日本の年金をもらうとソーシャル・セキュリティが減額される?

最近、増えている問い合わせがあります。それは、米国年金の需給手続きをしているときに、気がつき、減額されることに憤慨される方からです。これについて、少し調べてみましたので、今回はこの規定を説明します。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 米国の移民

違法在住外国人の子供に朗報か?

アメリカには多くの違法在住外国人がいる。景気停滞を反映して一時期ほどでないとはいえ、外国人が多く住むエリアには、昭和の日本で「手配師」と呼ばれた、日雇い斡旋業者のワゴン車の集まる場所がある。彼らの存在、或いはそうした雇用が合法か非合法かを問う人々もあれば、アメリカという国の建国理念に立ち返って、あくまでもアメリカは世界中の人々の救いの場であろうと唱える人々もある。

Category: ステラ・リスクのレポート | 法律、規則 | 米国の移民 | 紹介

移民局の注力分野:EB-5(移民投資家)

米国政府は、米国経済の更なる活性化に向けて、小規模ビジネスへの支援を積極的に進めております。先月ホワイトハウスより発表されたStartup America Legislative Agendaは政府の姿勢を示唆する好例といえましょう。その一環として、米国移民局も外資導入による米国経済活性化に力を入れており、先月11日にも、移民投資家用の永住権申請手続きに関する政策ガイドラインの改訂版ドラフトを発表しました。今回は、昨今整備の進む、この移民投資家向け永住権の取得手続きにつき、概観します。

Category: ステラ・リスクのレポート | 米国の移民

米国市民権申請者に見受けられる誤解

米国永住権を保有する外国人の中には、一歩進んで米国市民権の取得を希望される方も多数いらっしゃいます。米国市民権申請手続きに関する情報は多く出回っており、これらの情報は市民権申請を検討されている方には便利と言えましょう。しかしながら、比較的広く流布されている情報の中にも不正確なものが見受けられます。以下にそのような誤った情報の一例を列挙するとともに、正確な情報を記述致します。

Category: ステラ・リスクのレポート | 米国の移民 | 紹介

米国移民局、就労許可証の偽造対策を改善

就労許可証(Employment Authorization Document; EAD)は、米国に滞在する一定の外国人に対して発給される米国における就労許可を証明する重要な証拠書類です。そのため、それに施される偽造対策手段のレベルは、就労許可証の発行を受ける従業者、その真実性を信頼して外国人を雇用する雇用主、また、不法就労を摘発する任務にある法執行機関にとり、大きな関心事となります。

Category: ステラ・リスクのレポート | 米国の移民

米国永住権抽選(Diversity Visa Lottery)当選後の手続き

米国政府は「移民多様化ビザ抽選プログラム(Diversity Visa Lottery)」(以下「永住権抽選」)と呼ばれる米国永住権を抽選により割り当てるプログラムを実施していることは広く知られています。2013会計年度分永住権抽選応募受付は11月5日で締め切られましたが、今年も相当数の方が抽選に応募されたものと推測されます。今年の抽選の結果は来年5月に米国国務省から発表される予定ですが、実際に抽選に当選した場合でも、適切な手続きに従い迅速にビザ申請を行わなければグリーンカードを取得できないというは意外と知られていません。ここでは、永住権当選後のビザ申請手続きを概観することにします。

Category: ステラ・リスクのレポート | 米国の移民 | 紹介

米国永住権の維持と再入国許可証に関するガイドライン

多くの米国永住権保有者は、グリーンカードを取得した時点で、今後は自由に自国と米国の間を旅行したり、自国に引っ越すことができると思いがちです。しかしながら、米国永住権は「法律上の権利」ではなく、取り消し可能な「特典」に過ぎず、永住権保有者はあくまで「外国人」に過ぎません。そのため、永住権保有者は永住権に関する法令についてよく知ると共に、自らの永住権が取り消されることのないよう必要な手段を講じる必要があります。

Category: ステラ・リスクのレポート | 米国の移民 | 紹介