日本の住民票を抜いたら、巨額な税金がかかる?

米国にいながら、日本に住民票がある人は多いはずです。日本の医療制度を利用するときに住民票を持っていると便利という話はよく聞きますね。それも理由の一つでしょう。今回は、住民票を持っていることが税務上でネガティブなインパクトになるお話しを紹介します。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 米国の移民

アメリカの市民権も永住権もない子供の教育と就職

アメリカの市民権は出生地主義で与えられるため、たとえ不法移民の子供であれ、旅行者が短期滞在で生まれた子供であれ、アメリカで生まれてさえいれば自動的に市民権が与えられます。生まれてすぐに日本に帰国して、アメリカで一度も教育を受けたことがなくても、市民権を自動的に取り消されることはありません。

Category: ステラ・リスクのレポート | 法律、規則 | 米国の移民

あなたの銀行口座は、FATCA法でIRSにリポートされる?

先月,お書き致しましたように、本年7月1日より、いよいよ米国法であるFATCA(外国口座コンプライアンス法)にもとづいた確認手続きが日本の銀行で始まりました。FATCAとは、米国外の銀行口座を利用した租税回避を防ぐための米国の法律です。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 米国の移民 | 紹介

米国永住権を放棄する前に、必ず考慮しないといけない7つのポイント

米国の永住権は、保持している人にいろいろな特典をもたらすのはご存知のことと思います。永住権があれば、ビザなしで入国できます。家の購入のためのローンを申し込むときや、アメリカ政府からの学生ローンを申し込む場合に、永住権がある場合は、非常に有利になります。また永住権があれば、細かい規定はありますが、家族や親類をアメリカに呼ぶこともできます。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 人材 | 法律、規則 | 米国の移民 | 紹介

米国移民法改正の動向~技術系(STEM学位)大卒者に朗報か?

オバマ大統領が就任演説でも触れたため、アメリカ国内のテレビ、ネットでも移民法の改正が話題になっている。米国議会でも、しばらく審議の止まっていた米国移民法の改正案が動き始めた。今回の移民法改正案は、アメリカが今後もあらゆる業種で世界の最先端でい続けるべく、その根本を担う外国人技術者の確保を一つの焦点とする点が注目を集めている。

Category: ステラ・リスクのレポート | 法律、規則 | 米国の移民 | 紹介 | 記事

日本の年金をもらうとソーシャル・セキュリティが減額される?

最近、増えている問い合わせがあります。それは、米国年金の需給手続きをしているときに、気がつき、減額されることに憤慨される方からです。これについて、少し調べてみましたので、今回はこの規定を説明します。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 米国の移民