サブスクリプションビジネス成功の鍵

シェアリングエコノミーに代表されるように、時代は「所有から共有」へと移り変わっています。音楽については以前取り上げたように、世界的に音楽サブスクリプションサービスの売上が全体の50%を越え、日本以外では今や音楽ビジネスの主流はサブスクリプションサービスとなっています。映像メディア総合研究所の調査によれば、映像コンテンツ分野も、すでにレンタルよりもサブスクリプションサービスが上回っているそうです。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

コロナ危機でソーシャルセキュリティ年金はどうなる?

2020年4月20日づけで、Center for Retirement Research(Boston College)がSocial Security’s Financial Outlook:The 2020 Update in Perspectiveというタイトルのレポートを発表しました。このレポートの分析内容は、コロナ危機以前のデータを基にしていますが、後付けでコロナ危機を考慮したコメントも付け加えられています。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人・金融アドバイス | 記事

ビジネス・カジュアル

2020年7月、南北戦争以前の1818年創業のブルックス・ブラザーズが連邦破産法11条(日本の民事再生補のようなもの)の申請をしました。リンカーン大統領、ケネディー大統領を含む、45人中40人の大統領に愛用され、ボタンダウンのシャツを流行らせ、南北戦争、世界大恐慌、世界大戦、リーマンショックなどを生き抜いてきた老舗のアパレル会社です

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 記事

在宅生活の楽しみ:音楽サブスクリプションサービス

コロナ自粛で在宅の時間が増え、生活のリズムは大きく変化しました。今までと違った環境で働くことで、新たなストレスも増えています。今後、従来の生活に戻れるのかどうか、戻れるとしたらいつになるのかもわかりません。見えない敵が相手だけに、不安も募るばかりです。とはいえ、コロナウィルスもワクチンが完成すれば季節性のインフルエンザと同様になる可能性が高いようですので、それまでの間、今の生活を楽しむことを考えましょう。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

世界分散投資の意義を再考する

ホームバイアスという言葉をご存じでしょうか?投資をするとき、自分が住んでいる国の株式(債券も同じく)に偏って投資をする傾向のことをいいます。アメリカに住んでいたらUS株式にばかり注目し、日本に住んでいたら日本の株式ばかりに投資するというような具合です。過去にも多くのリサーチでこのようなホームバイアスの存在が認識されていますが、その理由についてはすっきりした説明がありません。ただ、考えてみればなんとなく人間心理的にあたりまえのような気もします。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人・金融アドバイス | 紹介 | 記事

ウイルスの調査

米国政府は、中国政府が世界の他の地域に対して武漢ウイルスに関する重要な情報を隠していると断定しました。トランプ大統領、トランプ政権当局者、および米国議会のメンバーによるコメントを調査検討すると、米国政府のあらゆる機関が、中国政府は中国における武漢ウイルスの詳細について虚偽を述べていると確信しているのがわかります。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 法律、規則 | 記事

PPPローンのシミュレーション

5月15日にいよいよPPPの返却免除の申込書がSBAから発表された。これによりいままでクリアでなかった点が明らかにされ、PPP受給者はここで初めてどのくらいの金額が返却免除になり、どのくらいの金額がNet Profit(Net Loss)に影響を与えるのかを知ることができる。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 個人・金融アドバイス | 記事

知って得する日米の相続・贈与(2)

日米間では相続税及び贈与税に関する協定がありますが、基本的に米国本籍者は全世界の相続財産が米国遺産税の対象となります。同様に日本国籍の方は米国のグリーンカードを保持され、米国居住であっても相続財産は日本の民法により処理されます。前回は遺言書について述べましたが、今回は新しく創設された相続税法について簡単に説明させていただきます。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人・金融アドバイス | 記事

テレワークに最適なシステムとは?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、世界的に在宅勤務が当たり前の社会になりつつあります。この大きな環境の変化の中で一気に普及したのがWeb会議システムです。当初は遠隔地点の相手との音声通信やビデオ通信によるコミュニケーションを実現するツールとして開発され、新型コロナ流行以前からフリーランサーなどのノマドワーカーや、海外との打ち合わせが必要な方には、必須のツールとなっていました。しかし、それ以外の人たちにはあまり縁のなかったツールだったとも言えます。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・テクノロジー | 記事