1人100円が200円になれば、売上げは2倍

「金額(単価)」が上がれば当然売上げも上がります。その「金額(単価)」については、「商品単価」と「顧客単価」があると前回申し上げました。「商品単価」の場合は、一つ100円の商品をどうやって200円にするかですが、「顧客単価」の場合は、お客様一人当たりの支払い金額をどうやって100円から200円にするかという視点です。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 紹介 | 記事

トランプ政権 税制改革計画の行方

今年4月26日に発表された税制改革計画の概要は下記の通りでした。法人については法人税率の35%から15%への引き下げ、全世界所得課税制度から源泉地国課税制度への変換、既存海外留保利益の一度のみの本国還流課税等。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 紹介 | 記事

1つ100円が200円になれば、売上げは2倍

今回は売上の構成要素の中の「金額」について述べてみます。繰り返しになりますが、売上げというものは、お客様の数、数量、金額、受注回数という4つの構成要素の乗数です。単純に考えて、金額(単価)が上がれば、それだけ売り上げ金額が上がるのは当然のことです。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 紹介 | 記事

私のヤクザ物語(Part II)

2013年というその次の年の事です。5月でした。Phoenixとの面接の日が決まっていました。かなり美人の若い探偵も準備しました。彼女とは、スカイプでも、また直接でも面接しました。けれども、この調査の件には関係のない、個人的な恋愛関係が壊れてしまい、不安定になって、調査の継続が出来そうにありませんでした。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 紹介 | 記事

日本とアメリカの保育園の費用と状況について思うこと

「保育園落ちた日本死ね!!」という書き込みが日本で先ごろ話題になったそうですね。たしかに、私の住んでいるシカゴ郊外では、子供を預けるところはたくさんあります。日本のように、保育園に入れるよう対策をする、とか入りやすい場所に引っ越す、ということをしなくても、基本的にどこかしら預けるところはみつかります。でも、日本のように保育料が安くないのも事実です。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 紹介 | 記事

なぜコンサルタントを使用するのか?

コンサルティングというのは非常に幅が広いコンセプトです。特段国家資格があるわけでもないので、他の方の話を聞いて一緒に考える、という作業をするだけで、そこに対価を払う価値があると思う人がいればコンサルティング業務が成立することになります。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 紹介 | 記事