社内不正を通報した社員に絶対にしてはいけない5つの失敗

あなたの会社でもし「不正がある」と通報した社員がいたとしましょう。その場合に絶対にしてはいけないこと5つをご紹介します。ビジネスというのは、社員一人一人が会社のためを思い、不正が起きていると思ったときには正しいことをしよう、つまり上司に報告しようするのが理想だと思います。上司のあなたとしては、「ここぞ」というときに、部下の信頼を大きく損なうことなどしたくはありませんね。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 個人情報泥棒、詐欺 | 記事

小切手詐欺をどう避けるか?

コンピュータのおかげで、偽の小切手を作るのがより簡単になっており、銀行は顧客が電話やインターネットで口座を開くのを認めていることもあって、小売業界だけで、年間120億ドルも不渡り小切手のおかげで失っています。小切手詐欺による損失の半分はそれによるものだと業界はみなしています。業界の分析者の中には、不渡り小切手の問題は今後年間25%も増大すると見ている人もいます。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 個人情報泥棒、詐欺

自己宛小切手詐欺をどのようにみつけるか−犯罪例

このインターネット時代において、自己宛小切手詐欺は最も頻繁にある犯罪です。以前は安全だと思われていましたが、今は、売主は自己宛小切手に対して特別の 注意を払う必要があります。高くつく詐欺を避けるために自己宛小切手詐欺に関わるすべての赤信号を確実に把握しておいて下さい。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 個人情報泥棒、詐欺

大口注文についてのいいニュースと悪いニュース

新しい顧客が150万ドルの購入注文をして、月々正味30日間ごとに約200,000ドルの出荷をするよう望んでいます。この会社は150万ドルに値する信 用度はありませんが、このレベルの取引は貴社にとって相当量なので、確かに商売にはなるはずです。利ざやが少ないので製造部門は製造比率を良くするために 一度に3分の1の商品製造を指示します。クレジット管理者がこのシナリオに直面した場合、何を指示しますか。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 個人情報泥棒、詐欺 | 法人クレジット

詐欺と中小企業

Small Dog Electronics社での一日にする多くのことのひとつは「詐欺担当官」になることです。詐欺担当官として、しばしばクレジットカードの不正使用が原 因となるクレジットカードの不渡りを処理します。私はまた、Small Dogのクレジットカードの規約を作る手伝いをし、クレジットカード詐欺に関わる新入社員の教育の手伝いもします。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 個人情報泥棒、詐欺 | 紹介

昨年8百万人以上のアメリカ人が個人データの盗難にあっています。

最近アメリカで5,700万人以上に関わる150件以上の大きな事件がありました。クレジット業界だけではなく、ビジネス社会のほとんど全ての産業部門で、保護情報の侵害がありました。個人データの盗難は、教育、健康管理、金融機関、そしてさらには政府の業務機関にまで及びました。誰もが個人データの盗難に遭いうるのです。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 個人情報泥棒、詐欺 | 記事

債権回収業者による虐待の増加

借金の回収者は、上品さという視点からはあまり褒められません。回収代理業者がある女性の5歳のお嬢さんに電話をし、クレジットカードの勘定の支払いをする よう疲れ果てたお母さんに伝えるよう命じたケースを考えてください。「あるお客様は、週末会社に12のメッセージが残されていました。また、あるお客様 は、一週間に36本の電話をもらいました。」と、消費者保護局ペンシルバニア事務所の上級司法次官であるデビット サムナー氏は話されていました。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人情報泥棒、詐欺 | 債権回収