日本の金融資産をきちんと報告されていますか?

Foreign Bank and Financial Accounts Report (FBAR) on FinCEN Form 114-米国外口座情報開示義務について- FBARは確定申告ではありませんが、海外資産開示義務制度により対象者はUS Department of Treasury(米国財務省)にオンラインで報告する義務があります。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

在庫の状況を理解することが会社の成功につながります。

御社は古い在庫、売れ行きが良くない在庫、また、過大に数量を持てっているが引当金を計上していない、ということはありませんでしょうか?アメリカの会計原則では、在庫は価値の減少、仕損、破損、滞留等があった場合、これらが発生した年に引当金を計上する必要があるとされています。しかし、実際にはこのような事象が発生した際に引当金を計上されていないことも多く、決算時に問題になることもあります。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

棚卸監査を成功させるための7つのステップ

棚卸は在庫管理のひとつで、最低年に一回は行うべき重要な手続きです。棚卸は各在庫アイテムの数量を数え、帳簿の数量と照合し、差異があった場合は原因追及します。もし数えた在庫の数量が大きく間違っており、それが帳簿の数量に反映されると大きな棚卸調整が発生してしまうことになり、会社の業績に大きく影響を与えかねません。正確に在庫を数えることが会社の業績を正しく。では、具体的にどのように棚卸を行うのが望ましいのでしょうか?下記に棚卸に際しての望ましい具体的な手続きを述べています。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

通信コストの削減 その3 通話アプリの有効利用2

前回に続き、携帯電話(スマートホン:以下スマホ)の通話アプリの有効利用について、もう少し詳しくご説明したいと思います。尚、ここに掲載した各サービスの料金等については、2016年9月15日付けのものですので、最新の情報(特に金額)についてはご自身で確認されることをお勧めします。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・テクノロジー | ビジネス・金融アドバイス | 記事

社会保障番号なしでは働けない米国生活!

ソーシャル・ セキュリティー・ナンバー(社会保障番号、SSN)は、米国籍の方及び米国の永住権を持つ方(グリーンカード保持者)、米国籍以外の方で米国内で働く許可を得た方、あるいは米国連邦年金受給のために社会保障番号が必要な方のみが取得できます。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 個人クレジット | 法律、規則 | 記事

アメリカの就職活動時期は日本とは違う

日本では大学新卒の「就職活動解禁」が、「4年生の4月」に変更されたそうですね。歳がわかってしまいますが、私の卒業した1980年代後半には、就職活動解禁日は、4年生の10月1日でした。もちろん、「先輩訪問」と称して、大学4年生の初めごろに非公式で就職活動を始めたりもしましたが、それでも大学の先生方は、「学生が落ち着いて勉強できない」と苦情をおっしゃていたものです。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 人材 | 記事

通信コストの削減 その2 通話アプリの有効利用1

前回は、携帯電話(スマートホン:以下スマホ)の月額基本料の削減について述べました。今回は、通話料金の削減、通話アプリの有効利用についてご紹介します。この部分は、少々長くなりますので、2回に分けてご説明したいと思います。尚、ここに掲載した各サービスの料金等については、2016年8月15日付けのものですので、最新の情報についてはご自身で確認されることをお勧めします。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事