労働許可とソーシャル・セキュリティー番号があればどこでも働けるの?

弊社にお仕事を探しにいらっしゃる方は、いろいろなビザを持っている方がいらっしゃいます。アメリカの市民権や永住権(グリーンカード)を持っていらっしゃる方はアメリカで働くことは全く問題がありませんし、学生ビザなどの方が、ビザ・サポートがないと働けないことはご本人も承知しているようですが、中にはいろいろ勘違いされている方もいらっしゃるようです。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人情報泥棒、詐欺 | 法律、規則 | 記事

Uberやスマホ違約金に見る日本のダメダメ

数日前まで仕事で台北に行っていました。台湾は親日の国であり、文化的にも地勢的にも日本に近い国です。街を歩けば日本でもおなじみのファストフード店やコンビニを多数見かけますし、その店頭やスーパーに並ぶ商品も半数は日本で目にする商品です。実際、英語より日本語が通じるケースが多く、治安も良いので、日本人が初めての海外旅行に選ぶのに適した国でしょう。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 文化 | 記事

気を付けなければならない米国駐在員及び出張者の税務(1)

1.米国税法 – 当該年度に183日以上滞在していること、もしくは当該年度を含む過去3年間での実質滞在テストで183日を超える場合は居住者と見做され、当該年度の入国日からの全世界での収入が米国で課税対象となります。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

働き方改革における有給休暇促進策

つい先日、「わたし、定時で帰ります。」というドラマが、女性に絶大な人気の福山雅治主演「集団左遷!!」を視聴率で上回ったことが話題になりました。吉高由里子演じる主人公が、無理な働き方をして倒れた過去から「定時で帰る」ことを徹底するという、朱野帰子さんの小説が基になったテレビドラマです。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

入社試験は差別になる可能性がある?

入社試験は差別になる可能性がある?お客様の中で、従業員を採用する場合に入社試験をされている場合があります。採用する場合に試験を課せば、公平に候補者を判断できる、と思われがちです。その入社試験ですが、仕事で直接使用するExcelなどのテストをする場合は構いませんが、気をつけないと「人種差別」「男女差別」など揚げ足を取られる場合があります。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 文化 | 記事

目標管理と方針管理の錯誤が大失敗をまねく

日本企業にはTQCやTQMを導入した企業が多く、その大半が方針管理を業績評価の基準としてきました。もともとTQC、TQMにおけるマネジメント手法として整備されてきたという流れもあり、人事評価制度において、目標管理と業績評価をセットにし、さらに昇給や賞与などの査定に使用してしまっている企業が数多くあります。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

日本の親から相続を受けたときに、米国永住権者が知らないといけないこと ー その2

なぜ税金がかからないかをご説明します。アメリカは、Estateと申しまして亡くなられた方に税金を払う義務があるからです。EstateはForm 706を使い,その財産の税務申告をしないといけません。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

あなたの馬を走らせなさい

2011年、私は初めての会社経営のためケンタッキー州に戻りました。それは、2000年の設立以来ずっと苦戦していた日本の製造企業にとっての転機ともなりました。私は日本人と一緒に楽しく仕事をした経験があり、ケンタッキー州の人々の仕事への高い倫理観や勝ちへのこだわりも知っていたため、この挑戦を決めました。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 紹介 | 記事

目標管理の落し穴:目標管理が業績悪化の原因

今や成果主義を基本とする人事制度が主流となりました。成果主義制度で評価される基準は「成果」であることから、目標管理手法を使って成果を計ろうとする企業がほとんどです。目標管理は「 マネジメントの父」と称されたピーター・ドラッカー(Peter F. Drucker)が提唱したとされることから、目標管理制度を導入しさえすれば、正しくマネジメントができるかのように扱われています。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事