なぜ日本企業は海外会社のガバナンスに弱いのか

世界のメジャー・プレイヤーの大手企業は、現地の経営者にSpeedyなAccountabilityを強く求める場合が多い。それで、毎週一回必ず電話会議で経営のDetailをすみずみまで議論して、フォローする。またマニュアルを作って、それ通りに全世界一律に運営しようとします。日本の従業員等は、大変窮屈な経営に感じがちです。また、経営者が、”Flying Executive”となっており飛行機で世界を駆けまわり大変忙しい。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 文化 | 紹介

女性ライダーに注目 〜 業績不振の2輪車業界

ロサンゼルス・タイムズによると、業界では最近、背の低いライダー用の軽量モデルを造っている中小メーカーの多くが販売を大きく増して おり、特に女性の購入者が増えている。米国2輪車工業会(MIC)によると、女性ライダーは構成比わずか11%だが、台湾メーカーの SYMでは車重266ポンドの「ウルフ・クラシック」(2999ドル)を購入するライダーの80%が女性。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 文化 | 記事

グローバル化する時代に必要とされる日本の教育の在り方

先月6月23日/24日二日間、宮城県女川町と岩手県釜石市にて、シカゴ日本商工会議所主催 “シカゴデー in 東北” チャリティーイベントが行われた。シカゴ日本商工会議所が運営する基金団体は、毎年アメリカ人教師を日本に派遣をし文化交流/研 修を行なっているが、今年は参加者の希望もあり被災地の小学校を訪問する事になり、その日程に併せて先述の二つの地域で、シカゴグッズの 配布/シカゴホットドックの提供/そして小錦バンドとジョロのミニコンサートを行 なった。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化