アメリカでのビザと結婚

今年の1月に私はアメリカの市民権を取得しました。1990年8月に学生としてF-1ビザ(学生ビザ)でアメリカに来て、学校を卒業後、オプティカル・トレーニング(OPT)、H1-B(労働ビザ)、永住権(グリーンカード)とビザも私と共に進化していきました。その中で、一番手続きが面倒で、時間がかかったのは、永住権を申請した時だったと思います。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 文化 | 法律、規則

海外資産が捕捉される世界的な仕組みが完成予定

CRSは、「世界レベルの金融情報の共通化」あるいは「自動的な情報交換制度」とも言えます。CRSは、米国独自のルールに影響を受けた経済開発協力機構(OECD)が提唱し、G20首脳会談で承認された、国際的な取り決めだそうです。スイス、シンガポール、香港、中国、インドなどの各国も、もちろん加入しております。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

トランプ政権の税制改革は本当に公平な減税なのか

トランプ政権の目玉であった大幅減税を目指した税制改革案(The Tax Cuts and Jobs Act (H.R. 1))がいろいろな調整の末にようやく成立致しました。2018年1月1日から適用されますので概要を下記に説明させていただきます。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

年齢差別禁止法とソーシャル・セキュリティー年金

アメリカには年金が大きく分けて3種類あります。企業年金であるペンション、401Kプランに代表される個人年金、そして、国と企業が積み立てているソーシャル・セキュリティー年金です。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 文化 | 法律、規則 | 記事

日本から相続や贈与を受けると「余計」に税金がかかる?

あなたが米国の居住者であり、日本でお亡くなりになったお父さんやお母さんが、一億円以上の有価証券などを保有していた場合は、相続時に相続した証券の含み益に、日本の所得税が課せられる制度があります。今回は、このポイントについて前回に加えてもう少し詳しく説明します。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

大学のキャンパスに銃持ち込み可能?

2017年10月1日に死者は58人、重軽傷者が546人にものぼる乱射事件がネバダ州ラスベガスでおきました。そのわずか1ヶ月後、テキサスの小さい町のキリスト教会で乱射が起こり、死者は26人、重軽傷者は20人にのぼりました。怪我をされた方のご回復と亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 法律、規則 | 記事

日本の住民票を抜いたら、巨額な税金がかかる?

米国にいながら、日本に住民票がある人は多いはずです。日本の医療制度を利用するときに住民票を持っていると便利という話はよく聞きますね。それも理由の一つでしょう。今回は、住民票を持っていることが税務上でネガティブなインパクトになるお話しを紹介します。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 米国の移民

トランプ政権 税制改革計画の行方(2)

4月26日に発表された税制改革計画の政府案の概要は、法人については法人税率の35%から15%への引き下げ、全世界所得課税制度から源泉地国課税制度への変換、既存海外留保利益の一度のみの本国還流課税等でした。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

反トラスト及び競争法

司法省(DOJ)は反トラスト局リニエンシー制度に関するよくある質問への回答を見直した。米国司法省のリニエンシー制度は企業や個人が反トラスト局の捜査に対し自己申告や協力を行うことで刑事上の有罪判決や罰金、実刑を免れる機会を与える制度である。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事