公然わいせつ:ガラス張りオフィスで働く負の側面

国際ファシリティ・マネジメント推進協会(International Facilities Management Association:IFMA)によると、デスクが低い壁で隔てられているか、壁のない「オープン・プラン」もしくは「オープン・シーティング」設計を採用する国内オフィスは、約68%に達している。残りのオフィスや会議室も、ガラス張りであることが多い。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

進化する産業ロボット〜人と並んで作業も

産業ロボットはこれまで、自動車や半導体など生産量の多い、力を必要 とするまたは高度な正確さが求められる分野を中心に導入されてきたが、近年はセ ンサー技術の進化や価格低下などを受け、小さな工場でも場所を取らず、人と並ん で細かい作業ができる機械が登場している。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

消したつもりのデータが残存 〜 不要の電子機 器、Win系は要注意  

処分したデジタル機器に重要な個人データなどが 残っていると、犯罪などに悪用される恐れがある。このため不要になったラップトッ プや携帯電話は、リサイクル に出したり売り払ったりする前に破壊することも検討 する必要がある。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

目標は「ごみをゼロに」/廃棄物すべて再利用する企業が増加

USAトゥデイによると、カウンタートップ(天板)や防水・断熱シート「タイベック」などを製造するデュポン・ビルディング・イノベーションズはこのほど、「3年以内にごみの年間排出量を現在の8100万ポンドからゼロにする」と発表した。食堂のごみはたい肥にして造園用に、天板などの材料である人工大理石の切れ端は再生して新しい天板に、たい肥にしない生ごみは発電で再利用する計画で、「収支とイメージの両面で会社に利益をもたらす」(パティ・セルフ広報)とみている。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

供給チェーン向け損害保険、大災害多発で見直しへ

ブルームバーグ・ニュースによると、再保険の世界最大手ミュンヘン再保険では1〜9月期、東日本大震災に関連した保険金支払額が15億ユーロに上った。ほとんどが業務中断保険など企業向けの保険だった。業界2位のスイス再保険は、タイの洪水関連の保険金支払額が6億ドルと推計し、日系の工場に及ぼした業務中断による保険損害は110億ドルに上る可能性があるとみている。

Category: ステラ・リスクのレポート | 記事

車業界、大幅な雇用増へ〜需要回復と為替対策で

ロサンゼルス・タイムズによると、米国の自動車販売はリセッション中の記録的な低迷から回復しつつある。一方、円やユーロなどメーカーの利益に影響するドル以外の通貨はどれも不安定で、販売する場所で製品を作ることが唯一のリスク回避手段となっているため、メーカーは米生産を拡大している。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

大企業の多くが納税額ゼロ

ロサンゼルス・タイムズによると、調査はいずれも革新系の団体「公平な税制を求める市民の会」(CTJ)と「課税および経済政策研究所」(ITEP)が共同で行い、フォーチュン500社のうち2008〜10年に毎年利益を出した280社を対象に法人税の納税_額を調べた。3年間に支払われた法人税額を平均すると、利益の18.5%だったという。

Category: ステラ・リスクのレポート | 法律、規則 | 記事