私のヤクザ物語(Part II)

2013年というその次の年の事です。5月でした。Phoenixとの面接の日が決まっていました。かなり美人の若い探偵も準備しました。彼女とは、スカイプでも、また直接でも面接しました。けれども、この調査の件には関係のない、個人的な恋愛関係が壊れてしまい、不安定になって、調査の継続が出来そうにありませんでした。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 紹介 | 記事

日本とアメリカの保育園の費用と状況について思うこと

「保育園落ちた日本死ね!!」という書き込みが日本で先ごろ話題になったそうですね。たしかに、私の住んでいるシカゴ郊外では、子供を預けるところはたくさんあります。日本のように、保育園に入れるよう対策をする、とか入りやすい場所に引っ越す、ということをしなくても、基本的にどこかしら預けるところはみつかります。でも、日本のように保育料が安くないのも事実です。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 紹介 | 記事

私のヤクザ物語(Part I)

ヤクザの山口組、住吉会 そして稲川会は、海外にもビジネスを広げようとしています。
けれど、私はアメリカのFBIでは、ヤクザ関係の知識が限られている事に気がつきました。私がFBIにどんな情報を伝えても、その情報はもう把握している、という印象は得られませんでした。動きも限られています。ヤクザは、海外で秘密にかなりうまく活動しています。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 紹介 | 記事

老後破産を避けるためにアメリカの医療費が何故高いかを理解しよう

アメリカの医療費は、世界で特出して高いのは、公然の事実です。国家の大問題です。CIAのリポートにも書かれてあります。アメリカでは自己破産した人の内、約60%以上は医療費が原因で破産していると言われます。そのうち80%以上が民間の医療保険に加入していたと言われています。医療費が原因で老後破産しています。何故なのでしょうか?

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 文化 | 法律、規則 | 紹介

『青い目の債権取り立て屋奮闘記』 

債権取り立てとか債権回収と言う言葉は、私のように30年も前に日本を去った者にとってはピンときません。言葉は悪いですが、借金取りなら聞いたことがあります。私の両親の世代では、「○○さんとこは、借金取りが来るので、夜逃げしたらしい」ということも珍しくなかったようです。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 紹介

カーロック・ブック・カフェの歩み

カーロック・ブック・カフェ(A Japanese Library & Cyber Café)はイリノイ州カーロック市(ブルーミントン・ノーマル市の北西10マイル)にある私設日本語図書室(Japanese Library)と日本文化を紹介するウェッブサイト(Cyber Café) のから成ります。図書室は自宅の地下室に設けてあります。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 紹介