TPPはオバマの命綱-アメリカの陰謀とは

今、TPPはオバマ政権の一番重要な政策になっていることを知っていますか?またTPPに隠されたアメリカの本当の意図もお分かりでしょうか?つまりこうなんです。オバマ大統領はアメリカの輸出を活発にして、アメリカでの雇用を創出したい。これはリーマンショックからの反省で、個人消費に頼りきった成長ではこれからは駄目だという結論に至っているからです。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 紹介 | 記事

銃犯罪件数が増えても、イリノイ州の銃法が変わる

長年銃所持を禁じる砦を守ってきたイリノイ州もついに違憲とされ、全米最後の州として、銃所持の自由を禁じない州になった。ライセンス取得、登録によって、州民はコンシールド・キャリー(通常状態で人目に触れない状態での銃所有)を認められることになる。

Category: ステラ・リスクのレポート | 法律、規則 | 紹介 | 記事

TPP: 在米邦人が知らないといけない3つのキーポイント

TPPとは、環太平洋パートナーシップ(Trans-Pacific Partnership)協定の略です。この協定の参加国は、12ヶ国です。12ヶ国というのは、カナダ、アメリカ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、マレーシア、ベトナム、ブルネイと日本です。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 紹介 | 記事

ロールモデル”って何?

アメリカにある日本企業では、新しく赴任した社長が現地採用スタッフのスキルと将来性を評価していた。新社長が特に気になったのは、長く勤務しているアメリカ人従業員だ。10年以上勤務にもかかわらず、その従業員はこの時点ではこれくらいのレベルだろう、というキャリアまで達していなかった。

Category: 人材 | 文化 | 紹介 | 記事

ホームオフィス費用控除の新ルール

ホームオフィスといえば、自分で会社を立ち上げた人が自宅をオフィス代わりに使っているイメージがありますが、デジタル化が進んだ昨今、企業が従業員を会社には通勤させず、インターネット・電話等を駆使して従業員の自宅をオフィスに使ってもらうケースが多くなっています。この傾向は今後も続くことが考えられますので、税務当局も新しい追加ルールを発表することになりました。

Category: ビジネス・金融アドバイス | 法律、規則 | 紹介 | 記事