1万ドルの罰金?アメリカ政府にも報告しないといけない日本での遺産相続や贈与

もしあなたが日本の親からある一定の資産を貰った場合に、絶対に気をつけないといけないアメリカの報告義務があります。IRSへの報告義務ですね。今回はこちらを説明します。フォーム3520です。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 紹介

米国の信用情報機関が直面する課題

米国では、400以上の個人信用情報機関が連合してConsumer Data Industry Association(消費者情報産業協会)を組織しています。その業務内容は、単に信用報告を借り手に提供するという原初的な業務から、雇用や不動産賃貸借時のスクリーニング、抵当権情報の提供、スコアリングサービスなどの領域へ業務を拡大させています。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 個人クレジット | 記事

売掛金回収改善ガイド

お客さんが貴社のクレジット方針を知っていると推測しないどのような企業でも、決まった取引先もあれば新たな取引先を受入れる場合もあります。クレジットポリシーは会社によって異なりますので、取引先に貴社のクレジットポリシーを知らせることは、誤解を取り除く大切な鍵です。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 債権回収 | 法人クレジット | 紹介 | 記事

あなたの日本の銀行口座の内容がIRSに筒抜けになる?

これは、米外国口座税務コンプライアンス法(Foreign Account Tax Compliance Act)による影響です。この法律は、要は、日本の金融機関が、米国の納税者が持つ口座をIRSに報告する協定になります。2012年8月にIRSは、FATCAの規則案を公表しました。適用は、本年度の1月1日から各種ニュースは伝えております。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 紹介 | 記事

小切手詐欺をどう避けるか?

コンピュータのおかげで、偽の小切手を作るのがより簡単になっており、銀行は顧客が電話やインターネットで口座を開くのを認めていることもあって、小売業界だけで、年間120億ドルも不渡り小切手のおかげで失っています。小切手詐欺による損失の半分はそれによるものだと業界はみなしています。業界の分析者の中には、不渡り小切手の問題は今後年間25%も増大すると見ている人もいます。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 個人情報泥棒、詐欺

破産による取り戻しについて知っておきたいこと

債務者が支払不能破産者であった間に、債務者に商品を売った債権者は商品の取り戻しができる権利があります。それをするためには、売主は、債務者が商品を受け取ってから10日以内、あるいは特定の状況下では20日以内に、書面で取り戻し要求を送らなければなりません。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 破産 | 記事

ダニエル・ゴールマンによる「6つのリーダーシップスタイル」

リーダーシップには、様々なスタイルが存在します。状況によって、適切なスタイルは変わりますが、人にはそれぞれその人が持つ性格がありますので、自分はこのスタイルに向いている。このスタイルであれば自分らしいリーダーシップを発揮することができるということを理解しておくことがリーダーシップ力を高める上で重要です。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 人材 | 文化 | 紹介

2012年の税務申告:永住権者・米国居住外国人のための3つのチェックポイント

皆さん、税務申告(フォーム1040)の季節になってきました。既に提出済みの方も多いと思います。今回は、皆様に、どうしても留意していただきたい3つのチェック項目を選んで、簡単にご説明します。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 紹介