最低賃金法と例外

「連邦法、州法、地域の法律(郡など)で最低賃金は決められています。雇用主は、一般的に最低賃金またはそれ以上の賃金を従業員に支払う必要があります。」私が住んでいるイリノイ州クック郡シャンバーグ市では、最低賃金が「一応」以下のように定められています。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 法律、規則

女性の医者とワーク・ライフ・バランス

最近日本で問題になっていたことは、「東京医科大学では、女性が合格しにくいように入学試験の操作が行われていたこと」です。医学部に女性が多くなると、卒業してから大学病院の医局に入った場合、「過重労働と不規則な就業時間、母性を考慮しない風潮などから、勤務医の仕事は過酷で、特に家庭を持つ女性にとって適合性が低い。」ためだそうです。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 文化 | 記事

記録的な低失業率における労働管理

2018年のアメリカ経済における失業率の低下は、労働者には朗報ですが、多くの経営者は雇用市場が改善する一方で、ポジションの欠員を補充するのが一層困難である状況に直面しています。アメリカ経済は、5月には新たに18万人の雇用を生みだし、ここ18年で最低の3.8%まで失業率を押し下げました。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 人材 | 記事

アメリカ企業の人事の要諦:社員への継続的なフィードバックこそ大事!

一年に一度行われる人事評価(アニュアル・レビュー)が本当にいいのかについて、人事の専門家たちはここ二年ほど議論してきました。だいたいスーパーバイザーと評価を受ける社員は、アニュアル・レビューを基本的に毛嫌いしています。同時に評価を出す側は、評価を受ける側には十分なフィードバックを常に出しているので、改まってのアニュアル・レビューのプロセスは必要ないと誤解している場合が多いようです。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 記事

素晴らしいチームを作るための採用プロセスとは

そろそろカレッジ・バスケットボールとプロ・バスケットボールのシーズンですね。私は、バスケットの常勝チームを作ることと、企業のために採用活動をすることに、4つの類似性があることに気がついたのです。私は人事のプロとして自社あるいは多くのクライアントの採用活動に長い間かかわってきました。そこで私は企業の採用活動を考える際にどうしてもバスケットボールのチャンピオンチームを作るための採用活動と、チャンピオンシップチームの要素に思いをはせざるを得ないのです。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 記事

アメリカ人社員にどのくらいの経営情報を開示すべきか?

私は最近ビジネスコーチングを行うファシリテーターから、「経営者は、売上高・マージン・純利益などを含めてどのような情報を従業員に共有するべきか?」のプレゼンテーションを行うように頼まれました。 さらに、この情報を組織全体に伝達するために具体的に使用できるツールについても説明することを依頼されました

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 人材 | 紹介

アメリカは高年齢者が働くオアシスではない!

お仕事を探しに来る方の中には、「日本は定年退職制度がある、年齢差別がある、だから、アメリカで働きたい。」とおっしゃっている方も少なくありません。そして、「アメリカでは年齢に関係なく、新しい仕事を見つけることができる」、と誤解されている方もたくさんいらっしゃいます。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 文化 | 記事

先生の時間外労働は過労死を招く可能性がある

「文部科学省は去年、全国の公立の小中学校で勤務する約2万人の教師を対象に、勤務時間について10年ぶりの調査を行い、結果をまとめた。それによると、中学校の教師の57%が、過労死の目安とされる月80時間を超える時間外労働をしていることがわかった。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 文化 | 記事