オバマ医療保険改革法、2014年への備え

2010年3月にオバマ医療制度改革法が成立して、早くも3年が経過した。2018年までのスケジュールが組まれ、非常に多くの内容が盛り込まれた同法だが、中でも2014年は、重要な変化を伴う年となっている。その一方、当局からの情報も徐々にしか発表されない為、多くの人が断片的な情報しか得られていない状況にある。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 人材 | 法律、規則 | 紹介

なりすまし務詐欺の実態とのその対応

他人のソーシャルセキュリティ番号を使って確定申告し、不正に税還付を受け取る確定申告詐欺や、他人のソーシャルセキュリティ番号を使って就労するなどのなりすまし詐欺件数は2012年に約1,000,000件発生しました。2011年度の約250,000件に比べ4倍近くに膨れ上がるほど被害は拡大しています。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 紹介 | 記事

競合禁止契約の常識が変わる!(イリノイ州)

アメリカでは、営業職従業員を採用する際などにNon-compete Agreement(競合禁止契約)を結ぶことが多い。エンジニアが突然会社を辞めて、新製品の類似品を他社から発売したり、腕利きの営業マンに顧客をごっそり持ち出されたりしてはたまらない。更には部署の部下も引き抜いて、新会社で同じ商売を始められれば、会社はダメージが大きすぎる。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 紹介 | 記事

税務上の違い:個人事業の赤字 VS 趣味の赤字

趣味が高じて収入を得るケースがございますが、かかった必要経費を差し引いた後に赤字になってしまった際、税務上で損金扱いきる場合とできない場合の違いをご説明いたします。一般的に趣味という位置づけであれば、趣味で発生した赤字は他の所得(給与所得、利息収入等)と相殺することはできません。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 紹介 | 記事

メディケア制度を理解する講座 ―(2)

メディケア制度とは、アメリカの高齢者と障害者の保険制度で、連邦政府が管理をしています。アメリカは、先進国で唯一国民皆保険制度がない国です。つまり、日本のように健康保険制度が国民全員に適用される制度がないわけです。そんななかで、高齢者用・障害者用の保険として連邦政府が管理しているのがメディケア制度というものです。

Category: ステラ・リスクのレポート | セミナー、研修 | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 紹介 | 記事

「スーパーバイザー」の言動は要注意

アメリカに暮らす日本人がまず気をつけるべきポイントに、差別やハラスメント問題がある。最近ではあからさまな差別やセクハラは少なくなってきてはいるが、職場を舞台にした従業員からの訴訟は減っていない。アメリカでは職場で起きた差別行為やセクハラに対する取り締まりは日本とは比較にならないほど厳しく、職場で訴訟事件が起きた場合、加害者本人だけでなく、企業に責任が問われる。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 人材 | 紹介 | 記事

アメリカ合衆国への移民及び移民法改訂について考える

アメリカ合衆国は常々移民の国と呼ばれています。アメリカに安住の地を求め、挑戦・希望・そして夢を抱きやって来る移民達は、同時に色々な問題も引き起こして行きます。今回は、多人種・多文化を背景に様々な人が住むシカゴ在住の大春氏に移民に関する話題をインタヴューしてみました。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 文化 | 紹介 | 記事 | 質問と回答

現金、物品の寄与に関して、税務上必要とされるサポート資料の準備

現金および非現金を慈善団体に寄付する場合、証拠として寄付に関するサポート資料を保管しておくことが重要です。例えばキャンセル小切手やクレジットカードの明細書、領収書などを維持する必要があります。もしこれらのサポート資料を提供できない場合は税金控除は許可されません。これらのサポート資料は確定申告に同封して郵送する必要はありませんが、万が一、IRSの監査が実施される際にはすみやかに提出する必要がございます。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 紹介 | 記事

手軽なコミュニケーション手段に危険が潜む

Eメールに代表される電子的なコミュニケーションはいまや、電話よりも手軽な連絡手段になっている。電車の中では携帯をいじっていない方が変わり者で、子供でも、文字を書くより前に親のiPhoneでメールを出すという。Eメールが使われ始めた頃には、ビジネス文書よろしく、時候の挨拶やご機嫌伺いから始めたメールが大半だったが、最近ではビジネスの世界でもいきなり本題がほぼ常識になっているように見受ける。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則