いかに国際逃亡者を捕まえるか

昨今、犯罪者は、まるで成功したビジネスマンのように、多くの国々で活動しています。しかし、法執行官は自国内でしか活動できません。それでは、ひとつの国で罪を犯し、別の国に逃亡する犯罪者を警察はどのようにして捕らえるのでしょうか?世界中のほとんどの国の警察は、外国の警察の犯罪捜査を支援しています。次に述べる日本の警察とFBIによる共同捜査の事例は、異なる国家間の警察が相互協力している好例と云えましょう。

Category: ステラ・リスクのレポート | 法律、規則

米国の401(k)を受け取るときの日本での課税は?

最低でも自身の拠出金(Employee Contribution)部分は課税されず、会社の拠出分(Company Matching)の部分も課税されないという意見があるのをご存じでしょうか?日本に戻ってからDistributionを受けることで、自身の拠出金と会社のマッチングは未来永劫税金がかからない可能性があるのです。下記の図をご覧ください。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則

米国市民と永住権保持者の税務の違い

11月のブログでお伝えしたように米国外に居住する米国市民と米国永住権保持者では所得税に関する税務の違いはありませんでした。しかし贈与税及び相続税に関しては米国市民と永住権保持者を含める居住者・非居住者の間には次のように大きな違いがあります。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則

サマータイムはばかげている?

ご存知の通り、アメリカのほとんどの州・地域で、11月の第一日曜日にサマータイム(Daylight Saving Time-DST)から通常(Standard Time)の時間に戻ったため、時計は1時間遅くなりました。サマータイムが始まるのは3月の第二日曜日です。つまり、通常の時間は約4ヶ月、サマータイムは約8ヶ月、長さから言うとサマータイムが一年の約3分の2あり、こちらが「標準時間」といっても良いくらいです。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 記事

3つの情報から見える日本の若者と未来

記事によると、政治や社会の出来事について「ニュースサイト」や「SNS」だけを参考にしている人(全体の5%。以下「ネット限定層」)に着目すると、特徴的な傾向が見えます。「ネット限定層」の内閣支持率は60%で、全体の43%と比べて非常に高い数字を示し、憲法を「変える必要がある」と答えたのも68%(全体は38%)でした。この「ネット限定層」は、30代以下が半数を占め、6割が男性です。逢坂巌・駒沢大准教授は「インターネットやSNSだけを参考にしている人たちには、森友・加計問題など安倍政権のネガティブな情報があまり響いていない」と分析しています。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 記事

日本の親族と相続でもめた時には?

最近、日本の資産を相続する際に日本に住む兄弟や親類と相続について争いが起きるという話を良く聞きます。アメリカに住む永住者はその場合どんな対応を取れば良いのでしょうか? 今回はこのポイントについて考えてみましょう。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則

トランスジェンダーの人の更衣室

私の住んでいるシカゴ郊外の高校の第211学校群では、トランスジェンダーの生徒に、生まれた時の性または生物学上の性ではなく、「自分の思っている性」のロッカールーム(更衣室)を使わせることを提案しました。(参考文献:”District weights locker room policy for students, by Angie Leventis Lourgos, September 21, 2019, Chicago Tribun

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 文化 | 記事

知らないと損をする米国赴任者の注意点!

移籍出向の場合はこの親会社との雇用関係が終了しますので被保険者資格が喪失します。そうすると海外勤務期間は厚生年金が継続できませんので国民保険の任意加入は将来の受給額を増やすオプションの一つとなります。居住していた市町村に海外転出届を出しているば任意加入、出していなければ国民年金加入の義務が発生しますのでご注意ください。任意加入の条件は65歳未満です。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則