小規模事業者こそ仕事の見える化が必要

仕事の見える化(可視化)については、トヨタの改善やQC活動、TQMなどを通じて、比較的大きな企業は取り組んでいます。一方で、小規模事業者についてはほとんど取り組んでいないのが実態です。仕事の見える化の詳細については、長くなるのでここでは割愛しますが、なぜ小規模事業者こそ仕事の見える化が必要なのかをレポーティングという視点で解説したいと思います。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

台風・ハリケーンの名前

今年は、日本各地で自然災害が沢山おきましたね。犠牲になられた方々に哀悼の意を述べると共にご冥福をお祈りします。今年9月4日に日本に上陸した台風21号のニュースは、アメリカでも大々的にとりあげられていました。関西で電車を止めたこと、台風が関西空港を直撃し、空港に沢山の人が取り残されたこと、タンカーが空港にぶつかったことなど、生々しい映像と共に、テレビで放映されていました。

Category: ステラ・リスクのレポート | 文化

好景気中の油断を見抜け!

好景気、不景気というのはどうしてもあることで、どちらも永遠に続くものでもありません。よって、経営者としては常に利益を最大限に生み出す努力をすべきなのですが、好景気だとついつい油断してしまい、会社が発している大事なサインを見落とす可能性があります。よって各種の債務指標や、業績評価指標(Key Performance Indicator, KPI)を定期的かつ継続的に見直す作業は大変重要です。今回はKPI の一つである、入出金サイクルから読み取れる経営に重要なサインをご紹介します。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

永住権放棄と米国税務:絶対に注意しないといけないこと

永住権保持者とアメリカ市民というのは、全世界の所得をアメリカの税務当局に報告する義務があるのはご存知だろう。この権利を放棄するということは、逆を言えばアメリカの税務当局にいままで持っていた、あなたの全世界からの所得に対する課税の権利を、放棄させるわけだから、税務当局としてもそう簡単に許してはくれないわけだ。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 記事

迫りくる貿易戦争に向けた6つの重要な管理のヒント

米国と中国間に貿易戦争が起きております。現在協議自体は再開される予定ですが、これまでに両国はそれぞれ340億ドル相当の関税を課しています。さらにこの紛争には160億ドルのさらなる火種があります、最悪の場合は、課税が2000億ドルに及ぶ脅威があると言われています。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

女性の医者とワーク・ライフ・バランス

最近日本で問題になっていたことは、「東京医科大学では、女性が合格しにくいように入学試験の操作が行われていたこと」です。医学部に女性が多くなると、卒業してから大学病院の医局に入った場合、「過重労働と不規則な就業時間、母性を考慮しない風潮などから、勤務医の仕事は過酷で、特に家庭を持つ女性にとって適合性が低い。」ためだそうです。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 文化 | 記事

交際費、食事代の控除

トランプ大統領の税制改革では連邦統一移転税(贈与税・遺産税)の非課税枠が11.2百万ドルと2倍に大幅緩和されました。個人の所得税では人的控除の廃止や引越費用控除の廃止等があり、法人に関しては法人税率最高35%から一律21%への大幅減税と法人代替ミニマム税の撤廃、また海外留保所得に対する15.5%のみなし配当課税制度(Transition Tax)も導入されました。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則