出生地主義と血統主義

日本は国籍を与えるのは、血統主義を取っており、子供の親のすくなくも片方が日本国籍を持っている場合に、子供は日本国籍を取得できます。一方アメリカは、出生地主義を取っており、アメリカで生まれさえすれば、親がアメリカの市民権をもっていなくてもアメリカの市民権を取得することができます。これは、1868年に採択されたアメリカ合衆国憲法修正第14条で決まっています。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 法律、規則

統計やアンケートの嘘

先月に続いて、東洋経済(今回は東洋経済ON LINE)の記事に触発されて書いています。「300万人男余りでも女性が婚活で苦労する背景」という記事です。興味深かったのは婚活や未婚率の話ではなく、この記事の中で触れている統計データの読み取り方についてです。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則

アメリカ人になるか、永住権者のままか-選択のポイント

私は1982年にF-1ビザで米国に来ました。H-1ビザで仕事をした後、グリーンカードを取得後2006年ごろに米国籍を取得しました。今回は、米国籍を取得するのか、永住権者のままでいるのが良いのかについて、私の個人的な考慮ポイントご説明します。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則

カルロス・ゴーンの逮捕がアメリカ人にもたらした日米の保釈法に関する教訓

保釈金は、刑事裁判が終了するまで身柄の拘束を解いてもらうために、保留中の被告人が政府 に支払うお金です。米国や日本をはじめ世界中の多くの国の法律によって、犯罪被告人は保釈 金を支払うことにより公判前の釈放を許可されています。しかし、国内での自由と法の支配を 保証する国家間での、公正な保釈法というものの解釈は大きく異なっています。そして、昨年 の日本での日産のカルロス・ゴーンの長期拘禁によって、多くのアメリカ人には日本の保釈法 が米国の保釈法と如何に異なるかが明らかになりました。

Category: ステラ・リスクのレポート | 法律、規則 | 紹介 | 記事

アメリカの個人年金(IRA)・企業年金プランと節税

節税は資産形成と同じで長期展望を持って計画しましょう。ですが個人退職金・年金プランでの毎年の節税も重要です。IRAは本来企業年金制度に加入できない自営業者や中小企業社員のためのプランでしたが、現在は銀行や証券会社などの金融機関の窓口、もしくはウェブサイトでも開設できます。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・テクノロジー | 法律、規則

労働許可とソーシャル・セキュリティー番号があればどこでも働けるの?

弊社にお仕事を探しにいらっしゃる方は、いろいろなビザを持っている方がいらっしゃいます。アメリカの市民権や永住権(グリーンカード)を持っていらっしゃる方はアメリカで働くことは全く問題がありませんし、学生ビザなどの方が、ビザ・サポートがないと働けないことはご本人も承知しているようですが、中にはいろいろ勘違いされている方もいらっしゃるようです。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人情報泥棒、詐欺 | 法律、規則 | 記事

気を付けなければならない米国駐在員及び出張者の税務(1)

1.米国税法 – 当該年度に183日以上滞在していること、もしくは当該年度を含む過去3年間での実質滞在テストで183日を超える場合は居住者と見做され、当該年度の入国日からの全世界での収入が米国で課税対象となります。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

WEP (棚ぼた規定)でソーシャルセキュリティが減額される制度を知る

WEPとはWindfall Elimination Provisionの略です。日本での年金受給をソーシャルセキュリティ(以下“SS”)の申し込みの際に報告すると通常もらえるはずのソーシャルセキュリティの金額が減額されてしまうアメリカの制度です。減額の額は海外の年金額の50%を超えないようにと規定されておりますので、毎月数百ドルくらい減額されるようです。(この5割までの制限をWEP Guarantee Provisionと呼びます。)WEPはSS受給の申し込みの際に海外の年金をもらっているかと聞かれ、その年金の内容を話し、証拠書類を出してWEPが適用されるか否かが判定されます。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則