トランプ政権 税制改革計画の行方

今年4月26日に発表された税制改革計画の概要は下記の通りでした。法人については法人税率の35%から15%への引き下げ、全世界所得課税制度から源泉地国課税制度への変換、既存海外留保利益の一度のみの本国還流課税等。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 紹介 | 記事

アメリカは高年齢者が働くオアシスではない!

お仕事を探しに来る方の中には、「日本は定年退職制度がある、年齢差別がある、だから、アメリカで働きたい。」とおっしゃっている方も少なくありません。そして、「アメリカでは年齢に関係なく、新しい仕事を見つけることができる」、と誤解されている方もたくさんいらっしゃいます。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 文化 | 記事

1つ100円が200円になれば、売上げは2倍

今回は売上の構成要素の中の「金額」について述べてみます。繰り返しになりますが、売上げというものは、お客様の数、数量、金額、受注回数という4つの構成要素の乗数です。単純に考えて、金額(単価)が上がれば、それだけ売り上げ金額が上がるのは当然のことです。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 紹介 | 記事

先生の時間外労働は過労死を招く可能性がある

「文部科学省は去年、全国の公立の小中学校で勤務する約2万人の教師を対象に、勤務時間について10年ぶりの調査を行い、結果をまとめた。それによると、中学校の教師の57%が、過労死の目安とされる月80時間を超える時間外労働をしていることがわかった。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 文化 | 記事

日本の親から贈与を受けたときに、注意しないといけないこと

年間で$100,000(10万ドル)を超える相続や、贈与を海外(米国の非居住者)から受けた場合は、米国の居住者であるあなたは、IRSのフォーム3520を提出する義務があります。また外国企業から、贈与として$15,671以上を受けたときにも、このフォームは該当いたします。またこのフォームは翌年の4月15日までに提出しないといけません。

Category: ステラ・リスクのレポート | 法律、規則 | 記事

私のヤクザ物語(Part II)

2013年というその次の年の事です。5月でした。Phoenixとの面接の日が決まっていました。かなり美人の若い探偵も準備しました。彼女とは、スカイプでも、また直接でも面接しました。けれども、この調査の件には関係のない、個人的な恋愛関係が壊れてしまい、不安定になって、調査の継続が出来そうにありませんでした。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 紹介 | 記事