アメリカ人社員にどのくらいの経営情報を開示すべきか?

私は最近ビジネスコーチングを行うファシリテーターから、「経営者は、売上高・マージン・純利益などを含めてどのような情報を従業員に共有するべきか?」のプレゼンテーションを行うように頼まれました。 さらに、この情報を組織全体に伝達するために具体的に使用できるツールについても説明することを依頼されました

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 人材 | 紹介

飲食業は「勝てないビジネスモデル」なのか?

このところ、飲食・接客業に関する相談が増えており、そんな折に某投資会社社長が書いた『飲食業は「勝てないビジネスモデル」である』という記事を読んだので、少しこの点について、私なりの見解を書いてみたいと思います。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 紹介 | 記事

アイリスオーヤマのブルーオーシャン戦略とは?

先日、アイリスオーヤマ株式会社代表取締役社長の大山健太郎氏のお話を伺う機会がありました。ご存知とは思いますが、アイリスオーヤマ株式会社 は、家庭用プラスチック製品の製造・販売を中心に、現在では生活家電やLED照明なども手がけており、グループ全体で年間売り上げ3,400億円、国内工場13か所、海外工場11か所、従業員約9,600人の日本を代表するメーカーにまで成長しています。日本の家電メーカーの凋落振りを考えると、これは驚異的なことです。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 紹介 | 記事

アメリカの多様化について

1990年代、アメリカの人事管理を専攻した留学生だった私が一番理解に苦しんだのは「アファーマティブ・アクション(Affirmative Action:積極的是正措置)」でした。マイノリティー(黒人、ヒスパニック、アジア系、女性など)をマジョリティー(多くの場合は白人男性)の差別をなくすのはもちろん、積極的に雇用機会を与えましょう、というルールです。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 紹介 | 記事

アメリカには赤ちゃんポストはない?-その2

「児童虐待などで親元で暮らせない子どもの受け皿について、厚生労働省は31日、就学前の子どもの75%以上、就学後の50%以上を里親に担ってもらう新たな目標を公表した。いまは複数の里子を受け入れるファミリーホームを含めて2割に届かず、大半が児童養護施設などの施設が担っている。多くの子どもがより家庭に近い状況で暮らせる環境づくりを促す狙いだ。」

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 法律、規則 | 紹介 | 記事

1人100円が200円になれば、売上げは2倍

「金額(単価)」が上がれば当然売上げも上がります。その「金額(単価)」については、「商品単価」と「顧客単価」があると前回申し上げました。「商品単価」の場合は、一つ100円の商品をどうやって200円にするかですが、「顧客単価」の場合は、お客様一人当たりの支払い金額をどうやって100円から200円にするかという視点です。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 紹介 | 記事

トランプ政権 税制改革計画の行方

今年4月26日に発表された税制改革計画の概要は下記の通りでした。法人については法人税率の35%から15%への引き下げ、全世界所得課税制度から源泉地国課税制度への変換、既存海外留保利益の一度のみの本国還流課税等。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 紹介 | 記事