投資収入に対する米国課税システム

投資収入にはキャピタル・ゲイン(Capital Gain)と通常所得(Ordinary Income)と大きく分けて2種類がありますが。キャピタル・ゲインとは株や不動産などの資産を売買した際に得る利益です。一方で通常所得とは資産の売買を伴わない利益で、利息収入や配当収入が一般的な例です。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

あなたがアメリカでM&Aをしないといけない5つの理由

アメリカに住む日本人はあまりM&Aをしたがりません。何故なんでしょう? 理由は、端的に言うと利点がわからないからです。M&Aの利点を理解していないからです。日本の中規模から大規模の企業では、米国企業をM&Aするのは、現在ではかなり一般的になっています。そこで今回は、普通の個人の方が、一からアメリカで起業をするのではなく、M&Aでビジネスを開始するべきである5つの理由をご説明します。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 紹介 | 記事

増田舟井リーガルQ&A 4/2015

Q: 教員が、授業の一環としてNで始まる黒人差別用語を使用することはできますか?学校からの懲戒を受けませんか? A: いいえ、使用することはできません。教員には、Nで始まる黒人差別用語を使用する言論の自由権利は無く、使用することで学校からの懲戒を受ける可能性があります。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

新:米国投資が、安心になる3つのノウハウ

私もアメリカに来て30年近くになりますが、どうも日本の会社や個人が所有する米国の投資物価が危なっかしいと毎年感じます。ヨーロッパや、中国、南米の投資家はもっとうまく管理しているのにと思いつつ、今回は、投資物件を日本から所有する場合に何をしないといけないのかを、3点に絞ってご説明します。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

なぜ? 北朝鮮でクーデターが起こらないこれだけの理由

いつクーデターや反政府デモが起きても不思議ではない状態だと思われるのですが、不思議とこれまでただの一度も発生したことがありません。コリア・レポートの編集長を務める辺真一さんはこれを、洗脳教育などによる国家統制と軍人が闊歩する先軍政治によるところが多いと分析します。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化 | 法律、規則 | 紹介 | 記事

取引先への贈答品に関する米国税金ルール

1. 贈答品として贈る品物の金額は全額損金として税務上認められますか?同じ贈答品でも、一個人に贈る場合と、会社に贈る場合とで税務上の損金取り扱いが異なります。一個人に贈る場合は、一人につき年間$25までが損金として認められますが、$25を超えた金額は損金には認められません。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

集団的自衛権で「海外の戦争に加われる」だって?

3月8日、朝日新聞朝刊3面の記事を読みながら、違和感を覚えずにはいられませんでした。まるで革新政党の機関紙を読んでいるような表現にぶつかったからです。いくら「商業左翼主義」で売上を伸ばしてきたといっても、「天下の朝日新聞」です。これはまずいと思いましたので、ちょっと書いておきます。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 文化