PPPローンのシミュレーション

5月15日にいよいよPPPの返却免除の申込書がSBAから発表された。これによりいままでクリアでなかった点が明らかにされ、PPP受給者はここで初めてどのくらいの金額が返却免除になり、どのくらいの金額がNet Profit(Net Loss)に影響を与えるのかを知ることができる。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 個人・金融アドバイス | 記事

ワンチームが組織をダメにする:一致団結の罠

本日(2月25日)時点では、元日産会長のカルロス・ゴーン被告による「日本の司法は中国や北朝鮮と同じ」という糾弾に続いて、日本が国際社会で叩かれています。新型コロナウイルスがまん延するクルーズ船に乗客乗員を閉じ込めたことに加え、二次感染者が出るなどあきらかに感染対策が失敗しているにもかかわらず乗客たちを下船させ、公共交通機関で自宅や本国へ帰したことで、「日本には防疫の概念がないのか」、「犯罪行為だ」とまで言われています。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 人材 | 文化

永住権放棄時の注意:401(k)プラン

永住権者はI-407(永住権放棄のフォーム)とグリーンカードをUSCISに提出します。30日から60日すると、USCISからI-407のコピーに受領の証明がはいったものが返送されてきます。その日付が永住権の放棄した日になります。Covered Expatriateの説明はこの記事の目的ではありませんが、永住権放棄時に純資産が200万ドル以上の方、連邦税の支払い額が過去5年間で$168,000(2019年度)を超える方などが含まれます。また過去5年間で海外金融資産などの報告などで遵法されていない方も該当します。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

知って得する日本の相続・贈与(1)

日米間では相続税及び贈与税に関する協定がありますが、基本的に米国市民と米国本籍者は全世界の相続財産が米国遺産税の対象となります。同様に日本国籍の方は米国のグリーンカードを保持され、米国居住であっても相続財産は日本の民法により処理されます。そしてその相続財産は所在地(国)でも課税対象となります。従って米国居住の日本国籍の方は遺言書がないと死後の相続が大変複雑になり、相続の処理にも時間が掛かることになります。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則

国民年金と棚ぼた規定 & 得する永住権者の税務知識

日本の国民年金を受給すると自らのソーシャルセキュリティ(以下“SS”)のベネフィットが減額されるのに、同じようなタイプの外国の年金受給者は、SSベネフィットが減額されないのをどう感じられますか?

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則

米国の401(k)を受け取るときの日本での課税は?

最低でも自身の拠出金(Employee Contribution)部分は課税されず、会社の拠出分(Company Matching)の部分も課税されないという意見があるのをご存じでしょうか?日本に戻ってからDistributionを受けることで、自身の拠出金と会社のマッチングは未来永劫税金がかからない可能性があるのです。下記の図をご覧ください。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則

米国市民と永住権保持者の税務の違い

11月のブログでお伝えしたように米国外に居住する米国市民と米国永住権保持者では所得税に関する税務の違いはありませんでした。しかし贈与税及び相続税に関しては米国市民と永住権保持者を含める居住者・非居住者の間には次のように大きな違いがあります。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則