雇用主が給料差し押さえ命令を受け取ったら?

私が一般企業の人事部で働いていた頃、裁判所から従業員の給料の一部差し押さえ命令(Wage Garnishment)を何度か受け取りました。支払いが滞った車や家具のローン、クレジットカード、学生ローンの場合もありましたが、一番多かったのは離婚などによる子供の養育費の差し押さえ命令でした。というのも、アメリカでは1988年より離婚などによる子供の養育費は、支払いが滞っていなくても、最初から直接給料から差し引くという法律ができたため、養育費を支払う場合にはすべて雇用主に通知が来るのです。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 法人クレジット | 記事

指示が曖昧な上司は組織をダメにする

「アウトプットは数字で示せ!」とは良く聞かれる言葉です。仕事において、数字を明確にすることが重要であることは、誰もが理解していることでしょう。しかし、未だに多くのマネジメントの現場で、抽象的な表現やあいまいな指示が見かけられるのはどういうことでしょう。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 文化

いつまでも社会の一員として

もしみなさまのご両親、ご家族、お友達の中に、認知機能の低下を経験されている方がいらっしゃるのなら、私の体験が励ましになればうれしく思います。恥ずかしく思わないで、どこかに行くときぜひ彼らも連れて行って上げてください。それがその方々の精神的、肉体的な助けになるのなら、ぜひ考慮してみてください。大切なことは何か、考えてみてください。将来、我々もみな歳をとります。そのとき、以前のようにいろいろなことができなかったとしても、社会の一員として尊重されつつ生きたいと思うのです。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化

ペットと介助犬

歴代の米国大統領は、ホワイトハウスでペットを飼うのが慣習になっていたようですが、トランプ大統領は案外きれい好きでペットは飼いませんでした。もちろん、仕事場ではなく、プライベートな場所ですが、前オバマ大統領は、ホワイトハウスに引っ越す以前には、娘さんに犬アレルギーがあるから、という理由でペットを飼っていなかったそうですが、ホワイトハウスに引っ越すにあたり、わざわざアレルギーが出ない犬を探し、飼い始めたそうです。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 紹介

夫婦別姓について

現大統領ドナルド・トランプ氏の娘の姓名はイヴァンカ・トランプ、彼女の夫の姓はクシュナーです。この度の選挙に勝利し、時期米国副大統領になるカマラ・ハリス氏の夫の姓はエムホムです。そうです、お二人とも夫婦別姓なのです。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 記事

進んでいますか?じぶん働き方改革

昨年4月に働き方改革関連法案の一部が施行され、現在「働き方改革」が日本中で進められています。新型コロナウイルスの影響によって新しい働き方が求められているということもありますが、日本の労働人口の減少が深刻化しているというのがもともとの理由です。メディアで伝えられる「働き方改革」は、日本社会が直面している「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」や「働くスタイルの多様化」などの課題・変化への対応という側面が強く、新型コロナ感染症対策とともに大企業だけでなく中小企業にとっても重要な経営課題として位置づけられています。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 文化

大学のランキングとスチューデントローン

コロナでたくさんの大学がオンライン授業となりました。キャンパスライフを期待して4年制大学に行くつもりだったのに、授業がすべてオンラインとなり、これでは意味がない、と進路をコミュニティーカレッジに変更した学生さんもたくさんいるそうですね。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 記事

リーダーが陥りがちな失敗 – 人材育成のNG

経営者やマネージャーの方から、「部下が育たない」、「頼れるリーダー役がいない」などといった悩みや不満を聞くことがよくあります。どこの組織でも抱えている課題ともいえるでしょう。しかし、実はそうした悩みを口にする経営者やマネージャーの方自身がリーダー育成のための効果的な支援や行動ができていないというケースは多いのです。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 人材 | 文化

肌の色と人種

今年5月の末に、ミネソタ州ミネアポリス市で、ジョージ・フロイドさんという黒人が白人警察官に殺され、それを受けて全米、そして全世界に人種差別に対する抗議が広まっていきました。抗議デモは生きている人間に対するものだけではなく、奴隷を所有していた、などの理由で、歴史的人物の像も破壊されてきました。私の住むイリノイ州でも、シカゴ市でデモや暴動が起こり、シカゴ市長はクリストファー・コロンバスの像を公園から一時撤去しました。コロンバスはアメリカ大陸を「発見」した訳でもなく(それ以前からアメリカ先住民はアメリカ大陸に住んでいた)、各地の先住民を虐殺した、という批判もあるためです。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 記事