台風・ハリケーンの名前

今年は、日本各地で自然災害が沢山おきましたね。犠牲になられた方々に哀悼の意を述べると共にご冥福をお祈りします。今年9月4日に日本に上陸した台風21号のニュースは、アメリカでも大々的にとりあげられていました。関西で電車を止めたこと、台風が関西空港を直撃し、空港に沢山の人が取り残されたこと、タンカーが空港にぶつかったことなど、生々しい映像と共に、テレビで放映されていました。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化

女性の医者とワーク・ライフ・バランス

最近日本で問題になっていたことは、「東京医科大学では、女性が合格しにくいように入学試験の操作が行われていたこと」です。医学部に女性が多くなると、卒業してから大学病院の医局に入った場合、「過重労働と不規則な就業時間、母性を考慮しない風潮などから、勤務医の仕事は過酷で、特に家庭を持つ女性にとって適合性が低い。」ためだそうです。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 文化 | 記事

校歌と応援歌

日本の高校や大学には校歌があり、入学式や卒業式では校歌を歌います。私の行った日本の大学にはスポーツの応援歌もあり、スポーツの試合の時には学生が応援歌を歌い、盛り上がっていました。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 記事

プライバシーと18歳成人

その日のうちに、いつものかかりつけの医院から、「お誕生日おめでとうございます。息子さんは18歳になりました。今後は、ご両親は息子さんの医療記録を見ることはできなくなります。インターネットで閲覧できるのは会計のインフォメーションだけになります。」というメールが届きました。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 法律、規則

スポーツ・チームのマスコットと人種差別

2007年NCAA (National Collegiate Athletic Association : 全米大学体育協会) は大学のスポーツチームのマスコットや名前にアメリカ先住民族(アメリカン・インディアン、ネイティブ・アメリカン)の差別的なイメージを使用することを禁止しました。それと同時に私の大好きだったチーフ・イライナウィク(Chief Illini Week:イライナウィク酋長)はイリノイ大学のマスコットではなくなりました。(出典:”The smart way to dispatch Chief Illini Week”, by Editorial Board, Chicago Tribune, January 30, 2018)

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 法律、規則

求められる人物像、大学受験に見る日米の価値観

大寒波に見舞われた日本の冬。日本では受験シーズンの真っ只中。街には受験にあやかった商品、神社仏閣にはお守りを買い求める保護者の姿があふれ、1月に実施された大学入試センター試験では「ムーミン問題」が取りざたされている。アメリカも同様に冬は受験シーズンといっても良いかもしれない。大学への出願が1月1日を皮切りに概ね3月まで実施されるからだ。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 記事