海外口座情報をネット上で共有決定!G-20合意へ

なんと日米欧など主要20ヶ国が海外口座に関する情報共有のネットワークシステムを構築して、少なくとも2015年末までにリアルタイムのオンライン共有制度の導入を目指すという凄いニュースが日経新聞から飛び込んできた。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 紹介 | 記事

テロか事故か、マレーシア機の失踪 ベテランパイロットの証言から真相を割り出す

乗客227人、乗員12人の計239人を乗せたマレーシア航空370便の突然の失踪(現地時間8日未明)から時間だけが過ぎていき、乗員・乗客の関係者の焦燥感は限界を超えた状態に達しています。事故なのか、それともテロなどの事件が突発的に発生したのか、マスコミにコメントを求められる私としても、確とした発言をできないもどかしさを感じ続けています。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 紹介 | 記事

契約中の責任制限条項の適用によりホテル所有者410万ドルの損失を負う

契約には、当事者間でリスクや責任を負担し合うことを定めた条項を含めるのが一般的である。そのような条項には、完全な免責から一方的な賠償責任について定めたものまでいろいろある。最近、連邦第7巡回区控訴裁判所(「控訴裁判所」)がインディアナ州法に基づき判決を下した事件(2013年5月31日、SAMS Hotel Group, LLC 対 Environs, Inc. 事件、連邦第7巡回区控訴裁判所、事件番号12-2979)が、この責任条項の重要性を示すよい例である。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法人クレジット | 法律、規則 | 紹介 | 記事

メンターリングが社員育成のキーとなる

人材が育たない、従業員の離職率が高い、リーダーシップが生まれないという人材育成の悩みは多くの会社が抱えています。メンターリングという言葉を聞いたことがありますか。メンターリングという取り組みによって、このような人の悩みが解消されることがございます。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 紹介 | 記事

米国確定申告と183日ルール

日本人出張者が1年間(365日)の半分以上に相当する183日を越えて米国に滞在した場合、米国で課税されるというルールをご存知の方は多いかと思いますが、この183日という定義を誤解されているケースが多く見受けられます。183日ルールには日米二国間で定めているものと、米国内独自で定めているものとの2つが存在します。米国での課税を考慮する際はこの2つのルールを知る必要があります。

Category: ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 紹介 | 記事

IRSは、こうしてみつける。あなたの海外資産はここに注意

IRSは、5万ドル以上の海外資産、合計1万ドル以上の海外金融資産などのあなたがお持ちの海外資産を正確に税務申告の上等で開示することを要求しております。(ルールの詳細は、この記事の目的ではないので割愛します。)では、どのようにして、IRSや、米国財務省は、あなたが持つ、これらの資産の情報を得ることができるのでしょうか?

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 紹介 | 記事

経済後退と外交面の軋轢 次第で首相退陣も2014年,安倍政権の後方

今年の政治は「安倍後継の模索」が始まることになると思う。「アベノミクス」による株価の上昇など景気の上向きにより長期安定政権が見えていたが、その「経済」によっては支持率の低下を招き、自民党内で後継レースが活発化するだろう。やはり何と言っても4月の「消費税増税」後の経済がどう変わるかだろう。専門家の中には株価の2万円越えもあり得ると予想しているが、果たしてそうなるだろうか。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 紹介 | 記事

貴方の州の肥満度は?

非営利団体Trust for America’s HealthとRobert Wood Johnson Foundationによる最新レポートによると、過去30年間毎年上昇を続けていた肥満率は、49州(アーカンソー州以外の全州)で前年からほぼ横ばいと、改善の兆候をみせた。(1) しかしながら、現在、米国の成人の約7割が肥満又は過体重(※)であり、まだまだ肥満は深刻な社会問題である。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 文化 | 紹介 | 記事

Why You Should Leverage a Japanese / Japanese-American Relationship

With the devastating Tohuku earthquake and tsunami in March of 2011, we witnessed an outpouring of relief funds for Japan from a wide variety of organizations, among them, virtually every Japanese American group in the country. Similarly, with the Great Hanshin earthquake in 1995 in the Kobe region, support came from hundreds of Japanese American organizations.

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 紹介 | 記事