急成長するカンボジア

カンボジアの首都プノンペンでは、交通渋滞に圧倒された。インドほどではないが、車、バイク、人が道路に入り乱れている。バイクの3人乗りが認めら得ているらしく、3人乗りが多いのに驚いた。また、ヘルメットの着用も徹底されておらず、かぶっていない人も多い。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 紹介 | 記事

不正調査の視点 - 在庫の棚卸において留意すべきこと

年末が近くなり、多くの企業で在庫の棚卸作業が実施される時期になりました。棚卸作業は正確な決算を進めるための重要な作業です。今回は会計上ではなく、不正・横領を発覚するためという視点から棚卸において実践してもらいたいことを4つご紹介します。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 紹介 | 記事

あなたにも絶対できる ー CPA試験合格

MBA,CPA,弁護士、CFE (公認不正検査士)、CIA(公認内部監査人)の五つの資格を私は、いままでに取りました。MBAというのは、正確には資格ではなく、学位ですが、大目に見てください。最初にMBAを取得したんですが、20代の終わりでした。米国の弁護士資格は40代の半ばでした。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

年末に絶対しないといけない税務申告の準備項目

そろそろ感謝祭、クリスマスと続くアメリカのホリディシーズンですね。年が明けると、すぐに税務申告のシーズンがやってまいります。年明けというのは、いろいろ忙しい時期です。そんな時期に、税金の準備であたふたしないように、このホリデイ・シーズンを利用して、年末までにしておきたい税務申告の準備についてご説明します。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

知っておくべきアメリカ消費税のルール - 企業編

日本と同様に、アメリカにも消費税が存在します。日本では国が定めているルールですが、アメリカでは連邦政府ではなく、各州が独自に制定しているため、州によって税率も異なれば、主要ルールも異なります。複数の州にまたがってビジネスする企業にとってこの消費税はとてもやっかいなシステムになっていますが、今回は税務調査で問題の起こりやすい点を10項目ご紹介します。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

真のマーケティング②:顧客が人間であることを忘れるな

「お客様は神様です」とよく言われます。これはお客様の言うとおりにすれば良いと理解されていますが、実際はどうでしょうか。顧客はそう簡単に何を求めているのか表してくれません。しかし、顧客体験を良くしていくのがマーケティングの最重要課題です。ですから、その「体験」が何であるのかを理解するのが、優れたマーケティングをする上でとても大切になります。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 紹介 | 記事

アメリカ国籍を放棄する人が急増中

なんと2013年度でアメリカ国籍を放棄した人が、前年に比べて2倍以上に増えているという。数としては、3000人弱になる。また2014年の第一四半期では、この数字は、1001人になった。このペースでは、2014年は、4000人がアメリカを離脱することになる。これは、2013年度の数字の33%増である。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 法律、規則 | 記事

クレジットスコアを上げるためには

アメリカではクレジットスコアが特に重要視されます。スコアが良ければ、ローンを組むことも容易で、さらに低金利でローンを組むことができます。また、なによりもその人の信用性が飛躍的にアップします。年収が高くてもクレジットスコアが低ければ信用性も落ち、収入が低い人よりも不利な条件を受け入れなければならないことが多々あります。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人クレジット | 記事

真のマーケティングとは何か①

「より良い製品やサービスを適正な価格で提供すれば、会社は成長する」と思われてきました。過去形で表現したのは、そういう時代がとっくに終わってしまったからです。日本もアメリカも成熟した市場であり、一桁台の下のほうの成長がやっとという時代です。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 紹介 | 記事