日米GAAPには危険な会計ギャップがある

米国でビジネスをするに際して米国の会計基準を理解しておく必要があります。日本から米国にいらっしゃった方は日米の会計基準の差異に戸惑われたこともあるのではないでしょうか?日本と米国会計基準の差異は解消されてきたと言われてはいますが、まだ完全には解消されていません。ここでは米国にある日系企業の財務諸表においてよく見られる両国の会計基準の主な2つの差異を述べたいと思います。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

トランプ政権 税制改革計画の行方

今年4月26日に発表された税制改革計画の概要は下記の通りでした。法人については法人税率の35%から15%への引き下げ、全世界所得課税制度から源泉地国課税制度への変換、既存海外留保利益の一度のみの本国還流課税等。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 紹介 | 記事

日本の親から贈与を受けたときに、注意しないといけないこと

年間で$100,000(10万ドル)を超える相続や、贈与を海外(米国の非居住者)から受けた場合は、米国の居住者であるあなたは、IRSのフォーム3520を提出する義務があります。また外国企業から、贈与として$15,671以上を受けたときにも、このフォームは該当いたします。またこのフォームは翌年の4月15日までに提出しないといけません。

Category: ステラ・リスクのレポート | 法律、規則 | 記事

皆様はきちんと扶養者控除を申請されてますか?

納税者自身と配偶者に対しては人的控除が認められます。また税法上認められた子供や両親等の扶養家族に対しては扶養者控除が認められます。これらは日本の扶養者控除に相当し、2016年度の人的控除及び扶養者控除額は一人あたり$4,050です。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 紹介

アメリカの市民権も永住権もない子供の教育と就職

アメリカの市民権は出生地主義で与えられるため、たとえ不法移民の子供であれ、旅行者が短期滞在で生まれた子供であれ、アメリカで生まれてさえいれば自動的に市民権が与えられます。生まれてすぐに日本に帰国して、アメリカで一度も教育を受けたことがなくても、市民権を自動的に取り消されることはありません。

Category: ステラ・リスクのレポート | 法律、規則 | 米国の移民

2016年度個人確定申告の準備ガイド

個人の所得確定申告のシーズンが近くなって参りました。日本では源泉徴収と会社の年末調整のみで完了するため、アメリカの確定申告はわずらわしく感じられる方もいらっしゃると思いますが、大切な社会的義務の一つですので準備時間をあらかじめ確保して取り組んで下さい。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則

年度末調整 - 社有車の個人使用に関する税務ルール

会社の社有車を従業員が利用することは一般的です。ビジネス用途以外(プライベート用途)に社有車を利用した場合には、従業員はその恩恵に対して課税されます。具体的には給与所得額に恩恵額が上乗せされ、結果、個人確定申告の際に税額が課される仕組みです。今回は社有車の個人使用に関する税務ルールをQ&A形式で解説します。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事