米国贈与税は払わなくて良い

米国税務と日本の税務で大きく違うのは、米国では贈与をする側、つまり贈与者が贈与税の申告と贈与税の支払いの義務があります。日本は逆で受贈者にこれらの義務があります。このポイントは忘れないでください。次のポイントは、殆どの人が贈与税の支払いをしない点です。こちらは生涯非課税枠があるからです。このポイントは後述します。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人・金融アドバイス | 法律、規則

管理職は全員エグゼンプトですか?

今年2月、イリノイ州では最大手スーパーマーケットのJewel-Oscoで集団訴訟がおこりました。この先、さらに多くの従業員が訴訟に加わる可能性もあります。訴訟理由は、副支店長(Assistant Store Director)として雇っている従業員の仕事内容は、エグゼンプトの内容に値しない、従って、残業をした分については、Jewel-Osco側に支払い義務が生じる、ということです。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則

VUCA(ブーカ)時代に生き残れるのか!?

「VUCA(ブーカ)」とは、「Volatility:変動性」「Uncertainty:不確実性」「Complexity:複雑性」「Ambiguity:曖昧性」という、4つの単語の頭文字からできた言葉で、ビジネス環境や市場、組織、個人などの環境が変化し、将来の予測が困難になっている状況を意味します。もともと、米軍の中で冷戦終了後の複雑化した国際情勢を示す用語として、1990年頃から使われ始めました。その後、2010年代に入ってから、ビジネスシーンでも徐々に使われるようになったのです。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

コンテナ船の船長さんがコーチングを学ぶ

「コーチング?それ何?」という人もずいぶん少なくなり、日本企業の中でもコーチングが導入されているところが多くなってきました。実際にコーチングが職場で効果を上げた例の、上司が部下のコーチ役となる企業内コーチングについて書いてみたいと思います。

Category: ステラ・リスクのレポート | セミナー、研修 | 紹介

リタイヤメント後の必要経費はだんだん減っていく?

一生懸命働いて積み立ててきたリタイヤメント資金。これを枯渇させずどう使ってリタイヤ後の生活をサポートしていくか・・これはファイナンシャルプラニングのなかでも最も重要課題といってもよいでしょう。リタイヤメントプラニングをする際には、退職後の生活がどんなふうになり、どのくらいの生活費がかかるのか、趣味や習い事、旅行などにどのくらいかけたいか・・などを洗い出し、それぞれの費用が一生涯の間、年々のインフレ率によって増えていくことを前提にシミュレーションをしていくのが普通です。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人・金融アドバイス | 記事

“DX”(デジタルトランスフォーメーション)=“IT化”ではない

今や、“DX(デジタルトランスフォーメーション”:以下DX)という言葉を目にしない日はありません。日本政府もDXを最重要課題と明言しており、2021年9月にはDX推進のためのデジタル庁が新設される見込みです。しかし、政府の意気込みとは裏腹に、未だにDXを単なるIT化と誤解している人は多いようです。DXが単なるIT化を意味しているのであれば、わざわざDXなどという言葉を使う必要はありませんし、デジタライズとかデジタライゼーション、もしくはそのままIT化でいいわけです。では、なぜDXという言葉がこんなにも取り上げられているのでしょうか?

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・テクノロジー

雇用主が給料差し押さえ命令を受け取ったら?

私が一般企業の人事部で働いていた頃、裁判所から従業員の給料の一部差し押さえ命令(Wage Garnishment)を何度か受け取りました。支払いが滞った車や家具のローン、クレジットカード、学生ローンの場合もありましたが、一番多かったのは離婚などによる子供の養育費の差し押さえ命令でした。というのも、アメリカでは1988年より離婚などによる子供の養育費は、支払いが滞っていなくても、最初から直接給料から差し引くという法律ができたため、養育費を支払う場合にはすべて雇用主に通知が来るのです。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 法人クレジット | 記事

日本本社と米国子会社の税務調査を避けるために

日本の本社から米国子会社に出向する社員に対し、本社が負担した費用は米国子会社からきちんと全額回収しなければ、日米それぞれで税務上の問題が発生します。確定申告のシーズンとなりましたので、今回はその問題点を掘り下げてみたいと思います。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則

クロスボーダーの離婚慰謝料を取り戻す

米国からのAlimonyの支払いで30%引かれたままになっている人がいないでしょうか? そんな人は、1040NRをファイルすることで、全額は戻りませんが、ある程度の税金が戻ってきます。今回は、この仕組みについて説明したいと思います。いくつかのステップがありますので、注意して読んでください。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人・金融アドバイス | 法律、規則