私のヤクザ物語(Part I)

ヤクザの山口組、住吉会 そして稲川会は、海外にもビジネスを広げようとしています。
けれど、私はアメリカのFBIでは、ヤクザ関係の知識が限られている事に気がつきました。私がFBIにどんな情報を伝えても、その情報はもう把握している、という印象は得られませんでした。動きも限られています。ヤクザは、海外で秘密にかなりうまく活動しています。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 紹介 | 記事

老後破産を避けるためにアメリカの医療費が何故高いかを理解しよう

アメリカの医療費は、世界で特出して高いのは、公然の事実です。国家の大問題です。CIAのリポートにも書かれてあります。アメリカでは自己破産した人の内、約60%以上は医療費が原因で破産していると言われます。そのうち80%以上が民間の医療保険に加入していたと言われています。医療費が原因で老後破産しています。何故なのでしょうか?

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 文化 | 法律、規則 | 紹介

『青い目の債権取り立て屋奮闘記』 

債権取り立てとか債権回収と言う言葉は、私のように30年も前に日本を去った者にとってはピンときません。言葉は悪いですが、借金取りなら聞いたことがあります。私の両親の世代では、「○○さんとこは、借金取りが来るので、夜逃げしたらしい」ということも珍しくなかったようです。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 紹介

カーロック・ブック・カフェの歩み

カーロック・ブック・カフェ(A Japanese Library & Cyber Café)はイリノイ州カーロック市(ブルーミントン・ノーマル市の北西10マイル)にある私設日本語図書室(Japanese Library)と日本文化を紹介するウェッブサイト(Cyber Café) のから成ります。図書室は自宅の地下室に設けてあります。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 紹介

なぜ? 北朝鮮でクーデターが起こらないこれだけの理由

いつクーデターや反政府デモが起きても不思議ではない状態だと思われるのですが、不思議とこれまでただの一度も発生したことがありません。コリア・レポートの編集長を務める辺真一さんはこれを、洗脳教育などによる国家統制と軍人が闊歩する先軍政治によるところが多いと分析します。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 法律、規則 | 紹介 | 記事

集団的自衛権で「海外の戦争に加われる」だって?

3月8日、朝日新聞朝刊3面の記事を読みながら、違和感を覚えずにはいられませんでした。まるで革新政党の機関紙を読んでいるような表現にぶつかったからです。いくら「商業左翼主義」で売上を伸ばしてきたといっても、「天下の朝日新聞」です。これはまずいと思いましたので、ちょっと書いておきます。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 文化

役人天国は終わらない ー お金ばかりかける無駄な海外出張

先日、政府の会合で声を荒げそうになったことがありました。2020年の東京オリンピック・パラリンピックについて、東京都と東京消防庁の担当者が、それぞれに前回の開催地ロンドンを視察した報告をしたのですが、税金の無駄遣いを画に描いたような出張だったからです。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 文化 | 紹介 | 記事