なぜその仕事をするのか

アメリカで部下に仕事を頼む際、何をするかしっかり説明したにもかかわらず、時間だけかかって、求めていた成果物が上がってこないと悩んで人が多いと思います。説明した側にとってみればこれ以上明確に説明しようがないくらい説明したのに、これ以上どうやって説明したらいいか分からない思いです。もはや部下の以下能力の欠乏と考えてしまうことが多いのではないでしょうか。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 文化 | 記事

メンターリングが社員育成のキーとなる

人材が育たない、従業員の離職率が高い、リーダーシップが生まれないという人材育成の悩みは多くの会社が抱えています。メンターリングという言葉を聞いたことがありますか。メンターリングという取り組みによって、このような人の悩みが解消されることがございます。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 紹介 | 記事

言い訳の多い外国人部下を “disappointed”を使って対応

日本では言い訳することに対してマイナスなイメージがありますが、欧米では必ずしもそのようなマイナスのイメージはないことが多いようです。言い訳をすることは自己主張のひとつであり、議論する過程で重要な能力であると考えられていると思います。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 文化

永住権放棄・帰国子女ならぬ帰国老人マニュアル

アメリカで奮闘努力された永住権者は、ある一定の年齢に達すると日本に戻られる人が私のまわりには多いようです。それらの方は、70歳から80歳の間に帰国される人が大多数です。それらの方に聞きますと、「やはり日本が一番良い国だから。」と答える方が多いようです。安部首相は、日本を「美しい国」と表しました。やはり我々には、日本は童謡ふるさとではありませんが、「忘れがたき」ところで「志を果たして、いつの日にか帰らん」ところなのでしょうか?

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 法律、規則 | 紹介

一世帯当たりの年間医療関連費は今年も上昇

コンサルティング会社ミリマンは、2013年の一世帯あたり の平均年間医療関連費※が、対前年6.3%増の$22,030に達したと発表した。(1) 増加率は2010年以来低下傾向にあるものの、金額ベースでは、$1,302増と、毎年約$1,300のペースで増加している。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 人材 | 紹介 | 記事

ロールモデル”って何?

アメリカにある日本企業では、新しく赴任した社長が現地採用スタッフのスキルと将来性を評価していた。新社長が特に気になったのは、長く勤務しているアメリカ人従業員だ。10年以上勤務にもかかわらず、その従業員はこの時点ではこれくらいのレベルだろう、というキャリアまで達していなかった。

Category: 人材 | 文化 | 紹介 | 記事

オバマ医療保険改革法、2014年への備え

2010年3月にオバマ医療制度改革法が成立して、早くも3年が経過した。2018年までのスケジュールが組まれ、非常に多くの内容が盛り込まれた同法だが、中でも2014年は、重要な変化を伴う年となっている。その一方、当局からの情報も徐々にしか発表されない為、多くの人が断片的な情報しか得られていない状況にある。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 人材 | 法律、規則 | 紹介

目標設定の違い:日本 vs. アメリカ

アメリカ国内での日本企業の営業においては、目標設定を巡って日本人とアメリカ人のマネージャーの間で多くの摩擦が存在する。例えば、とある企業の年間計画に、7パーセントの純利益率と売上の15パーセント増加というかなり困難なものが含まれていたとする。アメリカ人のマネージャーはこれを見て大きく取り乱し、日本人役員たちにこう言う、「こんな目標は達成できない! 不可能だ!」と。彼らは現実味を感じられない目標設定に対して強いストレスを感じる。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 文化 | 紹介 | 記事