年金だけで暮らす60歳以上の無職世帯は毎月3~5万円の赤字

リタイアした後の年金は誰もが期待する収入源ですが、日本では年金支給開始を70歳よりも遅らせる仕組みを検討中とのことです。そんな日本の老後の経済状態がまぐまぐニュースに取り上げられていましたので一部抜粋して紹介します。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

税効果会計とは?

税効果会計(Deferred Tax)って聞いたことがあるけれど、今期の税金費用と何が違うのだろう? 会計士が税効果計算をしていて税効果会計の調整によって負債が増えたと説明されたけど、な ぜ負債が増えたのかわからない、というようなことはありませんでしょうか?今回は税効果会 計ついて説明したいと思います。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

アメリカには赤ちゃんポストはない?-その2

「児童虐待などで親元で暮らせない子どもの受け皿について、厚生労働省は31日、就学前の子どもの75%以上、就学後の50%以上を里親に担ってもらう新たな目標を公表した。いまは複数の里子を受け入れるファミリーホームを含めて2割に届かず、大半が児童養護施設などの施設が担っている。多くの子どもがより家庭に近い状況で暮らせる環境づくりを促す狙いだ。」

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 法律、規則 | 紹介 | 記事

売上げを”安定的”に上げ続ける

平均で一人のお客様が月に一度の来店で3,800円を支払っているとします。来店回数が増えれば、お客様が毎月支払う金額は上がっていきます。極端に言えば、平均来店回数が1回から2回になれば売上げは7,600円と倍になります。そんなに何度も散髪には行かないと思うでしょうが、これはあくまで考え方です。平均来店回数が月に1回から1.2回というようにペースが上がれば、売上げは20%上がることになります。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

アメリカには赤ちゃんポストはない?

日本で唯一、親が育てられない赤ちゃんを匿名で預けることができる熊本市の慈恵病院の赤ちゃんポストが開設して10年になったそうですね。この10年間、125人の赤ちゃんが預けられたそうです。(出典:「出自知る権利、対応は現場任せ 母子の孤立や貧困・・・『赤ちゃんポスト』開設10年」2017年5月10日西日本新聞)

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 記事

1人100円が200円になれば、売上げは2倍

「金額(単価)」が上がれば当然売上げも上がります。その「金額(単価)」については、「商品単価」と「顧客単価」があると前回申し上げました。「商品単価」の場合は、一つ100円の商品をどうやって200円にするかですが、「顧客単価」の場合は、お客様一人当たりの支払い金額をどうやって100円から200円にするかという視点です。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 紹介 | 記事

日米GAAPには危険な会計ギャップがある

米国でビジネスをするに際して米国の会計基準を理解しておく必要があります。日本から米国にいらっしゃった方は日米の会計基準の差異に戸惑われたこともあるのではないでしょうか?日本と米国会計基準の差異は解消されてきたと言われてはいますが、まだ完全には解消されていません。ここでは米国にある日系企業の財務諸表においてよく見られる両国の会計基準の主な2つの差異を述べたいと思います。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事