クルーズ船で働く労働者は労働基準法違反にならないの?

私は海が大好きです。アメリカで人気のクルーズ船にも、海を見ながらの旅が好きなので何度か乗りました。一週間のクルーズに行くと、毎日同じウェーター、ウェートレス、部屋の掃除の係の人にお世話になり、話をする機会もありました。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 法律、規則

日本の相続税・納税義務の範囲

もし日本在住の親がアメリカやヨーロッパに資産を所有し亡くなったとします。米国在住の貴方がその資産を相続する場合、全ての資産が日本の相続税の対象となります。米国では相続年度にForm 3520での開示申告を怠ると25%のペナルティが課されますので要注意です。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則

永住権者が知らないといけない5つのポイント

アメリカでは毎年50万人以上の人が永住権を取得します。日本人に限って言いますとアメリカには20万人弱の永住権者がいます。(邦人登録をしていない人を含めると、この数はもっと増えます。)米国の税金や関連するルールは大変複雑で、それでなくても英語が第一言語でないGCを持っている人には理解が難しいものです。

Category: ステラ・リスクのレポート | 法律、規則 | 米国の移民

入社試験は差別になる可能性がある?

入社試験は差別になる可能性がある?お客様の中で、従業員を採用する場合に入社試験をされている場合があります。採用する場合に試験を課せば、公平に候補者を判断できる、と思われがちです。その入社試験ですが、仕事で直接使用するExcelなどのテストをする場合は構いませんが、気をつけないと「人種差別」「男女差別」など揚げ足を取られる場合があります。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 文化 | 記事

目標管理と方針管理の錯誤が大失敗をまねく

日本企業にはTQCやTQMを導入した企業が多く、その大半が方針管理を業績評価の基準としてきました。もともとTQC、TQMにおけるマネジメント手法として整備されてきたという流れもあり、人事評価制度において、目標管理と業績評価をセットにし、さらに昇給や賞与などの査定に使用してしまっている企業が数多くあります。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

日本の親から相続を受けたときに、米国永住権者が知らないといけないこと ー その2

なぜ税金がかからないかをご説明します。アメリカは、Estateと申しまして亡くなられた方に税金を払う義務があるからです。EstateはForm 706を使い,その財産の税務申告をしないといけません。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

あなたの馬を走らせなさい

2011年、私は初めての会社経営のためケンタッキー州に戻りました。それは、2000年の設立以来ずっと苦戦していた日本の製造企業にとっての転機ともなりました。私は日本人と一緒に楽しく仕事をした経験があり、ケンタッキー州の人々の仕事への高い倫理観や勝ちへのこだわりも知っていたため、この挑戦を決めました。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 紹介 | 記事

目標管理の落し穴:目標管理が業績悪化の原因

今や成果主義を基本とする人事制度が主流となりました。成果主義制度で評価される基準は「成果」であることから、目標管理手法を使って成果を計ろうとする企業がほとんどです。目標管理は「 マネジメントの父」と称されたピーター・ドラッカー(Peter F. Drucker)が提唱したとされることから、目標管理制度を導入しさえすれば、正しくマネジメントができるかのように扱われています。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

フルタイム、パートタイム、派遣の違いは?

一般的には、フルタイムは一週間40時間勤務、パートタイムは一週間30時間以下勤務です。多くの州では、一週間に40時間が標準勤務時間とみなされ、40時間を越えて労働した時間に関しては残業手当が発生します。(マネージャーや専門職など「エグゼンプト」とされる方に対しては残業手当は発生しません。)

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 記事