ウイルスの調査

米国政府は、中国政府が世界の他の地域に対して武漢ウイルスに関する重要な情報を隠していると断定しました。トランプ大統領、トランプ政権当局者、および米国議会のメンバーによるコメントを調査検討すると、米国政府のあらゆる機関が、中国政府は中国における武漢ウイルスの詳細について虚偽を述べていると確信しているのがわかります。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 法律、規則 | 記事

PPPローンのシミュレーション

5月15日にいよいよPPPの返却免除の申込書がSBAから発表された。これによりいままでクリアでなかった点が明らかにされ、PPP受給者はここで初めてどのくらいの金額が返却免除になり、どのくらいの金額がNet Profit(Net Loss)に影響を与えるのかを知ることができる。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 個人・金融アドバイス | 記事

知って得する日米の相続・贈与(2)

日米間では相続税及び贈与税に関する協定がありますが、基本的に米国本籍者は全世界の相続財産が米国遺産税の対象となります。同様に日本国籍の方は米国のグリーンカードを保持され、米国居住であっても相続財産は日本の民法により処理されます。前回は遺言書について述べましたが、今回は新しく創設された相続税法について簡単に説明させていただきます。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人・金融アドバイス | 記事

テレワークに最適なシステムとは?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、世界的に在宅勤務が当たり前の社会になりつつあります。この大きな環境の変化の中で一気に普及したのがWeb会議システムです。当初は遠隔地点の相手との音声通信やビデオ通信によるコミュニケーションを実現するツールとして開発され、新型コロナ流行以前からフリーランサーなどのノマドワーカーや、海外との打ち合わせが必要な方には、必須のツールとなっていました。しかし、それ以外の人たちにはあまり縁のなかったツールだったとも言えます。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・テクノロジー | 記事

ロックダウン状態での家計見直し

コロナウイルスの影響で一番打撃を受けたのは、レストラン、旅行、小売りなどのサービス業界であり、フロントラインで顧客とのインタラクションが必要な職種が最も先に消滅しました。Mckinsey & Companyば、これらの業種が、“影響を受けた/受ける可能性のある職種”の42%に当たるとしています。打撃を受けた業界に関わられる方は、今本当に大変な時期だと思いますが、どうかこの苦難の時期、球根が冬のあいだ静かに養分を蓄えるように寒さを耐え、春には力強く咲くことができるようにとお祈りいたします。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人クレジット | 個人・金融アドバイス | 紹介 | 記事

コロナ後の世界に備える

残念ながら新型コロナウィルスは騒動の域を超えて、今や人類にとっての大きな脅威となってしまいました。もはや、新型コロナに関するニュースを目にしない日はありません。これだけ報道されているコロナですが、日本の行政機関からの情報やマスコミ報道を整理していくと、いくつもの疑問がわいてきます。例えば、統計データについてですが、右の表は米国ジョンズ・ホプキンズ大学の感染者数の集計データを基に、主だった国をピックアップしたものです。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 文化 | 記事

離婚、子供の親権、および米国刑法

米国における多くの結婚は国際的、つまり、夫と妻の国籍が異なっています。そして、これらの国際結婚の多くは、結果的に一人あるいはそれ以上何人かの子供をもたらします。時には残念なことに、子供が1人以上いる国際結婚において最終的に離婚を決断する夫婦もいます。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 法律、規則 | 記事

永住権放棄時の注意:401(k)プラン

永住権者はI-407(永住権放棄のフォーム)とグリーンカードをUSCISに提出します。30日から60日すると、USCISからI-407のコピーに受領の証明がはいったものが返送されてきます。その日付が永住権の放棄した日になります。Covered Expatriateの説明はこの記事の目的ではありませんが、永住権放棄時に純資産が200万ドル以上の方、連邦税の支払い額が過去5年間で$168,000(2019年度)を超える方などが含まれます。また過去5年間で海外金融資産などの報告などで遵法されていない方も該当します。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

子供の面倒をみながら在宅勤務で働きたい

時々、「在宅勤務」で働きたい、という方が仕事を探しにきます。多くの場合、お子さんの面倒をみながら家で働きたいとか、お子さんが小さい時には家にいたい、という方です。もちろん、フリーランスで翻訳やプログラムの仕事を在宅で引き受ける場合には、勤務時間も仕事場所も好きなようにできますが、組織の一部・会社のチームの一員として在宅で働きたい場合には、雇用主のルールに従う必要があります。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 記事

サポートが切れたWindows7PCをどうするか

この機会にWindows10などの新しいPCに買い替える、もしくはOSのみ購入し入れ替えるという選択肢もありますが、今ある資源を有効活用する意味でも、コスト面から選択肢を考えてみたいと思います。私のクライアントには個人事業主や小規模事業者も少なくなく、売り上げなどの業績面についてだけでなく、コスト面での相談もあります。小規模事業者にとっては、例えPC1台であっても、新たに購入するのはコスト面・利益面でも影響が少なくないのです。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・テクノロジー | 記事