違法在住外国人の子供に朗報か?

アメリカには多くの違法在住外国人がいる。景気停滞を反映して一時期ほどでないとはいえ、外国人が多く住むエリアには、昭和の日本で「手配師」と呼ばれた、日雇い斡旋業者のワゴン車の集まる場所がある。彼らの存在、或いはそうした雇用が合法か非合法かを問う人々もあれば、アメリカという国の建国理念に立ち返って、あくまでもアメリカは世界中の人々の救いの場であろうと唱える人々もある。

Category: ステラ・リスクのレポート | 法律、規則 | 米国の移民 | 紹介

日本国籍離脱で、海外資産への日本の相続税・贈与税を避けられる?

昨今のニュースを見ると日本の消費税もどうやら10%になりそうである。多くの方が指摘するように、人口の高齢化にともない日本がさらに税金の高い国になることは間違いない。前回は、税金亡命の話を書いたが、今回は、日本の相続・贈与税を逃れる方策を考慮してみたい。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 紹介

税金亡命(タックスエグザイル)を考える

つい最近、フェイスブックの創立者の一人であるEduardo Saverin氏が、フェイスブックのIPOをする前に、アメリカの国籍を放棄したというニュースが流れた。ブラジルで生まれて、シンガポールの居住者であるSaverin氏は、フェイスブックの4%の株を保持しているという。彼の動機は、税金亡命だというのがもっぱらのうわさである。今回は、そんなこともあり、アメリカからの税金亡命について説明したい。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則

従業員再分類、両刃の剣/IRSのコントラクター不正活用監査強化で

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、雇用者はこのほど公表されたIRSのプログラムの下、コントラクターを再分類し、過去の未払い給与税を少額の支払いで済ませることができるようになった。IRSでは、より緩い組織構造と少ない人員を擁する中小企業が、新プログラムに対する応募者の大半を占めると予想している。IRSはまた、今後は従業員の誤分類に対して一層目を光らせる方針を明らかにしている。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則

社則への指摘/就業規則に入れるべき項目、入れてはいけない項目

最新事項を盛り込み、入念に作成された就業規則は、企業の権利を守り、潜在的な責任を軽減する有効なツールである。しかし、不適切な規則を掲載した就業規則は、あなたの企業の足を引っ張る可能性さえはらんでいる。企業の就業規則を最大限に有効な存在にするために、入れるべき項目、入れてはいけない項目について整理してみよう。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 法律、規則

特許法と独禁法に揺さぶられる大手

独占禁止法は独占行為に対し厳しく当たるが、特許法は発明者に独占を認めている。ウォール・ストリート・ジャーナルによると、特許法と独禁法の衝突は、法学者の間では長年の論点だが、携行型情報端末業界においてはまさに時の争点となっており、ハイテク各社が自社を有利にすべく米司法省に圧力をかけ始めた。

Category: ステラ・リスクのレポート | 法律、規則

大企業の多くが納税額ゼロ

ロサンゼルス・タイムズによると、調査はいずれも革新系の団体「公平な税制を求める市民の会」(CTJ)と「課税および経済政策研究所」(ITEP)が共同で行い、フォーチュン500社のうち2008〜10年に毎年利益を出した280社を対象に法人税の納税_額を調べた。3年間に支払われた法人税額を平均すると、利益の18.5%だったという。

Category: ステラ・リスクのレポート | 法律、規則 | 記事

アメリカの最近の税法改定ー2012年にはどう変わるのか?

年の瀬も押し詰まる2011年12月ですが、2012年に変わる税法のなかで、2011年と比較した上で、重要だと思われるものを4つほど選びましたので、説明します。ただ、2012年は、大統領選挙の年であり、さらに新たな税法の変更が起きる可能性が高いと言えます。以下は、現時点での情報であることを認識された上でお読みください。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則

Eベリファイ使用を最高裁が義務付け

2011年5月26日、最高裁はアリゾナ州のLegal Arizona Workers Act(アリゾナ労働者法、LAWA)を5対3で支持した。同法は州内の雇用者に、オンラインで就労資格を確認できるEベリファイプログラムへの参加を義務付ける。また州の上位裁判所に、就労許可がないと知りながら移民を雇用した企業の営業許可取り消しを認めている。

Category: ステラ・リスクのレポート | 法律、規則