労働許可とソーシャル・セキュリティー番号があればどこでも働けるの?

弊社にお仕事を探しにいらっしゃる方は、いろいろなビザを持っている方がいらっしゃいます。アメリカの市民権や永住権(グリーンカード)を持っていらっしゃる方はアメリカで働くことは全く問題がありませんし、学生ビザなどの方が、ビザ・サポートがないと働けないことはご本人も承知しているようですが、中にはいろいろ勘違いされている方もいらっしゃるようです。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人情報泥棒、詐欺 | 法律、規則 | 記事

Uberやスマホ違約金に見る日本のダメダメ

数日前まで仕事で台北に行っていました。台湾は親日の国であり、文化的にも地勢的にも日本に近い国です。街を歩けば日本でもおなじみのファストフード店やコンビニを多数見かけますし、その店頭やスーパーに並ぶ商品も半数は日本で目にする商品です。実際、英語より日本語が通じるケースが多く、治安も良いので、日本人が初めての海外旅行に選ぶのに適した国でしょう。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 文化 | 記事

気を付けなければならない米国駐在員及び出張者の税務(1)

1.米国税法 – 当該年度に183日以上滞在していること、もしくは当該年度を含む過去3年間での実質滞在テストで183日を超える場合は居住者と見做され、当該年度の入国日からの全世界での収入が米国で課税対象となります。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

働き方改革における有給休暇促進策

つい先日、「わたし、定時で帰ります。」というドラマが、女性に絶大な人気の福山雅治主演「集団左遷!!」を視聴率で上回ったことが話題になりました。吉高由里子演じる主人公が、無理な働き方をして倒れた過去から「定時で帰る」ことを徹底するという、朱野帰子さんの小説が基になったテレビドラマです。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

WEP (棚ぼた規定)でソーシャルセキュリティが減額される制度を知る

WEPとはWindfall Elimination Provisionの略です。日本での年金受給をソーシャルセキュリティ(以下“SS”)の申し込みの際に報告すると通常もらえるはずのソーシャルセキュリティの金額が減額されてしまうアメリカの制度です。減額の額は海外の年金額の50%を超えないようにと規定されておりますので、毎月数百ドルくらい減額されるようです。(この5割までの制限をWEP Guarantee Provisionと呼びます。)WEPはSS受給の申し込みの際に海外の年金をもらっているかと聞かれ、その年金の内容を話し、証拠書類を出してWEPが適用されるか否かが判定されます。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則

クルーズ船で働く労働者は労働基準法違反にならないの?

私は海が大好きです。アメリカで人気のクルーズ船にも、海を見ながらの旅が好きなので何度か乗りました。一週間のクルーズに行くと、毎日同じウェーター、ウェートレス、部屋の掃除の係の人にお世話になり、話をする機会もありました。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 法律、規則

日本の相続税・納税義務の範囲

もし日本在住の親がアメリカやヨーロッパに資産を所有し亡くなったとします。米国在住の貴方がその資産を相続する場合、全ての資産が日本の相続税の対象となります。米国では相続年度にForm 3520での開示申告を怠ると25%のペナルティが課されますので要注意です。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則