取引先への贈答品に関する米国税金ルール

1. 贈答品として贈る品物の金額は全額損金として税務上認められますか?同じ贈答品でも、一個人に贈る場合と、会社に贈る場合とで税務上の損金取り扱いが異なります。一個人に贈る場合は、一人につき年間$25までが損金として認められますが、$25を超えた金額は損金には認められません。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

海外金融資産:絶対に犯してはいけない4つのタブー

いよいよ2014年の海外銀行口座の報告の締切日の6月30日まで3ヶ月になりました。今回は、海外金融資産のリポーティングに関して絶対に犯してはいけないタブーとして、あらたに昔の記事に新情報を加えて、4つのポイントを選んで書いてみました。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

役人天国は終わらない ー お金ばかりかける無駄な海外出張

先日、政府の会合で声を荒げそうになったことがありました。2020年の東京オリンピック・パラリンピックについて、東京都と東京消防庁の担当者が、それぞれに前回の開催地ロンドンを視察した報告をしたのですが、税金の無駄遣いを画に描いたような出張だったからです。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 文化 | 紹介 | 記事

増田舟井リーガルQ&A 2/2015

Q: 路上で警察から停車を指示された場合、どうすればよいのでしょうか? A: 警察に協力し、警察を脅かすような行為は決してしないでください。車内で座席した常態を保ち、車外に出て警察へ向かって歩くようなことはしてはいけません。警察が車窓に近づいてきたら、警察から見えるよう、両手をハンドルに置いてください。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 紹介 | 記事

アメリカにおける交際費の範囲

アメリカでは交際費の半額(50%)を税務上、損金算入として扱うことができます。以前は100%満額が損金算入でしたが、1986年に80%に変更され、更に1993年に現行の50%に変更されました。損金算入できる割合は国により異なり、フランスでは100%、ドイツでは70%、イギリス0%です。日本では原則資本金1億円超の企業では0%パーセントである一方で、1億円以下の企業では800万円を上限として損金算入が認められます。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事