取引先への贈答品に関する米国税金ルール

1. 贈答品として贈る品物の金額は全額損金として税務上認められますか?同じ贈答品でも、一個人に贈る場合と、会社に贈る場合とで税務上の損金取り扱いが異なります。一個人に贈る場合は、一人につき年間$25までが損金として認められますが、$25を超えた金額は損金には認められません。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

海外金融資産:絶対に犯してはいけない4つのタブー

いよいよ2014年の海外銀行口座の報告の締切日の6月30日まで3ヶ月になりました。今回は、海外金融資産のリポーティングに関して絶対に犯してはいけないタブーとして、あらたに昔の記事に新情報を加えて、4つのポイントを選んで書いてみました。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

増田舟井リーガルQ&A 2/2015

Q: 路上で警察から停車を指示された場合、どうすればよいのでしょうか? A: 警察に協力し、警察を脅かすような行為は決してしないでください。車内で座席した常態を保ち、車外に出て警察へ向かって歩くようなことはしてはいけません。警察が車窓に近づいてきたら、警察から見えるよう、両手をハンドルに置いてください。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 紹介 | 記事

増田舟井リーガルQ&A 1/2015

Q: 労働組合について。労働組合に関する米国政府の新しい規制とはどのようなものですか? A: 従業員は共同して、労働組合が従業員を代表すべきかどうかを選挙によって決定するよう、政府に求める権利があります。労働組合は、従業員を代表して、従業員の賃金、労働時間および労働条件について、会社の経営幹部と交渉します。

Category: ステラ・リスクのレポート | 法律、規則 | 紹介

増田舟井リーガルQ&A – 12/2014

Q: 最近、私はフェイスブックの書き込みが原因で解雇されてしまいました。私の上司であるマネージャーが職場でスタッフをどのように扱っているかについてコメントしたのです。上司の名前を出すべきではなかったのでしょうが、彼には私を解雇する権利はありますか?

Category: ステラ・リスクのレポート | 法律、規則