不況のブラックホール期間は仕事を維持してしのぐ

皆様の多くの方は、401Kの価値が下がるのを見ているだけではなく、次に会社からレイオフを命じられるのは自分ではないかと、おそらく心配もされていることでしょう。あのピンクの紙切れを避けるために、かつてないほどできる限りがんばって自分の仕事を維持した方がいいでしょう。下記は、いくつかのとても重要な事項です。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 人材

昨年8百万人以上のアメリカ人が個人データの盗難にあっています。

最近アメリカで5,700万人以上に関わる150件以上の大きな事件がありました。クレジット業界だけではなく、ビジネス社会のほとんど全ての産業部門で、保護情報の侵害がありました。個人データの盗難は、教育、健康管理、金融機関、そしてさらには政府の業務機関にまで及びました。誰もが個人データの盗難に遭いうるのです。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 個人情報泥棒、詐欺 | 記事

クレジットカードについて知っておくべき10項目

クレジットカードの裏面に「署名していないものは無効」と書かれているので、有効にするためにカードに署名をしなければならないということは、誰でも知っていると思われるかもしれません。無署名のカードを支払いに使用する際に起こりうることについて、VISAは次のように述べています。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 個人クレジット

破綻企業の融資はより高価で複雑困難です

破産を申請した会社にとって融資はより高価でより難しくなっています。占有債務者による資本調達あるいは企業再生融資は、会社が再度利益を上げられるようになるために、資源提供者と従業員への支払を続け、破産を通り抜けるための燃料です。通常企業再生融資者は、企業が破産や解散から脱したときに最初に返済を受けられるので、この10年間、それは、一般的で収益性の高い融資形態でした。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法人クレジット | 破産

個人破産について知っておく必要のあるもの

破産が蔓延しています。驚くことになんと2008年の5月に、91,214人のアメリカ人が破産申告をしました。それは1年前の同月に比べ31%上昇しています。米国破産協会によると、百万人以上のアメリカ人が今年破産申告をすると予想され、それは、昨年と比べ50%近くも跳ね上がっているそうです。つまり、100世帯につき少なくとも1世帯は破産の影響を受けていることになります。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 破産

法廷に立つために押し寄せた負債回収者

簡単な掛取引がこじれてしまい、回収業者が返済を訴えた影響で、クック郡巡回裁判所は気違いじみた借金の回収機械となってしまいました。119,000件以上の負債者に対する訴訟が法廷に溢れています。そして、少なくともその半分は判決の結果、借金の回収業者は、問題のある借主の件を示談にして、給与の削減、銀行口座の差し押さえ、家の差し押さえ権の申請を行うことになるでしょう。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 債権回収

米国の信用情報機関が直面する課題

米国では、400以上の個人信用情報機関が連合してConsumer Data Industry Association(消費者情報産業協会)を組織している。その業務内容は、単に信用報告を貸し手に提供するという原初的な業務から、雇用や不動産賃貸借時のスクリーニング、抵当権情報の提供、スコアリングサービスなどの領域へ業務を拡大させている。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 個人クレジット

信用修復の正しい理解—真実と誤解

信用修復に関しては、たくさんの情報が入手可能です。しかし、そのほとんどは矛盾していて、簡単に混乱を来たしてしまいます。信用調査会社が消費者に望んでいるのは、消費者の信用度を向上させる力など、信用調査会社にはないと信じることです。しかしながら、クレジットスコアにおける奇跡的で即時的な向上を保証する不謹慎な信用修復会社があります。そして消費者に現実的で合理的な結果をもたらすサービスを提供する合法的な信用修復代理業者がいます。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 個人クレジット