ビジネス・カジュアル

2020年7月、南北戦争以前の1818年創業のブルックス・ブラザーズが連邦破産法11条(日本の民事再生補のようなもの)の申請をしました。リンカーン大統領、ケネディー大統領を含む、45人中40人の大統領に愛用され、ボタンダウンのシャツを流行らせ、南北戦争、世界大恐慌、世界大戦、リーマンショックなどを生き抜いてきた老舗のアパレル会社です

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 記事

ウイルスの調査

米国政府は、中国政府が世界の他の地域に対して武漢ウイルスに関する重要な情報を隠していると断定しました。トランプ大統領、トランプ政権当局者、および米国議会のメンバーによるコメントを調査検討すると、米国政府のあらゆる機関が、中国政府は中国における武漢ウイルスの詳細について虚偽を述べていると確信しているのがわかります。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 法律、規則 | 記事

ロックダウン後の活動の再開

5月も半ばになり、米国では州によっては緊急事態宣言の外出禁止・自粛が緩和されてきました。私の住んでいるイリノイ州でも5月に入ってから条件付きでゴルフ場などは再開され、これからどのように職場に人を戻すか、などが課題になってきています。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 文化 | 法律、規則

コロナ後の世界に備える

残念ながら新型コロナウィルスは騒動の域を超えて、今や人類にとっての大きな脅威となってしまいました。もはや、新型コロナに関するニュースを目にしない日はありません。これだけ報道されているコロナですが、日本の行政機関からの情報やマスコミ報道を整理していくと、いくつもの疑問がわいてきます。例えば、統計データについてですが、右の表は米国ジョンズ・ホプキンズ大学の感染者数の集計データを基に、主だった国をピックアップしたものです。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 文化 | 記事

離婚、子供の親権、および米国刑法

米国における多くの結婚は国際的、つまり、夫と妻の国籍が異なっています。そして、これらの国際結婚の多くは、結果的に一人あるいはそれ以上何人かの子供をもたらします。時には残念なことに、子供が1人以上いる国際結婚において最終的に離婚を決断する夫婦もいます。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 法律、規則 | 記事

ワンチームが組織をダメにする:一致団結の罠

本日(2月25日)時点では、元日産会長のカルロス・ゴーン被告による「日本の司法は中国や北朝鮮と同じ」という糾弾に続いて、日本が国際社会で叩かれています。新型コロナウイルスがまん延するクルーズ船に乗客乗員を閉じ込めたことに加え、二次感染者が出るなどあきらかに感染対策が失敗しているにもかかわらず乗客たちを下船させ、公共交通機関で自宅や本国へ帰したことで、「日本には防疫の概念がないのか」、「犯罪行為だ」とまで言われています。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 人材 | 文化

アメリカは転職社会?

仕事を探しにくる人の中には、ご配偶者がまた数年後に転勤になることがわかっていて、3-4年勤務できる仕事を探している方もいます。数年しか働けないことをわかっているのなら代わりのたくさんいるエントリーレベルのポジションに付くならともかく、責任のあるポジションにつくのは難しいです。もちろん、医者や弁護士などの専門職で、ほぼフリーランスで働くつもりなら話は別です。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 文化

子供の面倒をみながら在宅勤務で働きたい

時々、「在宅勤務」で働きたい、という方が仕事を探しにきます。多くの場合、お子さんの面倒をみながら家で働きたいとか、お子さんが小さい時には家にいたい、という方です。もちろん、フリーランスで翻訳やプログラムの仕事を在宅で引き受ける場合には、勤務時間も仕事場所も好きなようにできますが、組織の一部・会社のチームの一員として在宅で働きたい場合には、雇用主のルールに従う必要があります。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 記事