コロナ禍での新たなマネジメントのキーワード

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の長引く影響で、社会環境は大きく変化しました。経済や雇用環境などの悪化が、自殺者数の増加につながっています。2020年の自殺者は2万1081人で、11年ぶりに増加しており、これはリーマンショック以来のことです。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

管理職は全員エグゼンプトですか?

今年2月、イリノイ州では最大手スーパーマーケットのJewel-Oscoで集団訴訟がおこりました。この先、さらに多くの従業員が訴訟に加わる可能性もあります。訴訟理由は、副支店長(Assistant Store Director)として雇っている従業員の仕事内容は、エグゼンプトの内容に値しない、従って、残業をした分については、Jewel-Osco側に支払い義務が生じる、ということです。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則

VUCA(ブーカ)時代に生き残れるのか!?

「VUCA(ブーカ)」とは、「Volatility:変動性」「Uncertainty:不確実性」「Complexity:複雑性」「Ambiguity:曖昧性」という、4つの単語の頭文字からできた言葉で、ビジネス環境や市場、組織、個人などの環境が変化し、将来の予測が困難になっている状況を意味します。もともと、米軍の中で冷戦終了後の複雑化した国際情勢を示す用語として、1990年頃から使われ始めました。その後、2010年代に入ってから、ビジネスシーンでも徐々に使われるようになったのです。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

日本本社と米国子会社の税務調査を避けるために

日本の本社から米国子会社に出向する社員に対し、本社が負担した費用は米国子会社からきちんと全額回収しなければ、日米それぞれで税務上の問題が発生します。確定申告のシーズンとなりましたので、今回はその問題点を掘り下げてみたいと思います。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則

ソーシャルセキュリティ制度を10分で理解する

ソーシャルセキュリティ制度は、他国の年金制度の例にもれず複雑です。米国人でもこのルールを良く理解することは至難の業です。しかし、この制度は、米国に住むすべての人に該当する制度であり、この制度のキーポイントを知ることは、アメリカで長い間の生活をするときに、絶対に不可欠になります。この記事では、ソーシャルセキュリティ制度のキーポイントを整理して説明して、最後に具体例を加えることで、より読者のこの制度に対する理解を高めることを目的としています。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

指示が曖昧な上司は組織をダメにする

「アウトプットは数字で示せ!」とは良く聞かれる言葉です。仕事において、数字を明確にすることが重要であることは、誰もが理解していることでしょう。しかし、未だに多くのマネジメントの現場で、抽象的な表現やあいまいな指示が見かけられるのはどういうことでしょう。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 文化

進んでいますか?じぶん働き方改革

昨年4月に働き方改革関連法案の一部が施行され、現在「働き方改革」が日本中で進められています。新型コロナウイルスの影響によって新しい働き方が求められているということもありますが、日本の労働人口の減少が深刻化しているというのがもともとの理由です。メディアで伝えられる「働き方改革」は、日本社会が直面している「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」や「働くスタイルの多様化」などの課題・変化への対応という側面が強く、新型コロナ感染症対策とともに大企業だけでなく中小企業にとっても重要な経営課題として位置づけられています。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 文化

リーダーが陥りがちな失敗 – 人材育成のNG

経営者やマネージャーの方から、「部下が育たない」、「頼れるリーダー役がいない」などといった悩みや不満を聞くことがよくあります。どこの組織でも抱えている課題ともいえるでしょう。しかし、実はそうした悩みを口にする経営者やマネージャーの方自身がリーダー育成のための効果的な支援や行動ができていないというケースは多いのです。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 人材 | 文化

知って得する米国の税金

所得税法の基本は源泉地課税です。従って米国で稼得した収入は本来は米国で課税されます。では日本から米国に出張し、しばらくの間米国支店にて勤務した場合はどうなるのでしょうか。日米租税条約第14条(給与所得)の第二項の短期滞在者免税により次の3つの条件を全て満たせば米国勤務で受取る報酬は米国では非課税となります。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 個人・金融アドバイス