誰も教えてくれない帰国の際の適格年金の処理のポイント

401(k)プラン、Individual Retirement Account (IRA)などアメリカには様々な適格年金制度が存在します。アメリカに滞在している際に、これらの年金に加入される日本人は実際数多くおられます。しかし帰国や、他国への転勤で多くの方がこれらの年金口座をそのままにして米国以外の国に行かれてしまいます。その場合は多くの問題が生ずるのを多くの方は知りません。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 米国の移民

「副業」そしてさらに進んだ「複業」へ会社員が生き残るための選択肢を探る

終身雇用制度が崩れ、企業に勤めていれば一生安心できた時代は終わりを迎えつつあります。政府が進める「働き方改革」の一環として「副業解禁」が叫ばれるようになり、実際に副業を認める会社も増えてきました。副収入を得るためだけではなく、副業で新たなスキルを身につけ、自分の市場価値を高めようとする若者もいます。また最近、部長など役職についている社員を一定の年齢に達したら役職から外す「役職定年制」を採用する企業が増えています。役職定年になると一般に、仕事の責任も軽くなりますが、給料も減ります。子どもの教育費や住宅ローンが残っている人もいるでしょう。しかし50歳を過ぎると転職も難しくなります。「仕方なく会社に従うしかない」という人を私は多数見てきました。そういう人たち向けに副業を解禁することは、若い人とは違う意味で求められているのではないかと感じています。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

手段の目的化による損失

手段の目的化とは、本来の目的を達成するための単なる手段であったものが、いつしか目標や目的にすり替わってしまうことです。それによって、本来の目的からズレてしまうだけでなく、最悪の場合は、そもそもの目的達成を阻害することすら起きてしまうということです。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

統計やアンケートの嘘

先月に続いて、東洋経済(今回は東洋経済ON LINE)の記事に触発されて書いています。「300万人男余りでも女性が婚活で苦労する背景」という記事です。興味深かったのは婚活や未婚率の話ではなく、この記事の中で触れている統計データの読み取り方についてです。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則

アメリカの企業年金プランについて

Qualified Planとは、アメリカの多くの企業が従業員に対して提供する給付金制度です。このプランは日本の一般的な企業年金と同様に勤続年数などに基づいて退職時に受け取る給付水準を定めた確定給付型(Defined-Benefit)と、企業の年間拠出額が決定されており、従業員の拠出水準を定めた確定拠出型(Defined-Contribution)とがあります。確定拠出型には、SEP (Simplified Employee Pensions) IRA(Self-Employed) 、SEP IRA(Employee)、SIMPLE (Saving Incentive Mach for Employees) IRA、 Profit-Sharing 、401(k)、403(b)などがあります。これらの企業年金は雇用主サイドの経費処理による支払税額の減と、従業員サイドの課税猶予というそれぞれに節税できるメリットがあります。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

アメリカ人になるか、永住権者のままか-選択のポイント

私は1982年にF-1ビザで米国に来ました。H-1ビザで仕事をした後、グリーンカードを取得後2006年ごろに米国籍を取得しました。今回は、米国籍を取得するのか、永住権者のままでいるのが良いのかについて、私の個人的な考慮ポイントご説明します。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則

副業するメリットとデメリット

週刊東洋経済 7月20日号の特集に、『人生100年時代の稼ぐ力~「稼ぐ力」を鍛える副業&学び直し~』という記事がありました。昨年、政府が働き方改革の一環として、副業・兼業を認める方向に舵を切ったこともあり、ロート製薬、日産、富士通、花王などに続いて、カゴメやみずほフィナンシャルグループなども相次いで社員の「副業」を認めると発表しています。終身雇用をモットーとしてきた日本企業(やそれを薦めてきた日本政府)の大転換と言ってもいいでしょう。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

Uberやスマホ違約金に見る日本のダメダメ

数日前まで仕事で台北に行っていました。台湾は親日の国であり、文化的にも地勢的にも日本に近い国です。街を歩けば日本でもおなじみのファストフード店やコンビニを多数見かけますし、その店頭やスーパーに並ぶ商品も半数は日本で目にする商品です。実際、英語より日本語が通じるケースが多く、治安も良いので、日本人が初めての海外旅行に選ぶのに適した国でしょう。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 文化 | 記事

気を付けなければならない米国駐在員及び出張者の税務(1)

1.米国税法 – 当該年度に183日以上滞在していること、もしくは当該年度を含む過去3年間での実質滞在テストで183日を超える場合は居住者と見做され、当該年度の入国日からの全世界での収入が米国で課税対象となります。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事