商用あるいは投資用不動産のキャピタルゲインを繰延する方法

例えば、上記のAがコストが$250,000として、$300,000の市場価値があるときに、販売したら$50,000のキャピタルゲインが生じます。課税対象のゲインです。このゲインを繰延つまり先延ばしにする方法を説明します。なお不動産は商用あるいは投資用不動産に限られます

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

アメリカの失業保険

米国でコロナの感染拡大が申告になった今年3月から、失業保険の申請が爆発的に増えています。8月になって、申請者数は少々減ってきてはいますが、それでも昨年8月の3.7%の倍以上の8.4%となっています。現在、失業保険を申請した人の44%が失業保険をもらえていないそうです。これは申請者数が多すぎて失業保険事務所が手に負えなく、審査できないこともあるそうですが、コロナでの便乗申請も多く、失業保険の審査で通らない人も多いからです。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人・金融アドバイス | 記事

知って得する米国の税金

所得税法の基本は源泉地課税です。従って米国で稼得した収入は本来は米国で課税されます。では日本から米国に出張し、しばらくの間米国支店にて勤務した場合はどうなるのでしょうか。日米租税条約第14条(給与所得)の第二項の短期滞在者免税により次の3つの条件を全て満たせば米国勤務で受取る報酬は米国では非課税となります。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 個人・金融アドバイス

スーパー低金利でリファイナンス?

Federal Reserveの低金利政策による間接的な影響で、モーゲージ金利も低金利が続いています。本年度は、モーゲージ低金利記録が更新され続け、30年固定利子ローンは2.88%、15年固定金利なら2.44%という数字まで出ています(2020年8月上旬)。そんなわけで、コロナの中でも不動産市場は意外と活気があり、ロケーションによりますがマルティプルオファーが入るコンペティティブな物件も出ているようです。同様に、リファイナンスもさかんで、この機に低金利ローンを確保しようとする消費者も多いようです。リファイナンスは賢く使えばいろいろな形で家計改善に役立ちます。今日はどんな使い方があるのか見てみましょう。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人・金融アドバイス | 記事

出国税を理解するー上級編

1、 税率は何パーセントになるのですか? 二種類あります。資産のみなしゲインにかかる税率はキャピタルゲインのレートを使います。キャピタルゲインは、ゲインの性質により率が変わります。IRAなどにかかる税率は通常の所得の税率いわゆるOrdinary Income Tax Rateを使います。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人・金融アドバイス | 法律、規則

老後に利子と配当金だけで生活する・・・は現実的?

リタイヤメントに向かって貯めている間の投資の王道は、それなりにリスクをとって株式比率を上げ、株式インデックスファンドと債券インデックスファンドを組みあわせたポートフォリオでの運用です。最近では、自分で株式ファンドと債券ファンドを組み合わせなくても、リタイヤメントのターゲット年を選べば、ふさわしいリスクレベルですでにファンドが組み合わされたターゲットデイトファンドも人気があります。これがいったんリタイヤすると、いきなり貯めるフェーズから引き出すフェーズに180度お金の流れが変わることになります。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人・金融アドバイス

コロナ危機でソーシャルセキュリティ年金はどうなる?

2020年4月20日づけで、Center for Retirement Research(Boston College)がSocial Security’s Financial Outlook:The 2020 Update in Perspectiveというタイトルのレポートを発表しました。このレポートの分析内容は、コロナ危機以前のデータを基にしていますが、後付けでコロナ危機を考慮したコメントも付け加えられています。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人・金融アドバイス | 記事

知って得する日米の相続・贈与(3)

前回は2020年4月1日に日本で配偶者居住権が創設され、配偶者は自宅での居住権を継続しながらその他の財産も取得出来るようになったことを説明しました。今回は2019年7月1日からスタートした、配偶者への自宅の生前贈与について説明させていただきます。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人・金融アドバイス | 法律、規則

投資や賃貸目的の不動産の所有形態を簡単に理解する!

投資目的で不動産を取得するときに、その所有形態でお悩みになりませんか?この分野は弁護士さんの分野あり、税金の分野あり、クロスボーダーの知識も必要と実は大変複雑で一度で簡単に理解することができません。しかし、難しい内容を簡単にご説明するのが我々プロの責任です。今回はこの難しいテーマにチャレンジしてみました。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人・金融アドバイス | 法律、規則

世界分散投資の意義を再考する

ホームバイアスという言葉をご存じでしょうか?投資をするとき、自分が住んでいる国の株式(債券も同じく)に偏って投資をする傾向のことをいいます。アメリカに住んでいたらUS株式にばかり注目し、日本に住んでいたら日本の株式ばかりに投資するというような具合です。過去にも多くのリサーチでこのようなホームバイアスの存在が認識されていますが、その理由についてはすっきりした説明がありません。ただ、考えてみればなんとなく人間心理的にあたりまえのような気もします。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人・金融アドバイス | 紹介 | 記事