他人事ではない老後破産!?

「55歳で降格、出向、転籍、収入減”10年縛り”の過酷」、「不安募るも遅れる準備、ぬるま湯50台の理想と現実」、「65歳までの雇用措置義務も中小で広がるブラック再雇用」、「10年たたずに貯蓄が底を突く、夫婦共倒れを招く”熟年離婚”」。これらは週間ダイアモンドで特集された定年後の歩き方で取り上げているタイトルです。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 文化 | 記事

日本から相続や贈与を受けると「余計」に税金がかかる?

あなたが米国の居住者であり、日本でお亡くなりになったお父さんやお母さんが、一億円以上の有価証券などを保有していた場合は、相続時に相続した証券の含み益に、日本の所得税が課せられる制度があります。今回は、このポイントについて前回に加えてもう少し詳しく説明します。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

日本のビール市場に明日はあるか?(その1)

9月から飲食系の新たなクライアントの支援を始めました。その一環としてクラフトビールの導入を勧め、この12月からクラフトビールの提供を開始したところです。クラフトビール導入を提案するにあたって色々と調べたのですが、日本のビール市場にある大きな問題につき当たりました。そして、この問題は、日本のビール市場の衰退に直結しており、それが飲食店経営や日本の食文化(居酒屋文化)にも大きく影響しかねないと感じました。今回から数回にわたって、日本のビール市場の明日について考えてみたいと思います。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

日本の住民票を抜いたら、巨額な税金がかかる?

米国にいながら、日本に住民票がある人は多いはずです。日本の医療制度を利用するときに住民票を持っていると便利という話はよく聞きますね。それも理由の一つでしょう。今回は、住民票を持っていることが税務上でネガティブなインパクトになるお話しを紹介します。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 米国の移民

家電量販店戦国時代の勝者はどこだ?

先日、家電量販店大手のケーズホールディングス相談役で前代表取締役会長兼CEOの加藤修一氏にお会いし、お話を伺う機会がありました。加藤修一氏は会社との取り決めで、講演等は引き受けない約束をしており、あまり表に出ないようにされているそうで、非常に貴重な機会であったと思います。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

トランプ政権 税制改革計画の行方(3)

年内成立を目指す個人の税制改革案が11月02日に発表されました。成立すれば2018年度から適用されることになります。下記、要旨の数字はJournal of Accountancyに記載された “What the House tax bill holds for individuals” By Alistair M. Nevius, J.D.からの抜粋です。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 文化 | 記事

固定資産減損のルールを知るのは不可欠である

固定資産の減損って聞いたことがあるけど、どういう意味なのかよくわからない。財務諸表にはどういうインパクトを与えるのか、またどういうことがあれば減損として損失を計上する必要があるのだろうと思われたことはございませんでしょうか?今回は固定資産の減損について述べたいと思います。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

トランプ政権 税制改革計画の行方(2)

4月26日に発表された税制改革計画の政府案の概要は、法人については法人税率の35%から15%への引き下げ、全世界所得課税制度から源泉地国課税制度への変換、既存海外留保利益の一度のみの本国還流課税等でした。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

反トラスト及び競争法

司法省(DOJ)は反トラスト局リニエンシー制度に関するよくある質問への回答を見直した。米国司法省のリニエンシー制度は企業や個人が反トラスト局の捜査に対し自己申告や協力を行うことで刑事上の有罪判決や罰金、実刑を免れる機会を与える制度である。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事