大学のキャンパスに銃持ち込み可能?

2017年10月1日に死者は58人、重軽傷者が546人にものぼる乱射事件がネバダ州ラスベガスでおきました。そのわずか1ヶ月後、テキサスの小さい町のキリスト教会で乱射が起こり、死者は26人、重軽傷者は20人にのぼりました。怪我をされた方のご回復と亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 法律、規則 | 記事

日本の住民票を抜いたら、巨額な税金がかかる?

米国にいながら、日本に住民票がある人は多いはずです。日本の医療制度を利用するときに住民票を持っていると便利という話はよく聞きますね。それも理由の一つでしょう。今回は、住民票を持っていることが税務上でネガティブなインパクトになるお話しを紹介します。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 米国の移民

トランプ政権 税制改革計画の行方(2)

4月26日に発表された税制改革計画の政府案の概要は、法人については法人税率の35%から15%への引き下げ、全世界所得課税制度から源泉地国課税制度への変換、既存海外留保利益の一度のみの本国還流課税等でした。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

反トラスト及び競争法

司法省(DOJ)は反トラスト局リニエンシー制度に関するよくある質問への回答を見直した。米国司法省のリニエンシー制度は企業や個人が反トラスト局の捜査に対し自己申告や協力を行うことで刑事上の有罪判決や罰金、実刑を免れる機会を与える制度である。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

米国にある財産の贈与及び相続2

お互いに米国市民である配偶者間では婚姻控除により贈与も相続も無制限に非課税です。この婚姻控除は受贈者が米国市民である限り贈与者の国籍は問わず、米国市民、居住外国人、非居住外国人であっても贈与税は掛かりません。ところが受贈者が米国市民でない場合には居住・非居住を問わず2017年度の年間非課税贈与控除枠は

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

リース会計について知っておくべき重要事項

リースはすべて経費で処理できず固定資産として計上すべきリースはご存知でしょうか?また、どのようなリース契約内容の場合に固定資産として記帳することになるのでしょうか?今回は経費として記帳できるリースと固定資産として記帳しなければならないリースにして説明したいと思います。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

年金だけで暮らす60歳以上の無職世帯は毎月3~5万円の赤字

リタイアした後の年金は誰もが期待する収入源ですが、日本では年金支給開始を70歳よりも遅らせる仕組みを検討中とのことです。そんな日本の老後の経済状態がまぐまぐニュースに取り上げられていましたので一部抜粋して紹介します。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

アメリカには赤ちゃんポストはない?-その2

「児童虐待などで親元で暮らせない子どもの受け皿について、厚生労働省は31日、就学前の子どもの75%以上、就学後の50%以上を里親に担ってもらう新たな目標を公表した。いまは複数の里子を受け入れるファミリーホームを含めて2割に届かず、大半が児童養護施設などの施設が担っている。多くの子どもがより家庭に近い状況で暮らせる環境づくりを促す狙いだ。」

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 法律、規則 | 紹介 | 記事

日米GAAPには危険な会計ギャップがある

米国でビジネスをするに際して米国の会計基準を理解しておく必要があります。日本から米国にいらっしゃった方は日米の会計基準の差異に戸惑われたこともあるのではないでしょうか?日本と米国会計基準の差異は解消されてきたと言われてはいますが、まだ完全には解消されていません。ここでは米国にある日系企業の財務諸表においてよく見られる両国の会計基準の主な2つの差異を述べたいと思います。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事