将来日本から、コーチング、という言葉をなくしたい

先週、日本国内では最大規模の、聴講者数1700人超、というコーチング業界のコンファレンスがZoom上で行われました。このコンファレンスは、日本のコーチェットという会社が、コーチング業界で活躍する会社26社の幹部をパネラーとして招き、「日本のコーチング業界の変化」から「コーチングで生産現場はどう変わるのか」まで、7つのパネルディスカッション、合計7時間半の熱い討論がネット上で行われたものです。

Category: ステラ・リスクのレポート | セミナー、研修 | 人材

人事ファイルの保存期間

先日、元弊社で働いていた社員から、「いつからいつまで働いていたか正確に書かれている書類が欲しい」という問い合わせを受けました。彼はもう5年以上も前に弊社を退職した人です。なんでも、新しい仕事のためにインフォメーションが必要で、自分の税金の書類はなくした、と言っていました。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材

リーダーが陥りがちな失敗 – 人材育成のNG

経営者やマネージャーの方から、「部下が育たない」、「頼れるリーダー役がいない」などといった悩みや不満を聞くことがよくあります。どこの組織でも抱えている課題ともいえるでしょう。しかし、実はそうした悩みを口にする経営者やマネージャーの方自身がリーダー育成のための効果的な支援や行動ができていないというケースは多いのです。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 人材 | 文化

ロックダウン後の活動の再開

5月も半ばになり、米国では州によっては緊急事態宣言の外出禁止・自粛が緩和されてきました。私の住んでいるイリノイ州でも5月に入ってから条件付きでゴルフ場などは再開され、これからどのように職場に人を戻すか、などが課題になってきています。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 文化 | 法律、規則

コロナ後の世界に備える

残念ながら新型コロナウィルスは騒動の域を超えて、今や人類にとっての大きな脅威となってしまいました。もはや、新型コロナに関するニュースを目にしない日はありません。これだけ報道されているコロナですが、日本の行政機関からの情報やマスコミ報道を整理していくと、いくつもの疑問がわいてきます。例えば、統計データについてですが、右の表は米国ジョンズ・ホプキンズ大学の感染者数の集計データを基に、主だった国をピックアップしたものです。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 文化 | 記事

新型コロナウイルス感染症対応について ー 人事Q&A

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による影響が様々なところで出ていると思います。連邦や、州、ローカル政府からの新しい法案や要請が次々と出され、多くの企業がビジネスの閉鎖やオペレーションの変更を余儀なくされています。この複雑な状況に直面した企業の皆さまに向けて人事に関するQ&Aをご紹介いたします。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 法律、規則 | 紹介

ワンチームが組織をダメにする:一致団結の罠

本日(2月25日)時点では、元日産会長のカルロス・ゴーン被告による「日本の司法は中国や北朝鮮と同じ」という糾弾に続いて、日本が国際社会で叩かれています。新型コロナウイルスがまん延するクルーズ船に乗客乗員を閉じ込めたことに加え、二次感染者が出るなどあきらかに感染対策が失敗しているにもかかわらず乗客たちを下船させ、公共交通機関で自宅や本国へ帰したことで、「日本には防疫の概念がないのか」、「犯罪行為だ」とまで言われています。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 人材 | 文化

アメリカは転職社会?

仕事を探しにくる人の中には、ご配偶者がまた数年後に転勤になることがわかっていて、3-4年勤務できる仕事を探している方もいます。数年しか働けないことをわかっているのなら代わりのたくさんいるエントリーレベルのポジションに付くならともかく、責任のあるポジションにつくのは難しいです。もちろん、医者や弁護士などの専門職で、ほぼフリーランスで働くつもりなら話は別です。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 文化

「ご飯論法」が日本を滅ぼす

「ご飯論法」をご存じでしょうか?議論における意図的な言い逃れや論点のすり替えの手法で、例えば「朝ご飯は食べたか」という質問に対し、「ご飯」をわざと狭い意味にとらえ、(パンは食べたにも関わらず)「ご飯(白米)は食べていない」と答えるような、論点をずらし回答をはぐらかす手法のことです。法政大学の上西充子教授のTwitterへの投稿がきっかけで広まりました。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材