投資や賃貸目的の不動産の所有形態を簡単に理解する!

投資目的で不動産を取得するときに、その所有形態でお悩みになりませんか?この分野は弁護士さんの分野あり、税金の分野あり、クロスボーダーの知識も必要と実は大変複雑で一度で簡単に理解することができません。しかし、難しい内容を簡単にご説明するのが我々プロの責任です。今回はこの難しいテーマにチャレンジしてみました。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人・金融アドバイス | 法律、規則

世界分散投資の意義を再考する

ホームバイアスという言葉をご存じでしょうか?投資をするとき、自分が住んでいる国の株式(債券も同じく)に偏って投資をする傾向のことをいいます。アメリカに住んでいたらUS株式にばかり注目し、日本に住んでいたら日本の株式ばかりに投資するというような具合です。過去にも多くのリサーチでこのようなホームバイアスの存在が認識されていますが、その理由についてはすっきりした説明がありません。ただ、考えてみればなんとなく人間心理的にあたりまえのような気もします。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人・金融アドバイス | 紹介 | 記事

永住権放棄時の注意:将来40%の高額課税も!

永住権の申請をお考えの方も多いと思います。また、永住権を既にお持ちの方でリタイア後は日本でゆっくり過ごしたいとお考えの方もいらっしゃると思います。今月はそんな皆さんが注意しなければならない点をいくつか説明させていただきます。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人・金融アドバイス | 法律、規則

PPPローンのシミュレーション

5月15日にいよいよPPPの返却免除の申込書がSBAから発表された。これによりいままでクリアでなかった点が明らかにされ、PPP受給者はここで初めてどのくらいの金額が返却免除になり、どのくらいの金額がNet Profit(Net Loss)に影響を与えるのかを知ることができる。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 個人・金融アドバイス | 記事

知って得する日米の相続・贈与(2)

日米間では相続税及び贈与税に関する協定がありますが、基本的に米国本籍者は全世界の相続財産が米国遺産税の対象となります。同様に日本国籍の方は米国のグリーンカードを保持され、米国居住であっても相続財産は日本の民法により処理されます。前回は遺言書について述べましたが、今回は新しく創設された相続税法について簡単に説明させていただきます。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人・金融アドバイス | 記事

ロックダウン状態での家計見直し

コロナウイルスの影響で一番打撃を受けたのは、レストラン、旅行、小売りなどのサービス業界であり、フロントラインで顧客とのインタラクションが必要な職種が最も先に消滅しました。Mckinsey & Companyば、これらの業種が、“影響を受けた/受ける可能性のある職種”の42%に当たるとしています。打撃を受けた業界に関わられる方は、今本当に大変な時期だと思いますが、どうかこの苦難の時期、球根が冬のあいだ静かに養分を蓄えるように寒さを耐え、春には力強く咲くことができるようにとお祈りいたします。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人クレジット | 個人・金融アドバイス | 紹介 | 記事