージャーの方から、「部下が育たない」、「頼れるリーダー役がいない」などといった悩みや不満を聞くことがよくあります。どこの組織でも抱えている課題ともいえるでしょう。しかし、実はそうした悩みを口にする経営者やマネージャーの方自身がリーダー育成のための効果的な支援や行動ができていないというケースは多いのです。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 人材 | 文化

商用あるいは投資用不動産のキャピタルゲインを繰延する方法

例えば、上記のAがコストが$250,000として、$300,000の市場価値があるときに、販売したら$50,000のキャピタルゲインが生じます。課税対象のゲインです。このゲインを繰延つまり先延ばしにする方法を説明します。なお不動産は商用あるいは投資用不動産に限られます

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

アメリカの失業保険

米国でコロナの感染拡大が申告になった今年3月から、失業保険の申請が爆発的に増えています。8月になって、申請者数は少々減ってきてはいますが、それでも昨年8月の3.7%の倍以上の8.4%となっています。現在、失業保険を申請した人の44%が失業保険をもらえていないそうです。これは申請者数が多すぎて失業保険事務所が手に負えなく、審査できないこともあるそうですが、コロナでの便乗申請も多く、失業保険の審査で通らない人も多いからです。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人・金融アドバイス | 記事

知って得する米国の税金

所得税法の基本は源泉地課税です。従って米国で稼得した収入は本来は米国で課税されます。では日本から米国に出張し、しばらくの間米国支店にて勤務した場合はどうなるのでしょうか。日米租税条約第14条(給与所得)の第二項の短期滞在者免税により次の3つの条件を全て満たせば米国勤務で受取る報酬は米国では非課税となります。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 個人・金融アドバイス

スーパー低金利でリファイナンス?

Federal Reserveの低金利政策による間接的な影響で、モーゲージ金利も低金利が続いています。本年度は、モーゲージ低金利記録が更新され続け、30年固定利子ローンは2.88%、15年固定金利なら2.44%という数字まで出ています(2020年8月上旬)。そんなわけで、コロナの中でも不動産市場は意外と活気があり、ロケーションによりますがマルティプルオファーが入るコンペティティブな物件も出ているようです。同様に、リファイナンスもさかんで、この機に低金利ローンを確保しようとする消費者も多いようです。リファイナンスは賢く使えばいろいろな形で家計改善に役立ちます。今日はどんな使い方があるのか見てみましょう。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人・金融アドバイス | 記事

肌の色と人種

今年5月の末に、ミネソタ州ミネアポリス市で、ジョージ・フロイドさんという黒人が白人警察官に殺され、それを受けて全米、そして全世界に人種差別に対する抗議が広まっていきました。抗議デモは生きている人間に対するものだけではなく、奴隷を所有していた、などの理由で、歴史的人物の像も破壊されてきました。私の住むイリノイ州でも、シカゴ市でデモや暴動が起こり、シカゴ市長はクリストファー・コロンバスの像を公園から一時撤去しました。コロンバスはアメリカ大陸を「発見」した訳でもなく(それ以前からアメリカ先住民はアメリカ大陸に住んでいた)、各地の先住民を虐殺した、という批判もあるためです。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 記事

出国税を理解するー上級編

1、 税率は何パーセントになるのですか? 二種類あります。資産のみなしゲインにかかる税率はキャピタルゲインのレートを使います。キャピタルゲインは、ゲインの性質により率が変わります。IRAなどにかかる税率は通常の所得の税率いわゆるOrdinary Income Tax Rateを使います。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人・金融アドバイス | 法律、規則

クラフトビールの楽しみ

新型コロナの影響で、日本政府が「Go To キャンペーン」を実施しても、地方の拒絶反応や自粛ムードなどで、旅行のみならず外食すら気軽に楽しめなくなっています。世の中に重苦しい空気が蔓延していますが、今回は、夏休みシーズンということもありますので、一時的にでも閉塞感を忘れられるようなテーマ「クラフトビールの楽しみ」です。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 文化 | 記事

大統領選に向けて経済回復策の行方は?

会社の大型リストラや倒産記事が連日紙面をにぎわせています。コロナワクチンが供給されるまでにはまだ時間を要しますし、このまま経済が低迷すれば私たちの生活はどうなるのでしょうか。まずは8月9日の時事Webニュースで大変分かりやすい記事が出ていましたので下記に紹介させていただきます。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 文化 | 記事

老後に利子と配当金だけで生活する・・・は現実的?

リタイヤメントに向かって貯めている間の投資の王道は、それなりにリスクをとって株式比率を上げ、株式インデックスファンドと債券インデックスファンドを組みあわせたポートフォリオでの運用です。最近では、自分で株式ファンドと債券ファンドを組み合わせなくても、リタイヤメントのターゲット年を選べば、ふさわしいリスクレベルですでにファンドが組み合わされたターゲットデイトファンドも人気があります。これがいったんリタイヤすると、いきなり貯めるフェーズから引き出すフェーズに180度お金の流れが変わることになります。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人・金融アドバイス