貴方の州の肥満度は?

非営利団体Trust for America’s HealthとRobert Wood Johnson Foundationによる最新レポートによると、過去30年間毎年上昇を続けていた肥満率は、49州(アーカンソー州以外の全州)で前年からほぼ横ばいと、改善の兆候をみせた。(1) しかしながら、現在、米国の成人の約7割が肥満又は過体重(※)であり、まだまだ肥満は深刻な社会問題である。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 文化 | 紹介 | 記事

Why You Should Leverage a Japanese / Japanese-American Relationship

With the devastating Tohuku earthquake and tsunami in March of 2011, we witnessed an outpouring of relief funds for Japan from a wide variety of organizations, among them, virtually every Japanese American group in the country. Similarly, with the Great Hanshin earthquake in 1995 in the Kobe region, support came from hundreds of Japanese American organizations.

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 紹介 | 記事

ロールモデル”って何?

アメリカにある日本企業では、新しく赴任した社長が現地採用スタッフのスキルと将来性を評価していた。新社長が特に気になったのは、長く勤務しているアメリカ人従業員だ。10年以上勤務にもかかわらず、その従業員はこの時点ではこれくらいのレベルだろう、というキャリアまで達していなかった。

Category: 人材 | 文化 | 紹介 | 記事

医療マリワナの解禁続く

つい先ごろ、イリノイ州も医療用マリワナ(大麻)の使用を認める州になった。全米で20番目だというから、ほぼ中間に位置することになる。しかし、1996年に最初に合法化されたカリフォルニア州をはじめ、医療用マリワナを認める州の殆どはアメリカの東部西部の州であった。イリノイ州は、中西部ではミシガン州の2008年に続くものとなった。

Category: 文化 | 法律、規則 | 紹介 | 記事

目標設定の違い:日本 vs. アメリカ

アメリカ国内での日本企業の営業においては、目標設定を巡って日本人とアメリカ人のマネージャーの間で多くの摩擦が存在する。例えば、とある企業の年間計画に、7パーセントの純利益率と売上の15パーセント増加というかなり困難なものが含まれていたとする。アメリカ人のマネージャーはこれを見て大きく取り乱し、日本人役員たちにこう言う、「こんな目標は達成できない! 不可能だ!」と。彼らは現実味を感じられない目標設定に対して強いストレスを感じる。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 文化 | 紹介 | 記事

日本企業が女性に活躍の場を与えられるか?

アメリカ企業が最近日本企業に買収された。アメリカでは一般的であるようにそのアメリカ企業では、マネージャーレベルも含めて多くの女性が重要な役割を担っていた。買収後、何人かのこの企業の女性達は心配し始めた。彼女達は、日本では女性はアメリカほど職場で同等ではないと聞き及んでいたし、日本のビジネスカルチャーに関する文献を読むと、日本人は女性より男性と働きたがると示唆してあった。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 文化 | 紹介 | 記事

アメリカ合衆国への移民及び移民法改訂について考える

アメリカ合衆国は常々移民の国と呼ばれています。アメリカに安住の地を求め、挑戦・希望・そして夢を抱きやって来る移民達は、同時に色々な問題も引き起こして行きます。今回は、多人種・多文化を背景に様々な人が住むシカゴ在住の大春氏に移民に関する話題をインタヴューしてみました。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 文化 | 紹介 | 記事 | 質問と回答

メディケア制度を理解する講座 ―(1)

メディケア制度とは、アメリカの高齢者用の保険制度で、連邦政府が管理をしています。アメリカは、先進国で唯一国民皆保険制度がない国です。つまり、日本のように健康保険制度が国民全員に適用される制度がないわけです。そんななかで、高齢者用の保険として連邦政府が管理しているのがメディケア制度というものです。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・テクノロジー | 文化 | 法律、規則 | 紹介 | 記事

気ずかずに差別発言をしていませんか?

気づかずに差別発言をしていませんか?ある在米日系企業で、日本人従業員が本社から訪問し、数名のアメリカ人の同僚とそのクライアントの担当者たちと会議をする場面があった。会議の会話の中で日本人従業員は差別的な形容詞として「ゲイ」という言葉を使っていた。アメリカ人の同僚は皆、不快に感じ、クライアントの一人は明らかに腹を立てていた。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 文化 | 紹介 | 記事

アメリカのヘルスケアーシステムについての個人的な見解

アメリカでは国の健康保険システム、所謂オバマ・ケアーが2014年に導入されることになっていてます。この新しいシステムの目的は、保険契約前に発病(pre-existing health condition)または他の要因で保険に入いることができない人を含む殆ど全てのアメリカ人に少ない料金で健康保険を提供しようというものです。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 紹介