貴方の州の肥満度は?

非営利団体Trust for America’s HealthとRobert Wood Johnson Foundationによる最新レポートによると、過去30年間毎年上昇を続けていた肥満率は、49州(アーカンソー州以外の全州)で前年からほぼ横ばいと、改善の兆候をみせた。(1) しかしながら、現在、米国の成人の約7割が肥満又は過体重(※)であり、まだまだ肥満は深刻な社会問題である。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 文化 | 紹介 | 記事

Why You Should Leverage a Japanese / Japanese-American Relationship

With the devastating Tohuku earthquake and tsunami in March of 2011, we witnessed an outpouring of relief funds for Japan from a wide variety of organizations, among them, virtually every Japanese American group in the country. Similarly, with the Great Hanshin earthquake in 1995 in the Kobe region, support came from hundreds of Japanese American organizations.

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 紹介 | 記事

一世帯当たりの年間医療関連費は今年も上昇

コンサルティング会社ミリマンは、2013年の一世帯あたり の平均年間医療関連費※が、対前年6.3%増の$22,030に達したと発表した。(1) 増加率は2010年以来低下傾向にあるものの、金額ベースでは、$1,302増と、毎年約$1,300のペースで増加している。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 人材 | 紹介 | 記事

TPPはオバマの命綱-アメリカの陰謀とは

今、TPPはオバマ政権の一番重要な政策になっていることを知っていますか?またTPPに隠されたアメリカの本当の意図もお分かりでしょうか?つまりこうなんです。オバマ大統領はアメリカの輸出を活発にして、アメリカでの雇用を創出したい。これはリーマンショックからの反省で、個人消費に頼りきった成長ではこれからは駄目だという結論に至っているからです。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 紹介 | 記事

銃犯罪件数が増えても、イリノイ州の銃法が変わる

長年銃所持を禁じる砦を守ってきたイリノイ州もついに違憲とされ、全米最後の州として、銃所持の自由を禁じない州になった。ライセンス取得、登録によって、州民はコンシールド・キャリー(通常状態で人目に触れない状態での銃所有)を認められることになる。

Category: ステラ・リスクのレポート | 法律、規則 | 紹介 | 記事

TPP: 在米邦人が知らないといけない3つのキーポイント

TPPとは、環太平洋パートナーシップ(Trans-Pacific Partnership)協定の略です。この協定の参加国は、12ヶ国です。12ヶ国というのは、カナダ、アメリカ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、マレーシア、ベトナム、ブルネイと日本です。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 紹介 | 記事