在宅勤務を管理するためのガイドライン

科学技術の進歩によって、従業員は自宅やその他の場所から勤務することが可能となった。在宅勤務はますます一般的なものとなってきている。在宅勤務にはいくつかの利点がある。例えば、通勤のためのマイカーやその他の交通手段が必要ないため、環境に優しい。通勤時間をさらなる仕事やレジャー活動に当てることが出来るし、長距離通勤に伴うストレスや疲労の心配も無い。また、在宅勤務はより良いワークライフバランスの実現にもつながるため、子供のいる従業員から特に歓迎されている。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 人材 | 紹介

アメリカ人従業員にとってワークライフバランスはとっても重要

アメリカ中西部の小さな町に、ある日本企業の製造工場があった。そこに勤務しているアメリカ人従業員は、浮かない表情をしていた。「この会社では残業が頻繁にあります。それが私の生活に影響するだけならば別に構わないのですが、家族にも影響するから問題なのです。例えば先日、サッカーの試合に出るから見に来てほしいと息子に頼まれました。しかし私は残業があるので、見に行くことが出来そうにありません。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 人材 | 紹介

サムライビジネスグループ社の創立者、ロバート・ランバート氏

企業開発専門学の思想と実践に関する基礎知識を下地にした、個人および企業の静かで力強い声が聞かれます。この21世紀のビジネス組織の理論的枠組は16、17世紀における日本の武士の生き方と同様の、ある種の価値観に則っています。

Category: ステラ・リスクのレポート | セミナー、研修 | ビジネス・金融アドバイス | 人材 | 紹介

厳冬の企業方針

全米のほとんどの地域では冬の気温が零下にまで下がり、大雪や凍結の問題に直面する。初雪も目には美しいが、現実問題として凍結した道路を使っての通勤は危険なだけだ。冬は天候を理由とした遅刻や欠勤も増えるだろう。HRインサイトによると、雇用者は冬の荒天が戦力に及ぼす悪影響に備えておくべきだ。企業方針を立てておくのもひとつの手だろう。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 人材

フェイスブックで人材発掘、専用アプリケーションの登場で検索可能に

ソー シャル・ネットワーキング・サービス(SNS)から人材の発掘を狙う企業は多いが、これまではそれが簡単ではなかった。ウォール・ストリート・ジャーナル によると、それを簡便化する専用のアプリケーションも出回り始め、人材採用担当者らの仕事が効率化されつつある。それと同時に、発掘現場もリンクトインか らフェイスブックに移行し始めている。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材

従業員の健康管理を支援、雇用主、医療コスト抑制を目標に

USAトゥデイによると、糖尿病や肥満、うつ病といった慢性の持病を患う従業員を支えることで、病気の悪化による社の医療保険コストを減らすのが狙い。企業が全額または一部負担することの多い医療保険料の高騰で、企業は社員やその家族が病気になるのを放っては置けなくなったようだ。カイザーファミリー財団の最新調査では、2011年の4人家族の医療保険料は前年から9%上昇している。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 記事