事業成功の方程式の”重要な”大前提

前回、事業成功の方程式は、成功の可能性をいかに高くするかということを導き出すものであると述べました。単純化すると、活動総量と効率(効果)の乗算です。しかし、総量と効率をいかに上げたとしても、ビジネスは相手があって成り立つものですから、相手にされなければビジネスは成り立ちません。ビジネスの相手が特定の企業や個人の場合もあれば、不特定の企業や個人の場合もあるでしょう。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

新製品を市場に-企業の成長の源

簡単な例としては、私が長い間お手伝いをした食品機器の製造企業があります。目標を設定– この企業には明確に規定された目標がありました。その目標はどの年の売上でも最低20%は新製品から発生するというものです。この場合の新製品は過去5年間に市場に供給された商品と規定されています。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

一般管理費をコントロールする

粗利率が向上している企業が本年度は、多いように見受けられます。しかし、同時に一般管理費が営業利益を圧迫している企業も多いようです。特に目立つのはクレジットカードの手数料と運送費が経費の中に占める割合で増えている企業が多いように感じられます。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 紹介

事業成功の方程式とタイムマネジメント

以前「売上を上げる戦略」について述べましたが、その際ご紹介した「 売上の構成要素」は、いわば売上げを上げるための「方程式」です。では、「売上を上げる方程式」があるのなら、「事業成功の方程式」というものはあるのでしょうか?今回は、事業成功の方程式についてタイムマネジメントの観点から掘り下げてみます。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

米国赴任者のソーシャルセキュリティ(1)

米国では最低40クオーター(日本の四半期に相当するので10年間)の加入期間がソーシャルセキュリティの受給条件ですが、2005年の日米社会保障協定によって日本での社会保険加入期間との通算が認められたことにより、最低6クオーターの加入期間でも受給が可能になりました。米国勤務者の納めるソーシャルセキュリティ税はその配偶者の受給(Spousal Benefits)にもつながります。つまり奥様が米国に居住されずご主人が単身赴任だった場合でも奥様には配偶者受給資格があるということです。但し、受給にはソーシャルセキュリティ番号が必要です。また、10年以上の婚姻関係が必要で、もし離婚しても再婚していなければご主人の年金を受け取る資格は維持されます。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 個人クレジット

マイナンバーがないと自分の米国口座に送金できない?

マイナンバー制度が日本にできて3年ですが、最近アメリカの自分の口座に日本の口座から送金できないで大変困っているという話をよく聞きます。またアメリカの口座から日本の口座に送金できないという話も聞きます。今回はこの問題についてご説明します。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

日本の音楽業界の現状から学ぶ 後編

前回のレポートで日本の音楽業界の現状と問題点、そして世界の潮流から隔絶した特異性について述べました。世界的な潮流は、すでにソフトパッケージ販売でもダウンロードでもなく、サブスクリプションモデルのストリーミングです。2017年のグラミー賞を受賞した Chance The Rapper は、レーベルと契約せず、音源を有料販売しないアーティストでした。世界的にはオワコンとなっているソフトパッケージの売り上げが8割以上も占める日本では考えられないことです。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

あなたは商品グループごとの利益貢献度をどう計るか知っていますか?

私は、長い間個人の消費者に製品を供給する会社と仕事をしてまいりました。そんな会社の経営者に常に関心の高い分野は、商品ラインアップごとの利益率です。どの商品が利益に一番の貢献をしているのだろうか? この質問に関連しての質問としては、「新製品を、すでに出回っている製品が陳腐化しないようにどうしたら市場に導入できるのでしょう?」があります。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

日本の音楽業界の現状から学ぶ 前編

ここ数年、JASRAC(一般社団法人日本音楽著作権協会)が関係した2つの問題が時々ニュースで伝えられます。一つは、音楽教室に著作権使用料の支払いを求めたり、映画音楽の上映使用料引き上げを映画館に求めるといった内容です。もう一つが、著作権期間を50年から70年に延長するという話です。(映画については、すでに70年に延長する法律が施行されています。)2番目の問題は JASRACというよりも政治(外圧)と法律の問題です。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事