アメリカ国籍を放棄する人が急増中

なんと2013年度でアメリカ国籍を放棄した人が、前年に比べて2倍以上に増えているという。数としては、3000人弱になる。また2014年の第一四半期では、この数字は、1001人になった。このペースでは、2014年は、4000人がアメリカを離脱することになる。これは、2013年度の数字の33%増である。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 法律、規則 | 記事

クレジットスコアを上げるためには

アメリカではクレジットスコアが特に重要視されます。スコアが良ければ、ローンを組むことも容易で、さらに低金利でローンを組むことができます。また、なによりもその人の信用性が飛躍的にアップします。年収が高くてもクレジットスコアが低ければ信用性も落ち、収入が低い人よりも不利な条件を受け入れなければならないことが多々あります。

Category: ステラ・リスクのレポート | 個人クレジット | 記事

真のマーケティングとは何か①

「より良い製品やサービスを適正な価格で提供すれば、会社は成長する」と思われてきました。過去形で表現したのは、そういう時代がとっくに終わってしまったからです。日本もアメリカも成熟した市場であり、一桁台の下のほうの成長がやっとという時代です。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 紹介 | 記事

重要な経営手腕のひとつ:固定費と変動費の比率目標

以前にもまして市場の移り変わりのスピードが速くなっています。つい先日iPhone 4が発売されたと思っていましたが、もう今月にはiPhone 6が発売されるようです。企業にとってはこのような速い市場の移り変わりに対して素早く順応していくことが今後生き残るためにますます重要となっていくことと考えます。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

帰国老人マニュアルー金融口座

日本帰国時に、アメリカに銀行口座などの金融資産を残すべきか否かについて、考えてみたいと思います。まず帰国してしまうと、米国にある金融口座を使って、なにかしたいというときに、直接米国の金融機関に行って、なにかするということができません。米国在住中は、窓口に行ったり、担当者に直接会ったりできますよね

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

パテント・トロール訴訟への対応を踏まえた米国特許法改正についての近時の動向

米国では、パテント・トロール訴訟が熱い議論を呼んでいる。一般的に特許不実施企業(non-practicing entities (NPE))とも呼ばれるパテント・トロールは、弱い特許権を買い取った後で、ライセンス料を支払わせる目的で他社を特許侵害で提訴する。ライセンス料は、通常の場合、訴訟にかかる経費よりも低額に設定される。

Category: ステラ・リスクのレポート | 法律、規則 | 紹介 | 記事

給与支払い手続きに関連する不正を防ぐための4つの方法

部門の責任者が部下である各従業員に給与小切手・給与明細を配布することがまれに見受けられますが、これは適切ではございません。すでに辞めた社員がいるのにもかかわらず、あたかも働いているかのようにタイムカードを偽造することができる責任者は、存在しない従業員の給与小切手を着服したり、振り込み先の銀行口座を自分の口座に変更して給与を着服することができてしまいます。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

7月一斉に始まった邦銀の米国居住者の銀行口座情報の確認

本年7月1日より、いよいよ米国法であるFATCA(外国口座コンプライアンス法)にもとづいた確認手続きが日本の銀行で始まりました。FATCAとは、米国外の銀行口座を利用した租税回避を防ぐための米国の法律です。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

カジノ法案が不成立! 

集団的自衛権についての憲法解釈変更問題が今国会の最大のテーマである。解釈改憲の閣議決定に向けて安倍総理が公明党に対し最後通牒を突きつけた形で追い込んでいる。一方、他の法案の動向についてはあまり関心が払われていない。そんな中、私のメルマガでも何度か取り上げてきたカジノ法案が不成立の見通しとなった。

Category: ステラ・リスクのレポート | 記事

IRSが開始した海外銀行口座の新しい簡略手続き

つい最近の2014年6月18日に、IRSは以前から存在した、Offshore Voluntary Disclosure Program (略称OVDP)を大幅に簡素化したStreamlined Domestic Offshore Procedureを発表しました。以下、この簡略手続きに関して説明します。いままでOVDPを、そのペナルティの高さで敬遠していた人もこの制度ならやってみてもと思うようなものです。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事