米国永住権抽選(Diversity Visa Lottery)当選後の手続き

米国政府は「移民多様化ビザ抽選プログラム(Diversity Visa Lottery)」(以下「永住権抽選」)と呼ばれる米国永住権を抽選により割り当てるプログラムを実施していることは広く知られています。2013会計年度分永住権抽選応募受付は11月5日で締め切られましたが、今年も相当数の方が抽選に応募されたものと推測されます。今年の抽選の結果は来年5月に米国国務省から発表される予定ですが、実際に抽選に当選した場合でも、適切な手続きに従い迅速にビザ申請を行わなければグリーンカードを取得できないというは意外と知られていません。ここでは、永住権当選後のビザ申請手続きを概観することにします。

Category: ステラ・リスクのレポート | 米国の移民 | 紹介

米国永住権の維持と再入国許可証に関するガイドライン

多くの米国永住権保有者は、グリーンカードを取得した時点で、今後は自由に自国と米国の間を旅行したり、自国に引っ越すことができると思いがちです。しかしながら、米国永住権は「法律上の権利」ではなく、取り消し可能な「特典」に過ぎず、永住権保有者はあくまで「外国人」に過ぎません。そのため、永住権保有者は永住権に関する法令についてよく知ると共に、自らの永住権が取り消されることのないよう必要な手段を講じる必要があります。

Category: ステラ・リスクのレポート | 米国の移民 | 紹介