入社試験は差別になる可能性がある?

入社試験は差別になる可能性がある?お客様の中で、従業員を採用する場合に入社試験をされている場合があります。採用する場合に試験を課せば、公平に候補者を判断できる、と思われがちです。その入社試験ですが、仕事で直接使用するExcelなどのテストをする場合は構いませんが、気をつけないと「人種差別」「男女差別」など揚げ足を取られる場合があります。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 文化 | 記事

目標管理と方針管理の錯誤が大失敗をまねく

日本企業にはTQCやTQMを導入した企業が多く、その大半が方針管理を業績評価の基準としてきました。もともとTQC、TQMにおけるマネジメント手法として整備されてきたという流れもあり、人事評価制度において、目標管理と業績評価をセットにし、さらに昇給や賞与などの査定に使用してしまっている企業が数多くあります。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

日本の親から相続を受けたときに、米国永住権者が知らないといけないこと ー その2

なぜ税金がかからないかをご説明します。アメリカは、Estateと申しまして亡くなられた方に税金を払う義務があるからです。EstateはForm 706を使い,その財産の税務申告をしないといけません。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

あなたの馬を走らせなさい

2011年、私は初めての会社経営のためケンタッキー州に戻りました。それは、2000年の設立以来ずっと苦戦していた日本の製造企業にとっての転機ともなりました。私は日本人と一緒に楽しく仕事をした経験があり、ケンタッキー州の人々の仕事への高い倫理観や勝ちへのこだわりも知っていたため、この挑戦を決めました。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 紹介 | 記事

目標管理の落し穴:目標管理が業績悪化の原因

今や成果主義を基本とする人事制度が主流となりました。成果主義制度で評価される基準は「成果」であることから、目標管理手法を使って成果を計ろうとする企業がほとんどです。目標管理は「 マネジメントの父」と称されたピーター・ドラッカー(Peter F. Drucker)が提唱したとされることから、目標管理制度を導入しさえすれば、正しくマネジメントができるかのように扱われています。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

フルタイム、パートタイム、派遣の違いは?

一般的には、フルタイムは一週間40時間勤務、パートタイムは一週間30時間以下勤務です。多くの州では、一週間に40時間が標準勤務時間とみなされ、40時間を越えて労働した時間に関しては残業手当が発生します。(マネージャーや専門職など「エグゼンプト」とされる方に対しては残業手当は発生しません。)

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 記事

日本の親から相続を受けたときに、米国永住権者が知らないといけないこと

私もアメリカに学生ビザで来て、いままでHビザ、グリーンカード、そして米国市民権への長い道のりを歩いてきました。だいたい英語は母国語ではないし、米国の税務・法律を理解するのは永住権者には難しい。私は持前のチャレンジ精神で、MBAを出て、会計士として仕事をしながら、ロースクールにも行き、司法試験も合格しました。そして仕事がらいままで大変多くの永住権者の人のケースを扱ってきました。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

戦略的トレー二ングでチームを強化しよう

弁護士、会計士、及び一般的に専門知識を必要とする専門家は、継続的トレーニング(CPE)について聞き慣れており、組織全てのレベルにおいてトレーニングは重要であると誰もが合意すると考えています。しかし残念な事に、現在の労働力不足という経済状況により、この継続的トレーニングの実施が難しい状況となっています。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 記事

会議は踊る:会議の生産性を上げるには

仕事がらクライアントの社内会議に出る機会も多いのですが、生産性の低さが気になることも多々あります。会議時間を短く、効率よく、少人数で意思決定するということが重要なのですが、実際にはその逆が多いようです。そこで会議の生産性を上げるためのポイントをまとめてみました。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事