従業員の健康管理を支援、雇用主、医療コスト抑制を目標に

USAトゥデイによると、糖尿病や肥満、うつ病といった慢性の持病を患う従業員を支えることで、病気の悪化による社の医療保険コストを減らすのが狙い。企業が全額または一部負担することの多い医療保険料の高騰で、企業は社員やその家族が病気になるのを放っては置けなくなったようだ。カイザーファミリー財団の最新調査では、2011年の4人家族の医療保険料は前年から9%上昇している。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材 | 記事

企業の情報発信がカジュアル化 「くだけ過ぎ」の声も

ビジネス・ウィークによると、最近は企業のウェブサイトにくだけた言葉の文章が増えたほか、企業のツイッターでも週末の大騒ぎの話などが語られ、フェイスブックでは「笑えるペット画像」などが掲示されることもある。英国の広報専門家ケイティ・リンドマン氏は、こうした企業の姿勢について「基準を下げる社が多すぎる」と指摘する。

Category: ステラ・リスクのレポート | 法人クレジット | 記事

キャリアアップに化粧は必要? 〜 信用度に影響と最新調査

ニューヨーク・タイムズによると、調査では、20〜50歳の白人、黒人、ヒスパニックの女性合わせて25人にナチュラル、プロフェッショナル、グラマラスと段階的に濃くなるメイクをプロが施し、素顔も加えて1人当たり4種類の写真を撮影。それらを他人に見せ、受ける印象の違いを尋ねた。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 人材

米国永住権抽選(Diversity Visa Lottery)当選後の手続き

米国政府は「移民多様化ビザ抽選プログラム(Diversity Visa Lottery)」(以下「永住権抽選」)と呼ばれる米国永住権を抽選により割り当てるプログラムを実施していることは広く知られています。2013会計年度分永住権抽選応募受付は11月5日で締め切られましたが、今年も相当数の方が抽選に応募されたものと推測されます。今年の抽選の結果は来年5月に米国国務省から発表される予定ですが、実際に抽選に当選した場合でも、適切な手続きに従い迅速にビザ申請を行わなければグリーンカードを取得できないというは意外と知られていません。ここでは、永住権当選後のビザ申請手続きを概観することにします。

Category: ステラ・リスクのレポート | 米国の移民 | 紹介

イリノイ州STEP (輸出促進) プログラムについて。

オバマ大統領の2010年からの5年間で輸出を倍増するというイニシアチブのもとで、イリノイ州に126万ドルものファンドが渡されました。このファンドを利用して、STEPプログラムという輸出促進のための企業援助が始まりました。具体的には、輸出を伸ばそう、はじめようという企業を金銭的な援助も含めて全面的に援助しようというものです。今回は、このシステムの概要を説明します。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 紹介

フェイスブックで人材発掘、専用アプリケーションの登場で検索可能に

ソー シャル・ネットワーキング・サービス(SNS)から人材の発掘を狙う企業は多いが、これまではそれが簡単ではなかった。ウォール・ストリート・ジャーナル によると、それを簡便化する専用のアプリケーションも出回り始め、人材採用担当者らの仕事が効率化されつつある。それと同時に、発掘現場もリンクトインか らフェイスブックに移行し始めている。

Category: ステラ・リスクのレポート | 人材

災害対策はお早めに!

今年は世界のあちこちで予想外の自然災害が相次いだ。米国中西部では竜巻は珍しくないが、東部マサチューセッツ州で竜巻が起こった時は、全く準備ができていない雇用者が多かった。また、史上最高水位を更新するような洪水に見舞われた州もいくつかあった。起こる確率がどんなに低くても、竜巻・洪水などの自然災害対策は、十分検討した上で、事前に立てることが非常に大事だ。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事

ガートナーが予想する次なる10大IT【前編】

米調査会社ガートナーは、恒例のガートナー・シンポジウムを17日に開催し、2012年に顕著となる10大IT傾向を挙げた。PCマガジンによると、来るべき主要IT10選は、状況対応およびソーシャル機能や次世代分析、巨大データといった分野に及び、ハイテク業界や各社のIT部署に大きな影響を与えることが確実視される。本稿ではその10大IT傾向を前編と後編に分けて追っていく。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス

車のブラックボックスはプライバシー侵害か

USAトゥデイによると、記録されるデータは、事故発生時の走行速度、ブレーキやアクセルの利用状況、ハンドルを切った方向、シートベルトの着用状況などで、エアバッグの作動と同時に記録がメモリーに保存される。批判的な人々はこの機構を「おせっかいであり、消費者にとって不公平」と主張している。テネシーのあるドライバー(35)は「購入時にレコーダー搭載の合意を求められたら、たぶん承知するだろう。

Category: ステラ・リスクのレポート | ビジネス・金融アドバイス | 記事