私のヤクザ物語(Part I)

ヤクザの山口組、住吉会 そして稲川会は、海外にもビジネスを広げようとしています。
けれど、私はアメリカのFBIでは、ヤクザ関係の知識が限られている事に気がつきました。私がFBIにどんな情報を伝えても、その情報はもう把握している、という印象は得られませんでした。動きも限られています。ヤクザは、海外で秘密にかなりうまく活動しています。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 紹介 | 記事

お客様を増やせなければ死を待つのみ

売上げというものは、(お客様の数×数量×金額×受注回数)という要素の掛け算です。売上げを上げるためには、それぞれの構成要素を最大化させるための戦略とその戦略をブレイクダウンした具体的な戦術が必要であるということは、ご理解いただけたことと思います。それでは、この構成要素の最初の項目である「お客様の数」について見てみます。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

皆様はきちんと扶養者控除を申請されてますか?

納税者自身と配偶者に対しては人的控除が認められます。また税法上認められた子供や両親等の扶養家族に対しては扶養者控除が認められます。これらは日本の扶養者控除に相当し、2016年度の人的控除及び扶養者控除額は一人あたり$4,050です。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 紹介

アメリカの市民権も永住権もない子供の教育と就職

アメリカの市民権は出生地主義で与えられるため、たとえ不法移民の子供であれ、旅行者が短期滞在で生まれた子供であれ、アメリカで生まれてさえいれば自動的に市民権が与えられます。生まれてすぐに日本に帰国して、アメリカで一度も教育を受けたことがなくても、市民権を自動的に取り消されることはありません。

Category: ステラ・リスクのレポート | 法律、規則 | 米国の移民