迫りくる貿易戦争に向けた6つの重要な管理のヒント

米国と中国間に貿易戦争が起きております。現在協議自体は再開される予定ですが、これまでに両国はそれぞれ340億ドル相当の関税を課しています。さらにこの紛争には160億ドルのさらなる火種があります、最悪の場合は、課税が2000億ドルに及ぶ脅威があると言われています。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

交際費、食事代の控除

トランプ大統領の税制改革では連邦統一移転税(贈与税・遺産税)の非課税枠が11.2百万ドルと2倍に大幅緩和されました。個人の所得税では人的控除の廃止や引越費用控除の廃止等があり、法人に関しては法人税率最高35%から一律21%への大幅減税と法人代替ミニマム税の撤廃、また海外留保所得に対する15.5%のみなし配当課税制度(Transition Tax)も導入されました。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則

会計上の見積り

会計上では「見積り」という概念が存在することはご存じでしょうか?会計というとすべてにおいてルールが存在していてそのルールに基づいて財務諸表が作成されるため常に正しい答えがあると考えられているかもしれません。しかし実際には会社の経営者が数字を見積る必要があることが多々あります。今回は「見積り」についてご説明したいと思います。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

記録的な低失業率における労働管理

2018年のアメリカ経済における失業率の低下は、労働者には朗報ですが、多くの経営者は雇用市場が改善する一方で、ポジションの欠員を補充するのが一層困難である状況に直面しています。アメリカ経済は、5月には新たに18万人の雇用を生みだし、ここ18年で最低の3.8%まで失業率を押し下げました。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 人材 | 記事

事業成功の方程式の”重要な”大前提

前回、事業成功の方程式は、成功の可能性をいかに高くするかということを導き出すものであると述べました。単純化すると、活動総量と効率(効果)の乗算です。しかし、総量と効率をいかに上げたとしても、ビジネスは相手があって成り立つものですから、相手にされなければビジネスは成り立ちません。ビジネスの相手が特定の企業や個人の場合もあれば、不特定の企業や個人の場合もあるでしょう。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

新製品を市場に-企業の成長の源

簡単な例としては、私が長い間お手伝いをした食品機器の製造企業があります。目標を設定– この企業には明確に規定された目標がありました。その目標はどの年の売上でも最低20%は新製品から発生するというものです。この場合の新製品は過去5年間に市場に供給された商品と規定されています。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

一般管理費をコントロールする

粗利率が向上している企業が本年度は、多いように見受けられます。しかし、同時に一般管理費が営業利益を圧迫している企業も多いようです。特に目立つのはクレジットカードの手数料と運送費が経費の中に占める割合で増えている企業が多いように感じられます。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 紹介