入社試験は差別になる可能性がある?

入社試験は差別になる可能性がある?お客様の中で、従業員を採用する場合に入社試験をされている場合があります。採用する場合に試験を課せば、公平に候補者を判断できる、と思われがちです。その入社試験ですが、仕事で直接使用するExcelなどのテストをする場合は構いませんが、気をつけないと「人種差別」「男女差別」など揚げ足を取られる場合があります。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 文化 | 記事

フルタイム、パートタイム、派遣の違いは?

一般的には、フルタイムは一週間40時間勤務、パートタイムは一週間30時間以下勤務です。多くの州では、一週間に40時間が標準勤務時間とみなされ、40時間を越えて労働した時間に関しては残業手当が発生します。(マネージャーや専門職など「エグゼンプト」とされる方に対しては残業手当は発生しません。)

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 記事

戦略的トレー二ングでチームを強化しよう

弁護士、会計士、及び一般的に専門知識を必要とする専門家は、継続的トレーニング(CPE)について聞き慣れており、組織全てのレベルにおいてトレーニングは重要であると誰もが合意すると考えています。しかし残念な事に、現在の労働力不足という経済状況により、この継続的トレーニングの実施が難しい状況となっています。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 記事

最低賃金法と例外

「連邦法、州法、地域の法律(郡など)で最低賃金は決められています。雇用主は、一般的に最低賃金またはそれ以上の賃金を従業員に支払う必要があります。」私が住んでいるイリノイ州クック郡シャンバーグ市では、最低賃金が「一応」以下のように定められています。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 法律、規則

女性の医者とワーク・ライフ・バランス

最近日本で問題になっていたことは、「東京医科大学では、女性が合格しにくいように入学試験の操作が行われていたこと」です。医学部に女性が多くなると、卒業してから大学病院の医局に入った場合、「過重労働と不規則な就業時間、母性を考慮しない風潮などから、勤務医の仕事は過酷で、特に家庭を持つ女性にとって適合性が低い。」ためだそうです。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 文化 | 記事

記録的な低失業率における労働管理

2018年のアメリカ経済における失業率の低下は、労働者には朗報ですが、多くの経営者は雇用市場が改善する一方で、ポジションの欠員を補充するのが一層困難である状況に直面しています。アメリカ経済は、5月には新たに18万人の雇用を生みだし、ここ18年で最低の3.8%まで失業率を押し下げました。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 人材 | 記事

アメリカ企業の人事の要諦:社員への継続的なフィードバックこそ大事!

一年に一度行われる人事評価(アニュアル・レビュー)が本当にいいのかについて、人事の専門家たちはここ二年ほど議論してきました。だいたいスーパーバイザーと評価を受ける社員は、アニュアル・レビューを基本的に毛嫌いしています。同時に評価を出す側は、評価を受ける側には十分なフィードバックを常に出しているので、改まってのアニュアル・レビューのプロセスは必要ないと誤解している場合が多いようです。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 記事

素晴らしいチームを作るための採用プロセスとは

そろそろカレッジ・バスケットボールとプロ・バスケットボールのシーズンですね。私は、バスケットの常勝チームを作ることと、企業のために採用活動をすることに、4つの類似性があることに気がついたのです。私は人事のプロとして自社あるいは多くのクライアントの採用活動に長い間かかわってきました。そこで私は企業の採用活動を考える際にどうしてもバスケットボールのチャンピオンチームを作るための採用活動と、チャンピオンシップチームの要素に思いをはせざるを得ないのです。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 記事