アメリカの就職活動時期は日本とは違う

日本では大学新卒の「就職活動解禁」が、「4年生の4月」に変更されたそうですね。歳がわかってしまいますが、私の卒業した1980年代後半には、就職活動解禁日は、4年生の10月1日でした。もちろん、「先輩訪問」と称して、大学4年生の初めごろに非公式で就職活動を始めたりもしましたが、それでも大学の先生方は、「学生が落ち着いて勉強できない」と苦情をおっしゃていたものです。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 人材 | 記事

労働ビザがないけれど、アメリカで就業したい!

労働ビザがないけれど、アメリカで就業したい人へ。留学生としてアメリカに来て、「卒業したら、アメリカで働きたい」という方によくご相談を受けます。アメリカでは、大学や短大で学位を取得すると、その後、1年間(理工系は29ヶ月まで延長可能)のプラティカル・トレーニング(OPT)が認められています。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 紹介 | 記事

スペシャリストになりましょう。

時々、アメリカに駐在などでいらして、日本に帰国せず、ここで仕事を探したい、という方がご相談にいらっしゃいます。日本では、ジェネラリストとして働いていて、営業、経理、人事などさまざまな分野の経験がある、非常に優秀な方がたいさんいらっしゃいます。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 紹介 | 記事

産休と育児休業

女性が自分のキャリアを確立しようとするときに、いつもついてくるのが、産休と育児休業の問題です。欧米先進国では、日本に比べると、女性でさまざまな分野で活躍している人が多いこともあり、は、手厚い産休や育児休暇がある」と思い込んでいる方が多いようですね。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 紹介 | 記事

企業の規模と自分のキャリアについて

弊社に登録している方で、ある企業に面接に行かれた方は、「あまりに規模の小さい会社なのでショックを受けました」といって、せっかくいたでの、その方の経験を生かせそうな、やりがいのあるポジションではありましたが、やはり企業の規模は気になったようです。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 紹介 | 記事

失業保険に関するQ&A(雇用主編)6/2015

アメリカの失業保険制度は国によってすべて管理されているのではなく、各州レベルで制定されています。州によって運営の仕組みは異なりますが、主には企業から税金という格好で徴収されたお金をプールして、失業者に配布する方法が主流です。今回はイリノイ州の失業保険の仕組みを雇用主の立場から見たQ&A形式で解説します。次回は就労者の視点から解説します。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 人材 | 記事