米国人事管理において必ず知っておくべき肯定的強化

米国に進出した日本企業で働く米国人の人事マネジャーは、日本人駐在員マネジャーによる管理方法を気にかけている。「米国では、正の強化(Positive reinforcement)が重要である。しかし、日本人マネジャーはこれができないようだ。」日本人マネジャーはこのフレーズを聞くにつけ戸惑ってしまう。彼らはこの言葉に馴染みがないからである。正の強化とは何か。米国人従業員を管理するのに、これがないとなぜ問題となるのか。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 文化 | 紹介 | 記事

アメリカ社会が困惑している銃の現況について大春敬氏が語る

多くの人種が渦巻くアメリカは、他の先進諸国と比較し常に複雑かつ多用性の高い社会を形成して来ました。それが故未だに「アメリカンド リーム」を夢見て、世界各国からの移民が絶えない。その一方で、昨今銃による犯罪やテロ行為が多発し多くの犠牲者を出している中、アメリ カ国内で犯罪率が高いとされるシカゴ地区在住邦人大春敬さんに、銃犯罪に関して地元での経験を踏まえた見解をお聞きしました。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 紹介 | 質問と回答

グローバル環境で交渉を成功する方法

「交渉」という言葉を聞いたとき、多くの人は会議室の片側に会社の代表が並び、大きなテーブルを挟んだ反対側に相手会社の代表が並んでいる、というイメージを思い浮かべるでしょう。こういった場面ももちろん交渉ですが、これが交渉の全てではありません。交渉の広い定義とは、「違った立場、考え方、ニーズや関心事を持った二方(会社、部署、個人など)が、まだ決まっていない事柄に関して、両者の目的や希望を満たす解決策を探る作業」と言えます。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 文化 | 紹介 | 記事

ダニエル・ゴールマンによる「6つのリーダーシップスタイル」

リーダーシップには、様々なスタイルが存在します。状況によって、適切なスタイルは変わりますが、人にはそれぞれその人が持つ性格がありますので、自分はこのスタイルに向いている。このスタイルであれば自分らしいリーダーシップを発揮することができるということを理解しておくことがリーダーシップ力を高める上で重要です。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 人材 | 文化 | 紹介

日本人から常日頃良く聞かれる質問に、

「どうしたらアメリカ社会に馴染めるのでしょうか?」というのがあります。渡米19年、自身の体験にもとづき、あくまでも私見の域を出ませんが、アメリカ社会に馴染みやすくなる『五倫書』を紹介します。武蔵の『五輪書』から文字り、『五倫書』としました。『倫』は元来『なかま』を意味する言葉だそうです。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 紹介

日本の大家さん、アメリカのLandlord。どういうリスクをすべきか

日本では、熊さん八っつぁんの時代から店子にとって大家さんとの良好な関係は、非常に有効なリスクマネジメントであるとされて来た。 「大家さんに目の敵にされたら長屋を放り出されちまう。」、「大家さんに気に入ってさえいられれば、家賃が滞納しても大目に見てもらえんだよ。」と言った風に。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 文化 | 法律、規則 | 紹介 | 記事