戦略的トレー二ングでチームを強化しよう

弁護士、会計士、及び一般的に専門知識を必要とする専門家は、継続的トレーニング(CPE)について聞き慣れており、組織全てのレベルにおいてトレーニングは重要であると誰もが合意すると考えています。しかし残念な事に、現在の労働力不足という経済状況により、この継続的トレーニングの実施が難しい状況となっています。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 記事

会議は踊る:会議の生産性を上げるには

仕事がらクライアントの社内会議に出る機会も多いのですが、生産性の低さが気になることも多々あります。会議時間を短く、効率よく、少人数で意思決定するということが重要なのですが、実際にはその逆が多いようです。そこで会議の生産性を上げるためのポイントをまとめてみました。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

老後に備える投資と副業の勧め(1)

厚生労働省が9月14日に発表した「社会保障を支える世代に関する意識調査」によると老後の生活を支えるお金として最も頼りにするのは「年金」と答えたのが3割、「就労による収入」と答えたのが5割近くありました。「将来、一番不安だと考えるもの」を選ぶ質問では、いずれの世代でも「公的年金が老後生活に十分であるかどうか」の回答が最多でした

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

品質コストを軽視していませんか?

品質コストの概念は、1950年代より存在していますが、この概念を気に留めなかったり、十分理解できていない方が多くいると感じています。品質コストの概念は誤解されやすく、単に高品質の製品やサービスを作り出す為のコストと理解されがちですが、低品質の製品やサービスを作り出した為に、後に発生してしまうコストでもあります。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

会社が潰れる理由

会社が潰れるのには理由があります。その理由、すなわち原因を正しく理解し、対策をしていけば、会社を長期的に安定経営することができるようになると言えます。では、潰れる原因にはどんなものがあるのでしょう。中小企業庁から発表されている統計データで倒産の原因トップ10を見てみましょう。多少の順位の変動はありますが、この内容に毎年大きな変化はありません。(今回は触れませんが、日米のデータを比較すると、日本ではほとんどの理由が内的要因(自責)であるのに対し、アメリカでは約40%が外的要因(他責)となっています。)

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

日本にある財産の相続・受贈時の注意点

米国非居住者である日本在住のご両親から日本にある現金や株式・家屋等を相続・受贈した場合、日本で相続税や贈与税の申告をしなければなりません。日米相続税条約では相続・贈与に関わる相続人・被相続人及び贈与者・受贈者の居住国、又、その財産の所在地により、国際的2重課税を避けるための対策が取られています。日本では相続人・受贈者に納税の義務がありますが、米国では逆に被相続人・贈与者に納税の義務があります。従って米国では相続人・受贈者にはこれら贈与税や相続税の申告は必要なく、収入に含める必要もありません

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

小規模事業者こそ仕事の見える化が必要

仕事の見える化(可視化)については、トヨタの改善やQC活動、TQMなどを通じて、比較的大きな企業は取り組んでいます。一方で、小規模事業者についてはほとんど取り組んでいないのが実態です。仕事の見える化の詳細については、長くなるのでここでは割愛しますが、なぜ小規模事業者こそ仕事の見える化が必要なのかをレポーティングという視点で解説したいと思います。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

好景気中の油断を見抜け!

好景気、不景気というのはどうしてもあることで、どちらも永遠に続くものでもありません。よって、経営者としては常に利益を最大限に生み出す努力をすべきなのですが、好景気だとついつい油断してしまい、会社が発している大事なサインを見落とす可能性があります。よって各種の債務指標や、業績評価指標(Key Performance Indicator, KPI)を定期的かつ継続的に見直す作業は大変重要です。今回はKPI の一つである、入出金サイクルから読み取れる経営に重要なサインをご紹介します。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

永住権放棄と米国税務:絶対に注意しないといけないこと

永住権保持者とアメリカ市民というのは、全世界の所得をアメリカの税務当局に報告する義務があるのはご存知だろう。この権利を放棄するということは、逆を言えばアメリカの税務当局にいままで持っていた、あなたの全世界からの所得に対する課税の権利を、放棄させるわけだから、税務当局としてもそう簡単に許してはくれないわけだ。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

迫りくる貿易戦争に向けた6つの重要な管理のヒント

米国と中国間に貿易戦争が起きております。現在協議自体は再開される予定ですが、これまでに両国はそれぞれ340億ドル相当の関税を課しています。さらにこの紛争には160億ドルのさらなる火種があります、最悪の場合は、課税が2000億ドルに及ぶ脅威があると言われています。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事