米国贈与税は払わなくて良い

米国税務と日本の税務で大きく違うのは、米国では贈与をする側、つまり贈与者が贈与税の申告と贈与税の支払いの義務があります。日本は逆で受贈者にこれらの義務があります。このポイントは忘れないでください。次のポイントは、殆どの人が贈与税の支払いをしない点です。こちらは生涯非課税枠があるからです。このポイントは後述します。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人・金融アドバイス | 法律、規則

管理職は全員エグゼンプトですか?

今年2月、イリノイ州では最大手スーパーマーケットのJewel-Oscoで集団訴訟がおこりました。この先、さらに多くの従業員が訴訟に加わる可能性もあります。訴訟理由は、副支店長(Assistant Store Director)として雇っている従業員の仕事内容は、エグゼンプトの内容に値しない、従って、残業をした分については、Jewel-Osco側に支払い義務が生じる、ということです。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則

日本本社と米国子会社の税務調査を避けるために

日本の本社から米国子会社に出向する社員に対し、本社が負担した費用は米国子会社からきちんと全額回収しなければ、日米それぞれで税務上の問題が発生します。確定申告のシーズンとなりましたので、今回はその問題点を掘り下げてみたいと思います。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則

クロスボーダーの離婚慰謝料を取り戻す

米国からのAlimonyの支払いで30%引かれたままになっている人がいないでしょうか? そんな人は、1040NRをファイルすることで、全額は戻りませんが、ある程度の税金が戻ってきます。今回は、この仕組みについて説明したいと思います。いくつかのステップがありますので、注意して読んでください。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人・金融アドバイス | 法律、規則

バイデン大統領で大きく変わる税制!!

バイデン新大統領は大統領選で高額所得者と法人への増税による中所得者層への減税とインフラ投資を目玉とする税制改革案を提示していました。民主党が下院での過半数を維持し、上院でも半数を確保したことにより、2021年度からの税制はほぼこの改革案通りとなることが予想されますので、主な改革点を幾つか紹介させていただきます。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人・金融アドバイス | 法律、規則

あなたの401(k)の手数料はいかに?

2009年の金融恐慌以降、投資にかかる手数料は全体的に減少してきています。10年以上前は大変に手数料の高い401(k)プログラムもたくさん存在し、また手数料開示を義務付ける法律もなかったこともあり、いったいどのくらいの手数料を払っているのか、401(k)プラン参加者には見えない部分もたくさんありました。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人・金融アドバイス | 法律、規則

知って得する日米の相続・贈与(3)

子供のために口座を開設するには親の身分証と子供の保険証・印鑑、そして最初に預金する現金があれば可能です。この口座は子供がもらったお年玉やお祝い金などを貯蓄したり、子供の学校費用などを積み立てたり、将来子供にある程度まとまったお金を渡すために使われることが多いと思いますが、きちんと処理していないとやっかいな問題が生じます。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人・金融アドバイス | 法律、規則

商用あるいは投資用不動産のキャピタルゲインを繰延する方法

例えば、上記のAがコストが$250,000として、$300,000の市場価値があるときに、販売したら$50,000のキャピタルゲインが生じます。課税対象のゲインです。このゲインを繰延つまり先延ばしにする方法を説明します。なお不動産は商用あるいは投資用不動産に限られます

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

出国税を理解するー上級編

1、 税率は何パーセントになるのですか? 二種類あります。資産のみなしゲインにかかる税率はキャピタルゲインのレートを使います。キャピタルゲインは、ゲインの性質により率が変わります。IRAなどにかかる税率は通常の所得の税率いわゆるOrdinary Income Tax Rateを使います。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人・金融アドバイス | 法律、規則