日本の親から贈与を受けたときに、注意しないといけないこと

年間で$100,000(10万ドル)を超える相続や、贈与を海外(米国の非居住者)から受けた場合は、米国の居住者であるあなたは、IRSのフォーム3520を提出する義務があります。また外国企業から、贈与として$15,671以上を受けたときにも、このフォームは該当いたします。またこのフォームは翌年の4月15日までに提出しないといけません。

Category: ステラ・リスクのレポート | 法律、規則 | 記事

私のヤクザ物語(Part II)

2013年というその次の年の事です。5月でした。Phoenixとの面接の日が決まっていました。かなり美人の若い探偵も準備しました。彼女とは、スカイプでも、また直接でも面接しました。けれども、この調査の件には関係のない、個人的な恋愛関係が壊れてしまい、不安定になって、調査の継続が出来そうにありませんでした。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 紹介 | 記事

確定申告の締め切り迫る!

確定申告書申請の締め切りが残り一か月を切りました。もし何かの事情で必要なW-2や 1099-MISC等の書類が間に合わなければForm 4868で6か月の延長が可能です。 米国外に居住されている米国市民、又はグリーンカード保持者は自動的に2か月の延長が認められています。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス

日本とアメリカの保育園の費用と状況について思うこと

「保育園落ちた日本死ね!!」という書き込みが日本で先ごろ話題になったそうですね。たしかに、私の住んでいるシカゴ郊外では、子供を預けるところはたくさんあります。日本のように、保育園に入れるよう対策をする、とか入りやすい場所に引っ越す、ということをしなくても、基本的にどこかしら預けるところはみつかります。でも、日本のように保育料が安くないのも事実です。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 紹介 | 記事

なぜコンサルタントを使用するのか?

コンサルティングというのは非常に幅が広いコンセプトです。特段国家資格があるわけでもないので、他の方の話を聞いて一緒に考える、という作業をするだけで、そこに対価を払う価値があると思う人がいればコンサルティング業務が成立することになります。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 紹介 | 記事