日本企業が女性に活躍の場を与えられるか?

アメリカ企業が最近日本企業に買収された。アメリカでは一般的であるようにそのアメリカ企業では、マネージャーレベルも含めて多くの女性が重要な役割を担っていた。買収後、何人かのこの企業の女性達は心配し始めた。彼女達は、日本では女性はアメリカほど職場で同等ではないと聞き及んでいたし、日本のビジネスカルチャーに関する文献を読むと、日本人は女性より男性と働きたがると示唆してあった。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 文化 | 紹介 | 記事

「スーパーバイザー」の言動は要注意

アメリカに暮らす日本人がまず気をつけるべきポイントに、差別やハラスメント問題がある。最近ではあからさまな差別やセクハラは少なくなってきてはいるが、職場を舞台にした従業員からの訴訟は減っていない。アメリカでは職場で起きた差別行為やセクハラに対する取り締まりは日本とは比較にならないほど厳しく、職場で訴訟事件が起きた場合、加害者本人だけでなく、企業に責任が問われる。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 人材 | 紹介 | 記事

気ずかずに差別発言をしていませんか?

気づかずに差別発言をしていませんか?ある在米日系企業で、日本人従業員が本社から訪問し、数名のアメリカ人の同僚とそのクライアントの担当者たちと会議をする場面があった。会議の会話の中で日本人従業員は差別的な形容詞として「ゲイ」という言葉を使っていた。アメリカ人の同僚は皆、不快に感じ、クライアントの一人は明らかに腹を立てていた。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 文化 | 紹介 | 記事

米国永住権を放棄する前に、必ず考慮しないといけない7つのポイント

米国の永住権は、保持している人にいろいろな特典をもたらすのはご存知のことと思います。永住権があれば、ビザなしで入国できます。家の購入のためのローンを申し込むときや、アメリカ政府からの学生ローンを申し込む場合に、永住権がある場合は、非常に有利になります。また永住権があれば、細かい規定はありますが、家族や親類をアメリカに呼ぶこともできます。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 人材 | 法律、規則 | 米国の移民 | 紹介

英文レジュメでの作成で注意するべき5つのポイント

就職活動の際に一番大事なの がレ ジュメの作成になります。日本の履歴書と違い決まったフォーマットの無い英文レジュメは非常に難しいはずです。また、同じような 経験でも、書き方によって差が出てしまう、ここが一番頭を悩ませてしまうところですね。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 人材 | 紹介

米国人事管理において必ず知っておくべき肯定的強化

米国に進出した日本企業で働く米国人の人事マネジャーは、日本人駐在員マネジャーによる管理方法を気にかけている。「米国では、正の強化(Positive reinforcement)が重要である。しかし、日本人マネジャーはこれができないようだ。」日本人マネジャーはこのフレーズを聞くにつけ戸惑ってしまう。彼らはこの言葉に馴染みがないからである。正の強化とは何か。米国人従業員を管理するのに、これがないとなぜ問題となるのか。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 文化 | 紹介 | 記事

グローバル環境で交渉を成功する方法

「交渉」という言葉を聞いたとき、多くの人は会議室の片側に会社の代表が並び、大きなテーブルを挟んだ反対側に相手会社の代表が並んでいる、というイメージを思い浮かべるでしょう。こういった場面ももちろん交渉ですが、これが交渉の全てではありません。交渉の広い定義とは、「違った立場、考え方、ニーズや関心事を持った二方(会社、部署、個人など)が、まだ決まっていない事柄に関して、両者の目的や希望を満たす解決策を探る作業」と言えます。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 文化 | 紹介 | 記事

ダニエル・ゴールマンによる「6つのリーダーシップスタイル」

リーダーシップには、様々なスタイルが存在します。状況によって、適切なスタイルは変わりますが、人にはそれぞれその人が持つ性格がありますので、自分はこのスタイルに向いている。このスタイルであれば自分らしいリーダーシップを発揮することができるということを理解しておくことがリーダーシップ力を高める上で重要です。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 人材 | 文化 | 紹介