校歌と応援歌

日本の高校や大学には校歌があり、入学式や卒業式では校歌を歌います。私の行った日本の大学にはスポーツの応援歌もあり、スポーツの試合の時には学生が応援歌を歌い、盛り上がっていました。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 記事

プライバシーと18歳成人

その日のうちに、いつものかかりつけの医院から、「お誕生日おめでとうございます。息子さんは18歳になりました。今後は、ご両親は息子さんの医療記録を見ることはできなくなります。インターネットで閲覧できるのは会計のインフォメーションだけになります。」というメールが届きました。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 法律、規則

スポーツ・チームのマスコットと人種差別

2007年NCAA (National Collegiate Athletic Association : 全米大学体育協会) は大学のスポーツチームのマスコットや名前にアメリカ先住民族(アメリカン・インディアン、ネイティブ・アメリカン)の差別的なイメージを使用することを禁止しました。それと同時に私の大好きだったチーフ・イライナウィク(Chief Illini Week:イライナウィク酋長)はイリノイ大学のマスコットではなくなりました。(出典:”The smart way to dispatch Chief Illini Week”, by Editorial Board, Chicago Tribune, January 30, 2018)

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 法律、規則

求められる人物像、大学受験に見る日米の価値観

大寒波に見舞われた日本の冬。日本では受験シーズンの真っ只中。街には受験にあやかった商品、神社仏閣にはお守りを買い求める保護者の姿があふれ、1月に実施された大学入試センター試験では「ムーミン問題」が取りざたされている。アメリカも同様に冬は受験シーズンといっても良いかもしれない。大学への出願が1月1日を皮切りに概ね3月まで実施されるからだ。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 記事

アメリカでのビザと結婚

今年の1月に私はアメリカの市民権を取得しました。1990年8月に学生としてF-1ビザ(学生ビザ)でアメリカに来て、学校を卒業後、オプティカル・トレーニング(OPT)、H1-B(労働ビザ)、永住権(グリーンカード)とビザも私と共に進化していきました。その中で、一番手続きが面倒で、時間がかかったのは、永住権を申請した時だったと思います。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 文化 | 法律、規則

年齢差別禁止法とソーシャル・セキュリティー年金

アメリカには年金が大きく分けて3種類あります。企業年金であるペンション、401Kプランに代表される個人年金、そして、国と企業が積み立てているソーシャル・セキュリティー年金です。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 文化 | 法律、規則 | 記事

他人事ではない老後破産!?

「55歳で降格、出向、転籍、収入減”10年縛り”の過酷」、「不安募るも遅れる準備、ぬるま湯50台の理想と現実」、「65歳までの雇用措置義務も中小で広がるブラック再雇用」、「10年たたずに貯蓄が底を突く、夫婦共倒れを招く”熟年離婚”」。これらは週間ダイアモンドで特集された定年後の歩き方で取り上げているタイトルです。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 文化 | 記事

大学のキャンパスに銃持ち込み可能?

2017年10月1日に死者は58人、重軽傷者が546人にものぼる乱射事件がネバダ州ラスベガスでおきました。そのわずか1ヶ月後、テキサスの小さい町のキリスト教会で乱射が起こり、死者は26人、重軽傷者は20人にのぼりました。怪我をされた方のご回復と亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 法律、規則 | 記事