日本の親から贈与を受けたときに、注意しないといけないこと

今後は、相続税や、贈与税のことを書いてみたいと思います。この分野は、本当に複雑で、書くのも大変ですし、理解するのも大変です。あくまで一般論としてお読みください。個別のケースは必ず専門家に相談してください。この文章は、あくまで皆さんの注意を喚起するのが目的です。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 紹介

日本の年金をもらうとソーシャル・セキュリティが減額される?

最近、増えている問い合わせがあります。それは、米国年金の需給手続きをしているときに、気がつき、減額されることに憤慨される方からです。これについて、少し調べてみましたので、今回はこの規定を説明します。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 米国の移民

アメリカ人の配偶者が亡くなった場合

遺言とは、ご自身が死亡した場合に、不動産、銀行預金、株といった「財産」を誰が受け取るかを予め定めた書類です。「遺言」がない場合は、共同名義の財産や受取人のいる財産は、大丈夫ですが、それ以外のものについては、遺言状がない場合、州の法定相続(Intestacy Statute)によって分配されます。ここで大きな問題が生ずる可能性があります。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 紹介

違法在住外国人の子供に朗報か?

アメリカには多くの違法在住外国人がいる。景気停滞を反映して一時期ほどでないとはいえ、外国人が多く住むエリアには、昭和の日本で「手配師」と呼ばれた、日雇い斡旋業者のワゴン車の集まる場所がある。彼らの存在、或いはそうした雇用が合法か非合法かを問う人々もあれば、アメリカという国の建国理念に立ち返って、あくまでもアメリカは世界中の人々の救いの場であろうと唱える人々もある。

Category: ステラ・リスクのレポート | 法律、規則 | 米国の移民 | 紹介

日本国籍離脱で、海外資産への日本の相続税・贈与税を避けられる?

昨今のニュースを見ると日本の消費税もどうやら10%になりそうである。多くの方が指摘するように、人口の高齢化にともない日本がさらに税金の高い国になることは間違いない。前回は、税金亡命の話を書いたが、今回は、日本の相続・贈与税を逃れる方策を考慮してみたい。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 紹介

税金亡命(タックスエグザイル)を考える

つい最近、フェイスブックの創立者の一人であるEduardo Saverin氏が、フェイスブックのIPOをする前に、アメリカの国籍を放棄したというニュースが流れた。ブラジルで生まれて、シンガポールの居住者であるSaverin氏は、フェイスブックの4%の株を保持しているという。彼の動機は、税金亡命だというのがもっぱらのうわさである。今回は、そんなこともあり、アメリカからの税金亡命について説明したい。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則

従業員再分類、両刃の剣/IRSのコントラクター不正活用監査強化で

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、雇用者はこのほど公表されたIRSのプログラムの下、コントラクターを再分類し、過去の未払い給与税を少額の支払いで済ませることができるようになった。IRSでは、より緩い組織構造と少ない人員を擁する中小企業が、新プログラムに対する応募者の大半を占めると予想している。IRSはまた、今後は従業員の誤分類に対して一層目を光らせる方針を明らかにしている。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則