反トラスト及び競争法

司法省(DOJ)は反トラスト局リニエンシー制度に関するよくある質問への回答を見直した。米国司法省のリニエンシー制度は企業や個人が反トラスト局の捜査に対し自己申告や協力を行うことで刑事上の有罪判決や罰金、実刑を免れる機会を与える制度である。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

飲食業は「勝てないビジネスモデル」なのか?

このところ、飲食・接客業に関する相談が増えており、そんな折に某投資会社社長が書いた『飲食業は「勝てないビジネスモデル」である』という記事を読んだので、少しこの点について、私なりの見解を書いてみたいと思います。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 紹介 | 記事

米国にある財産の贈与及び相続2

お互いに米国市民である配偶者間では婚姻控除により贈与も相続も無制限に非課税です。この婚姻控除は受贈者が米国市民である限り贈与者の国籍は問わず、米国市民、居住外国人、非居住外国人であっても贈与税は掛かりません。ところが受贈者が米国市民でない場合には居住・非居住を問わず2017年度の年間非課税贈与控除枠は

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

リース会計について知っておくべき重要事項

リースはすべて経費で処理できず固定資産として計上すべきリースはご存知でしょうか?また、どのようなリース契約内容の場合に固定資産として記帳することになるのでしょうか?今回は経費として記帳できるリースと固定資産として記帳しなければならないリースにして説明したいと思います。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

アイリスオーヤマのブルーオーシャン戦略とは?

先日、アイリスオーヤマ株式会社代表取締役社長の大山健太郎氏のお話を伺う機会がありました。ご存知とは思いますが、アイリスオーヤマ株式会社 は、家庭用プラスチック製品の製造・販売を中心に、現在では生活家電やLED照明なども手がけており、グループ全体で年間売り上げ3,400億円、国内工場13か所、海外工場11か所、従業員約9,600人の日本を代表するメーカーにまで成長しています。日本の家電メーカーの凋落振りを考えると、これは驚異的なことです。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 紹介 | 記事

アメリカの多様化について

1990年代、アメリカの人事管理を専攻した留学生だった私が一番理解に苦しんだのは「アファーマティブ・アクション(Affirmative Action:積極的是正措置)」でした。マイノリティー(黒人、ヒスパニック、アジア系、女性など)をマジョリティー(多くの場合は白人男性)の差別をなくすのはもちろん、積極的に雇用機会を与えましょう、というルールです。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 紹介 | 記事